企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材アセスメント・サーベイ
組織・人事コンサルティング
人材育成・研修

マネジメントの「しくみ」と「人間力」の向上を通じて成果を出します株式会社コラボプラン

カブシキガイシャコラボプラン

https://www.collabo-plan.com/

〒150-0012 東京都渋谷区広尾4-1-30-206
対応エリア:関東[茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県]、信越・北陸[長野県]、東海[愛知県]、近畿[京都府 大阪府 兵庫県]、代表者名:河村 庸子、資本金:300万円

育成・研修 50代シニアのための「マイライフデザイン」プログラム

5つの視点から人生を振返り、
多様な他者と対話から気づきを得て、
5つのアプローチで後半生を描く

解決できる課題:エグゼクティブ研修中高年の活用・活性化キャリア開発・キャリア支援
シニア社員

このサービスのポイント

経営幹部はバトンタッチを意識しているか?
会社の中核である経営幹部も、いずれはその役割をバトンタッチします。前もって人生デザインしておくことで現在の経営課題に注力できます。
50代の管理職は後半生を考えているか?
企業活動の前線で30年以上活躍してきたマネジメント層には、定年後も数十年の活躍すべき後半生が待っています。
長期的展望を描くことで50代社員を活性化
家庭の事情、人生の優先順位、人生観や人間関係が変化しつつある50代。定年後の数10年の後半生を具体化し始めることで、仕事人生に希望と意欲が生まれます。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 関東信越・北陸[長野県]
費用 貴社での集合研修の場合:全4日間で160万円(税別)
オープン募集に参加の場合:1人当り6万円(税別)
※エゴグラム診断、iWAM診断、テキスト代含む
導入社数 導入社数非公開
対象階層シニア社員経営者・経営幹部
対象職種全職種
テーマ意識改革・モチベーション向上キャリア開発
サービス形態貴社での集合研修[ワークショップ・テスト&フィードバック]通学型[ワークショップ・テスト&フィードバック]
期間・回数・時間全4回[2ヵ月間、月2回]9:30~16:30または17:30
対象人数12~24名

サービス詳細

60代以降も活躍し続けたい50代人材の後半生を探求する

人生100年時代を迎え、自分らしい人生も多様になりつつあります。

50代人材は、 既にスキルや知識、経験があり、人としての成熟度を増しています。
一方、家庭、人生の優先順位、人生観や人間関係には、個別事情が累積し、生活スタイルは多様化しています。

「マイライフデザイン」プログラムでは
「60代以降も活躍し続けたい50代の皆様」を対象に、
人生100年時代の後半生を探求するワークを提供します。

10種類を超えるワークショップには、
コーチングやカウンセラーなど対人プロが使っている
無意識への気付き、アセスメントや変化の手法を体験できます。

<例>
・目標に向けた意識の統合
・エゴグラム診断(交流分析)
・iWAM診断


意識の統合、エゴグラム、iWAM診断
人生を5つの視点から振り返り、後半生に欠かせないポイントを見つける

「意識の階層」それぞれに焦点を絞って人生を深く振り返ることで、今まで気漠然としていた「人生にとって大切なこと」「後半生に欠かせないこと」を見つけます

1.時間軸で 過去の出来事を遡る「自分史」

2.「人」「もの」「金」「経験」「知識」「技能」「性質」「時間」など人生で培ってきた「リソース」

3.自分でも認識しにくい自分の「価値観」や「信念」

4.自分と他者の特徴からわかる自分の「人間関係」 (「エゴグラム」を活用)

5.「生活環境」「仕事」「娯楽」「成長」「健康」「お金」「家族」「対人関係」などの「ライフバランス」


 
5つの多面的なアプローチで本心から望む後半生をデザインする

1.ゴールを確実に達成できる8つのポイントを押える
・ゴール設定の仕方によって、それを追求し続け、達成に至ることができるか、差がでます。
・自ら設定した後半生のゴールを、8つのポイントから確認し、達成確率を高めます。

2.「iWAM診断アセスメント」で自分に合ったやり方を確認する
・モチベーションが上がる方向に、強みを活かして、得意なやり方で進めば、簡単にゴールに辿りつきます。
・しかし、自分自身のことは案外理解できていません。
・アセスメントを使って客観的に自分の強み・得意・やる気を知ります。

