企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


HRカンファレンス2019 -秋-[東京] 参画企業
事業カテゴリ:
その他
人材紹介・再就職支援
採用コンサルティング・採用アウトソーシング

関わるすべての人に働く喜びを株式会社スタートライン

カブシキガイシャスタートライン

https://start-line.jp/

〒181-0012 東京都三鷹市上連雀1-12-17三鷹ビジネスパーク1号館3F
対応エリア:全国、代表者名:西村賢治、従業員数:155名、資本金:1億円

障がい者採用 障がい者雇用支援・活躍・情報発信拠点『インクル MARUNOUCHI』

ー三菱地所グループとの協業による取り組みー
企業の障がい者雇用が変わる、新しい「働き方」を提供する施設

解決できる課題:健康管理・メンタルヘルス対策ダイバーシティ&インクルージョン推進離職率低下・リテンション
ストレスチェック チームビルディング コスト削減 ダイレクトリクルーティング

このサービスのポイント

いつでもだれでも利用ができる相談窓口
障がい者雇用に関するお困りごとはもちろんのこと、職場での声の掛け方や、安定就労に向けた課題・施策など何でもご相談ください。
MARUNOUCHI HRサポートへ参画
大手町・丸の内・有楽町エリアにおいて、エリア企業の人事部が抱える課題解決を支援するために開設した施設情報「MARUNOUCHI HRサポート」に参画してます。
地域No.1の情報発信拠点へ
雇用に関するトレンド情報をはじめ、求人情報や近隣の就労移行支援事業所の情報など、見る・知る・触れることができる情報発信拠点として地域に貢献しております。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 「インクルサポートオフィス」はご契約区画数(障がい者採用/研修人数)、「インクルヴィジットサポート」はご契約支援内容や対象人数により異なります。
詳細につきましては、お問い合わせください。

「総合的な無料相談窓口」と「企業向けインクルセミナー・イベント」は無料です。

※スタートラインは、大企業をはじめ日々150社以上/約900名の”障がい者雇用(障害者雇用/障碍者雇用)”を支援しています。
導入社数 導入社数非公開

サービス詳細

障がい者のオフィスワークが変わる「インクルサポートオフィス」

「インクルサポートオフィス」はクライアント本社と連動した「循環型オフィス」という新しい働き方を提供するサービスです。
企業は就業者の体調・業務・キャリアに合わせながら働き方(「インクルサポートオフィス」もしくは本社での就業)を選択することができ、障がい特性を活かした生産性の高い働き方が可能です。
「インクルサポートオフィス」には専門スキルを有するサポートスタッフが常駐している為、オフィス開設から稼働に関わる業務準備、採用、定着支援および働き方についてご一緒に進めていきますので、ご安心して「インクルサポートオフィス」を活用することが可能です。


 
障がい者のオフィスワークが変わる「インクルヴィジットサポート」

「インクルヴィジットサポート」は、社内で就業する障がい者の安定就労と周囲の相互理解を進める支援サービスです。
サポートスタッフは訪問支援とICT支援を併用しながら応用行動分析学に基づくフィードバックを行い、セルフマネジメントの向上を図ります。また専門的なアセスメントを進めながら企業と就業者の配慮事項を整備し、障がい者と周囲の相互理解を深め、働きやすい職場づくりを支援いたします。


 
誰もが安心して働ける体制づくり「総合的な無料相談窓口体制の構築」

障害者雇用促進法に義務付けられている相談体制の整備。
インクルが進める総合的な無料相談窓口体制は、働く障がい者はもちろんのこと、周囲で働く方、上長の方、人事部など、社内で関わる全ての方を対象にICTを活用しながら体制を構築します。
既に社内に相談体制が整っている企業も本サービスを無料で活用することも可能です。
ご相談ください。


 
ー成功事例を知る、施策を考えるー
企業向けインクルセミナー・イベントの定期開催

多くの企業が共通に抱えている課題に対して、インクルMARUNOUCHIのカンファレンスルームでは無料セミナーを定期開催しています。
セミナーでは実際に起こったケーススタディや解決した成功事例をご紹介し、参加企業と共に解決策を考えていきます。
セミナーは小規模開催ですので困っていることや相談したいこともお気軽にご質問が可能です。


 
《インクルMARUNOUCHIのコンセプト》

「インクル」とはインクルージョン(inclusion)に由来する造語です。
多種多様な価値観や考え方を持つ個人ひとり一人の能力や経験を最大限に発揮する為には、それぞれの経験や能力、考え方を認めることが重要です。
障がいの有無に関わらず「働く喜び」をより体現できる丸の内エリアにしたいとの想いを込めております。

