企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修

アナウンサー講師が、あなたのコミュニケーション能力を開花させます。株式会社KEE'S

カブシキガイシャキーズ

https://company.kees-net.com/

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿4-1-22恵比寿ネオナートアネックス2階
対応エリア:全国、代表者名:野村 絵理奈、従業員数:15名、資本金:900万円

育成・研修 企業研修・人材教育・コンサルティング・マンツーマンレッスン他

日本から話す事が苦手な人を無くしたい。
“一生ものの話し方スキル”を提供する事。それがKEE'Sの使命です。

解決できる課題:離職率低下・リテンション研修計画・設計・手法[研修の効果測定・研修講師の育成・研修受講者の意識向上]コミュニケーションの活性化

このサービスのポイント

日本最多 現役アナウンサー40名が講師
放送局出身アナウンサーがプロとして培ったスキルを分かりやすく体系化してトレーニング。他社と比べて講師が多く日程調整やフォローアップなど、きめ細やかな対応が可能。
「伝える力」が明確に変わる独自メソッド
アナウンサーが現場で培ったプロフェッショナルな話し方の技術を、どなたでも短期間で習得していただけるよう、独自に構築したメソッドを提供。
実績に基づいた効果性の高いプログラム
研修を受ける部門や部署、役職や階層、それぞれのニーズに合わせて提供。また、集合研修に留まらず、効果的な手法を組み合わせ、お客様に最適な研修プログラムをご提案。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 10万円~
導入社数 約600社 ※2019年9月期実績
対象階層全階層
対象職種全職種
テーマコミュニケーションプレゼンテーション
サービス形態貴社での集合研修通学型

サービス詳細

600社以上導入実績!最強の組織を作るコミュニケーション研修

企業研修は、社内で受講の効果が現れなければ、意味がありません。
しかし、実際には「研修を受けたが、何も変わらなかった」「勉強になったという気分だけで終わった」「時間とお金の無駄だった」という声も耳にします。また、人事・研修担当者が研修の「費用対効果」を社内で問われることも増えてきています。研修会社の選定や研修効果の検証はますますシビアになってきていると言えます。
そのような傾向の中、KEE’Sのコミュニケーション研修は、600社以上に導入されており、「最強の組織を作るコミュニケーション研修」として高い評価をいただいています。大企業から中小企業まで、また、集合研修を行うのみではなく、社員教育体系の構築や教育コンサルティングまで、人事・研修担当者のパートナーとして厚い信頼を勝ち取っています。
「コミュニケーション力」とは「個人の資質」によるものではなく、「体系化されたトレーニング」で改善可能です。さらに、個々人の努力目標とするのではなく、組織全体として「コミュニケーション力向上」に取り組むことが企業の業績アップにつながるということも、数々の事例により明らかになっています。
話し方のプロであるアナウンサー40名(業界最大規模)が講師を務めるKEE’Sの企業研修では、600社・5万人以上のコミュニケーションスキルを改善していく中で、研究および改良を重ねてきたKEE’Sならではのカリキュラムをご用意しています。

導入実績

導入社数 約 600社 ※2019年 9月 期実績
導入先 日本IBM・日本マイクロソフト・トレンドマイクロ・三菱UFJ銀行・リコー・NTTドコモ・三井不動産・住友不動産・東急リバブル・レオパレス21・リアライズ・大東建託・Casa・ソフトバンクBB・NTTコミュニケーションズ・トランスコスモス大塚商会・アサヒビール・GMO・JR東日本エキュート・東京ガス・総務省・横浜地検・観光庁・ゆうちょ銀行・野村証券・ゴールドマンサックス証券・ジブラルタ生命保険・ソニー生命・カゴメ・トップカルチャー(蔦屋書店)・パソナ・NTTラーニング・プロントコーポレーション・Miss universe Japan公式スピーチトレーナー 他
自身の電話対応を客観視することで、応対への意識が向上!

<研修導入の背景>
感じが良く、親しみやすいサポート部門を目指したい。
“お客様から気軽に相談してもらえるサポート部門であり続け、お客様の継続的なサービス利用を促進する”
目指す姿は「親しみやすいサポート部門」。感じが良くて、何でも気軽に相談できる存在になりたいとのことでした。その為には、電話応対における話し方の基礎力・印象力向上が必要とのことでKEE’Sへ研修をご依頼頂きました。


<研修内容>
(電話応対研修)
・電話応対のマナー
・笑声の作り方、声の出し方・発音の仕方・抑揚などの表現トレーニング
・端的に分かりやすく伝えるロジカルスピーチ実践
・アナウンサー流 相手に心を開かせる話の聴き方テクニック

(研修1か月後アンケートによる効果測定)
・意識/効果定着レベルを図る設問を設定。企業担当者と共有し今後の研修検討のための材料とする。
・設問に答えることで学んだことを振り返ってもらい、効果定着の機会とする


<お客様の声>
・今まで抑揚や間を気にしてしゃべっていなかった為、とても勉強になった。
・アナウンサー講師の引き込まれるような話し方が素晴らしかった。参考にしていきたい。
・自分の電話対応中の動画を見て、思っていたよりも声が聞き取りづらいことに気づいた。口を大きく開けるなど意識して取り組んでいこうと思う。
・以前はよく上司に「結論から言って」と言われることがあった。今後はロジカルに話せるよう心掛けたい。