3.後半生をスピーチで語る
・イメージできている気がしても言葉に落とそうとすると簡単ではありません。 
・他人にわかるように表現することで、自分の中の曖昧さに気付きます。
・他者の共感を得られる言葉を見つけることで、自分のゴールに確信を持てるようになります。

4.後半生をビジュアルで描く
・ビジュアルは言葉にできないことも直観的に伝えてくれる強力なツールです。
・今回のワークショップを通して漠然と気になったゴールを、ビジュアルで表現します。

5.後半生のデザインに「意識」を調和させる
・ゴールだけ上手に描けても、自分の価値観やリソースが足りなかったり、自分の中の気持ちに不一致感があると思ったようにゴールに辿りつけません。
・ゴールに向け、自分の中の不一致感を見つけ、意識を統合します。


 
他者との対話やアイデア出しを通じて自分を理解し世界観を拡げる

本プログラムは、ワークショップ形式です。

仕事や家庭での日常のコミュニケーションから離れ、
多様な人間関係・異なるモードの中で発想を拡げ、
お互いにサポートしながら後半生をデザインします。

参加者同士のコミュニケーションは気づきを生み出します。

●自分の人生を他者に語ることにより、自身の人生の捉え方を明らかにする。

●他者の人生を聞くことにより、他者との違いから自分を理解する。

●他者からアイデアをもらうことで人生のアイデアを拡げる。


 

カリキュラム

研修カリキュラム例
日程・トピックス 内容
1日目
自分史視点と価値観視点
1-1 オリエンテーション

1-2[自分史視点/振返り] ワークショップ
 人生を時間軸で再評価し一貫するビジョンを探る

1-3[事例]セミナー
 企業内の先輩のライフデザイン(1)
 ※ご希望に合わせて相談します

1-4[価値観視点の振返り]ワークショップ 
 人生充実のカギとなる「価値観と信念」を探る

1-5[オリエンテーション]講義
 宿題やアセスメント受講の説明
2日目
ライフバランス視点、人間関係視点、リソース視点
2-1[ライフバランス視点の振返り]ワークショップ
 日常生活の理想的な「ライフバランス」を探る

2-2[事例]セミナー
 企業内の先輩のライフデザイン(2)
 ※ご希望に合わせて相談します

2-3[人間関係視点の振返り]ワークショップ
 自分の特徴を理解し豊かな「人間関係」を探る

2-4[リソース視点の振返り]ワークショップ
 ゴール達成に必要な「リソース」を見つける
3日目
後半生を「描く」
3-1[ゴールを描く]ワークショップ
 確実に達成できる8つのポイントでゴールを描く

3-2[事例]セミナー
 企業内の先輩のライフデザイン(3)
 ※ご希望に合わせて相談します

3-3[認識スタイル]ワークショップ
 成功のための思考・言動・やる気を引き出す

3-4[スピーチ]ワークショップ
 後半人生の「ライフデザイン」を語る
4日目
まとめ
4-1[ビジョンを描く]ワークショップ
 後半人生の「ライフデザイン」をビジュアルで描く

4-2[意識の統合]ワークショップ
 ライフデザインに「意識」を調和させる

4-3 発表
 「マイライフデザイン」発表会
 ※ 受講者以外の見学可

4-4[まとめ]
 チェックアウト

よく寄せられる質問

”多様な人たちとの対話”が後半生を考えるのに役立つことは理解できるが、社内研修の場合はその多様性が低くなってしまうのではないか。
社内研修を企画する場合は、人選の段階でどのようにして多様性を担保するかを貴社人事部様等とご相談しながら慎重に計画してまいります。同じ企業内でも、年齢、性別、職種、勤務地等に多様性がある場合もあろうかと思います。企業が内包する多様性を生かした受講者の組合せを検討いたします。
一方、例えば同じ職種・同じ部署の参加者の集合研修形式しか許されないケースもあろうかと思います。新たな気づきを生む対話を体験していただくために、弊社が企画するオープン募集のプログラムに個人単位で参加していただく方法もあります。