企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
安全衛生・リスクマネジメント・EAP
組織・人事コンサルティング
人材育成・研修

株式会社保健同人社

http://www.hokendohjin.co.jp/

〒102-8155 東京都千代田区一番町4番地4
対応エリア:全国、海外、代表者名:段塚 忠宏、従業員数:200名、資本金:5987万円

コンプライアンス・CSR対策 ハラスメント義務化対策パック

2020年6月、企業へ義務化される
パワハラ防止措置に対応したサービスです。

解決できる課題:健康管理・メンタルヘルス対策離職率低下・リテンションコンプライアンスへの対応
チームビルディング ナレッジマネジメント

このサービスのポイント

義務化に対応するソリューションをご提供
何を準備すればよいかわからない、という声にお応えする義務化対策パッケージ。体制構築のポイントを解説するとともに、相談の場を提供し、防止のための教育を行います。
ハラスメント相談実績は20年超
保健同人社は開設から20年超に及びハラスメント相談に対応。ハラスメントに起因するメンタル不調にも対応いたします。法令遵守にとどまらず、生産性向上を見据えます。
ハラスメント対策だけではありません
弊社は1946年創業以来、多くの企業に健康施策をご提供してきた健康ソリューションカンパニー。ハラスメントにとどまらず、貴社の心と体の健康課題解決を支援します。

サービスDATA

対象企業規模 1人~100人101人~500人501人~1000人
対応エリア 全国
費用 500名 66万円
1,000名 78万円
導入社数 導入社数非公開
サービス形態代行・アウトソーシングセミナー・研修
対応分野雇用・労働

サービス詳細

ハラスメント義務化対策パックは貴社の体制をフルサポート

職場でのパワーハラスメントを防ぐため、企業に防止策を義務づける労働施策総合推進法の改正案が、2019年5月29日の参院本会議で可決、成立しました。義務化の時期は大企業が2020年6月1日、中小企業が22年4月1日の見通し。企業には以下のような防止措置が求められる見込みです

>【オンライン】ハラスメント対策セミナー受付中>>https://jinjibu.jp/seminar/detl/71363/
>>https://jinjibu.jp/seminar/detl/71364/

●方針の明確化と周知・教育
●相談窓口の設置と体制構築
●事案発生後の適切な対応

ハラスメント義務化対策パックは、パワーハラスメント防止措置義務化でやらなければならないことが端的に、わかりやすく、まとまっています。

******************
①体制を構築する
******************
100頁におよぶ厚労省マニュアルのポイントを端的に、わかりやすく、ご明示。ハラスメント対策運用の要点を解説いたします。また各種雛形・サンプルをご用意し貴社の体制づくりを支援いたします。

******************
②相談の場を設置する
******************
ホットラインにもなる窓口で、ご相談いただく被行為者・行為者の訴えをお伺いいたします。当相談はカウンセリングの資格をもつ心理職がお受けする窓口。相談者のご相談を傾聴し、状況整理を支援、必要に応じたケアや医療機関情報提供を行い、相談者の同意を得た内容を貴社へご報告します。

******************
③防止のための教育
******************
なぜ、おきるのか?起こさないためにどうしたらいいのか?などの手法を、事例を交えながら考えさせる研修。また、“アンガーマネジメント”などの心理学の要素を応用した具体的対処法までお伝えします。受講者の8割以上が「活かせる・必要」と回答。当研修はハラスメントのない社内風土醸成に貢献します。 


パワーハラスメント防止措置義務化にお困りの企業様、ハラスメント対策を強化したい企業様は
ぜひご検討ください。