【インクルMARUNOUCHI 無料相談窓口】
営業時間:9:00~19:00(平日のみ)
電話番号:03-5962-9971
*E-Mailでのご予約も可能 :inclu-marunouchi@start-line.jp

〒100-0005
東京都千代田区丸の内3-4-1
新国際ビル5階 536区


 

よく寄せられる質問

「インクルサポートオフィス」のサービスについて簡単に教えてください。
「インクルサポートオフィス」は、障がい者雇用のトータルパッケージサービスです。
具体的には、以下の支援をさせていただきます。
① 障がい者の方の採用を支援する「採用支援」
② 障がい者の方が取り組まれる業務を切り出す「職域開拓」
③ 採用された障がい者の方が実際に業務を行う「シェア型小規模オフィスの提供」
④ 企業様と一緒により良い雇用の継続をお手伝いする「雇用後の職業生活サポート」

「インクルサポートオフィス」サービスを通して実現できることは、大きく2点あります。
●障がい者が働きやすい職場環境を創ることができます。
人と業務との適度な距離感、集中できる環境は特に精神障がいのある人にとっても過ごしやすいオフィス環境です。
●職域開拓におけるコンサルティングを継続して受けることができます。
状況の変化に応じて柔軟に業務を見なおしたり、障がい者雇用に関する法令等外部環境の変化に関するアナウンスや、セミナーや研修など社内啓蒙活動も継続的にお手伝いしています。
「インクルサポートオフィス」はスタートラインへの障がい者雇用アウトソーシングですか?法令に順守していますか?
「インクルサポートオフィス」を活用した障がい者雇用は、企業様が雇用する障がいのある方をスタートラインに派遣するといったことや、障がい者雇用をまるごとスタートラインへアウトソーシングするといったことではございません。
企業様の多様な雇用のあり方を支援し、地域社会や、他のご利用企業様とともにより良い就業環境を創る担い手の一部がスタートラインです。
雇用の主体、主役はあくまで障がいのある方を雇用する各企業様です。
様々な法令、特に労働法令等に抵触しないよう当スキームについては労働行政にも確認し、助言をいただいた上で適切な状態を維持しております。
大手法律事務所様にもご活用いただいておりますので、ご安心ください。
「インクルサポートオフィス」を利用することになると、そこで働く社員の帰属意識・ロイヤルティを醸成できるか心配です。
スタートラインは雇用管理や業務指導、メンタルケアのサポートをいたしますが、社員の方は企業様の従業員です。
各企業様のイベント(入社式や年次のキックオフ、忘年会等)には参加していただいています。
また、人事担当の方はじめ、役員、他の従業員の方と定期的にコミュニケーションをとるようにしていただいているため、ご心配のような事態は発生しません。
「インクルサポートオフィス」勤務の社員が孤独感や疎外感を感じませんか?
私たちスタートラインは仕事の上のサポートだけで十分だとは考えていません。
他の企業様の社員との交流の場が日常的にあることは、サテライトオフィスならではの光景です。
スタートライン主体の企画としては、オフタイムに各企業のご家族も招待したバーベキュー大会などのイベントも実施しております。
私たちスタートラインは企業様とともに温かい職場を創造してまいります。
「インクルサポートオフィス」では、障がいのある社員の就業現場が直接見れなくて不安です。すぐ目の前にいないということで業務指導も大変なイメージがあります。
「インクルサポートオフィス」運営のサポートには、スタートラインのサポートスタッフが積極的に関わっています。
ご利用の各企業様が安心していただけるよう、きめ細かい配慮、サポートを実現していますし、情報のフィードバックを、デイリー・ウィークリー・マンスリーと細かく行っています。
業務を円滑に進められるよう、マニュアルの作成や改善も随時行っております。
スタートラインのサポートスタッフは企業様とサテライトオフィス利用者の間に入り、調整役としての機能を実現しています。
「インクルサポートオフィス」を開設するとなるとコストがかかることが心配です。
自社で新しくオフィスを構えることになれば、敷金・礼金・手数料などの初期費用、バリアフリー改修・オフィス什器準備・通信インフラ工事などの設備投資、オフィス準備をするための人的リソースと、多くのコストがかかることになります。
「インクルサポートオフィス」サービスには、ご利用される他の企業様とのシェアードサービスもあり、コストを最小限に抑えることが可能です。
