企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

事業カテゴリ:
人材育成・研修

当社は研修を通じて人が育つ環境を提供することを使命としています。グローバル・ビズ・サポート株式会社

グローバルビズサポートカブシキガイシャ

https://gbsjpn.com

〒100-0014 東京都千代田区永田町2-17-17アイオス永田町 2F
対応エリア:全国、海外、代表者名:柳谷 明宏、従業員数:0名、資本金:1,000万円

ハラスメント対策 管理職のためのハラスメント防止研修

ハラスメントに関する基本的な知識を習得し、その予防策を考える

解決できる課題:離職率低下・リテンション組織・風土の改革コンプライアンスへの対応

このサービスのポイント

受講者の気づきを重視した参加型の研修
受講者が研修後に実行する確率を高めるために、研修中にワークを通して気づくことを重視。気づいたことを言語化して共有することにより、お互いの学びがさらに深まります。
お客様の組織に合った内容にカスタマイズ
十分なヒアリングによりお客様の研修目的を果たす内容に構成。ご要望があれば、組織のマニュアルとしても使えるようにテキストを構成します。お客様のわがまま大歓迎です。
従業員アンケート調査により現状を把握
会社の実態を把握した上で、必要な内容を盛り込んでプログラムを作ります。弊社のウェブサイトでアンケート調査(オプション)を行い、結果を分析しフィードバックします。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア
費用 10万円~40万円 ※時間・内容などにより変動します。詳細はお問合せください。
導入社数 導入社数非公開
サービス形態セミナー・研修
対応分野セクハラ対策パワハラ対策マタハラ対策その他、ハラスメント対策

サービス詳細

管理職のためのハラスメント防止研修

 

全国的にハラスメント、特にパワハラの相談件数が増え続けています。厚生労働省によると、2018年度の労働相談内容の内訳は、パワーハラスメントにあたる「いじめ、嫌がらせ」が7年続けてトップであったとのこと。ハラスメントが与える職場への打撃は深刻なものとなっています。これは単なる個人の資質による問題ではなく、組織として体系的に解決すべき組織環境の問題です。組織での対策は万全ですか?ハラスメントは働く人の意欲、組織の成果に大きな影響を与えます。この機会に基本を学び、ハラスメントしません!させません!を実現しましょう。

研修の目的

管理職はハラスメント問題の予防と解決におけるキーパーソンです。管理職に必要なハラスメントに関する基本知識を習得します。
特に部下を育成する役割を担っている管理職がどのように部下を認めればよいのか、どのように改善点を伝えれば部下はやる気になるのかなどハラスメントにならない部下育成についてワークをしながら習得します。
部下の意欲が増すなど、ハラスメント防止以上のプラスの効果が期待できます。

研修の概要

ハラスメントの現状を把握し、増え続ける背景を理解し、いったんハラスメントが起こるとどのような影響があるのかを知ります。パワーハラスメント、セクシュアルハラスメント、ジェンダーハラスメント、マタニティハラスメントに関する基本的な知識を習得し、その予防策を考えます。パワーハラスメントに関しては「パワハラにならない叱り方」を学びます。最後に自分がハラスメントしないために何をするか、自部署でハラスメントが起こらないようにするために何をするかを考えます。

※社会保険労務士の資格を持ち、公益財団法人21世紀職業財団認定のハラスメント防止コンサルタントであり、一般社団法人アンガーマネジメント協会ファシリテーターである講師が担当します。

研修のプログラム例

1. ハラスメント認識度チェック
2. ハラスメントはなぜ問題か?
3. ハラスメントとは
 ・パワーハラスメント
 ・セクシャルハラスメント
 ・マタニティハラスメント
4. パワハラにならない部下育成のポイント
5. 部下から相談を受けたときの対応
6. 管理職の責務
  【参考】裁判例

※ 研修プログラムはお客様ごとにカスタマイズいたします。

受講者の声

・グループワークで他の部署の方と話す中でさまざまな気づきがありました。ハラスメントを考える大変良い機会になりました。

・ロールプレイでハラスメントに対する理解がとても深まりました。社内のハラスメント防止に是非取り組みたいと思います。

・具体的な対応を他のマネージャーがどのように考え、行動しているのか分かって大変勉強になりました。

サービス資料を無料ダウンロード