また、設備コストのシェアに加えて、通勤の利便性、障がい者雇用支援のプロフェッショナルスタッフのサポートにより、障がい者の安定就業を実現することが可能です。
「インクルサポートオフィス」内で、利用者同士のトラブルなどは発生しないのですか?
障がい特性からくるトラブルや人間関係のトラブルは、もちろんある程度ございます。
ただし、その課題に対してのサポートプランをスタートラインから人事部の方へご提案し、課題解決に向けたサポートを日々提供させていただいております。
「インクルサポートオフィス」にしても、在宅雇用にしても、業務の切り出しが難しいと考えています。
新しい雇用につながるほどのボリュームも見込めません。
多くの企業様が同じように考えていらっしゃいます。
ルーティンとして簡単に切り出せる業務があり、しかもある程度のボリュームがあれば、それはすでに今いらっしゃるどなたか従業員の方がされているか、外部へとアウトソーシングしているケースがほとんどだからです。
スタートラインのコンサルタントは、そのような企業様に対してもビジネスプロセスを細かく見直し、業務の切り出しを行っています。
既存の自社業務だけでは新しい職域開拓が難しい場合は、できる範囲で新しく職域開拓を広げるお手伝いをしております。
多くの実績がございますのでまずはご相談ください。
障がい者を5名雇用している事業所には職業生活相談員が1名必要になりますが、社員が「インクルサポートオフィス」に常駐することになるのでしょうか?
ご利用いただいている企業様の事例では、「インクルサポートオフィス」で勤務している障害者(リーダーの方)が資格取得しているケースもございます。
もちろん本社から常駐して頂いてもかまいません。
本社からは、どのくらいの頻度で「インクルサポートオフィス」に行けばよいのでしょうか?
少なくとも月に一度は本社の方もお越しいただくようにご担当者様にはお話をさせていただいております。
ただ、「インクルサポートオフィス」で就業される方のご状況によっては定期的に本社出勤をされている方もいらっしゃいます。
なお、チャットやTV会議システムなどITシステムを活用してリアルで顔が見えるコミュニケーションを導入されている企業様もいらっしゃいます。
「インクルサポートオフィス」での雇用は、各種助成金の対象になる雇用形態でしょうか?
原則として企業様との直接雇用ですので、本社雇用と同様に助成金の対象です。
本社から業務の指揮命令はどのように行っているのですか?
基本的には電話もしくはメールでのやり取りが中心です。
企業様によってはチャットなどの機能を導入され常にコミュニケーションが取れる体制を構築されるケースもございます。
「インクルサポートオフィス」の運営時間を教えてください。
「インクルサポートオフィス」の運営時間は平日8:30~19:30となっております。
土日出勤や、残業や早朝出勤の場合には事前に申請を出していただくようお願いしております。
その際は、別途利用料とは別に費用をいただきセンターを開場いたします。
スタートラインスタッフが不在の状態で、各ご利用企業様の従業員のみの状態にならないようなサポート体制になっておりますので、ご安心ください。
「インクルサポートオフィス」で、自社のブースに他企業の従業員が入ることはないのですか?
「インクルサポートオフィス」に入る際にももちろんそうですが、企業様ごとのブースの専用のセキュリティを設けることができますので、部外者が侵入できる環境ではございません。
個人情報を取り扱う業務を切り出すことは不安です。
企業様によっては、その企業様のセキュリティポリシーに抵触しない業務の切り出しを行った事例もございます。
その他、社内システムへのアクセス権を制限したり、紙の印刷は禁止するなど、その企業様にあった業務切り出しを行っておりますので、個人情報を取り扱う業務についてもご安心して業務に取り掛かれるようご提案させていただきます。
「インクルヴィジットサポート」サービスにおいて、配慮事項の整備は、障がい者メンバーと共に働く同僚にも共有いただけるのでしょうか?
メンバー様ご本人の同意を得た上で、実施いたします。
その他、相互理解を深めるために必要な事項などの共有もサポートいたします。
障がい者メンバーにどういった声がけをしたら良いか迷うこともあります。
「インクルヴィジットサポート」では、そうしたアドバイスもいただけるのでしょうか?
はい。適時アドバイスさせていただきます。
障がい者メンバーの安定就労には、サポートする弊社はもちろん、日々障がい者メンバーに接する管理者様のお声がけ等が重要になります。
弊社は、応用行動分析学に基づきどういった声がけが良いか日々検討しながらサポートいたします。

サービス資料を無料ダウンロード