企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修

「組織の発展/個人の成長」のために ~腹落ちするから行動が変わる~株式会社キャリアネットワーク

カブシキガイシャキャリアネットワーク

http://cnbs.jp/

〒108-0014 東京都港区芝5-29-18NBC三田ビル 9階
対応エリア:全国、代表者名:西村直哉、従業員数:8名、資本金:5,000万円

育成・研修 管理職向け ~若手・シニアマネジメント研修~

「タテのダイバーシティ」とは?!
タテのダイバーシティマネジメントの極意をお教えします!

解決できる課題:コミュニケーションの活性化マネジメント力向上新人・若手社員の戦力化
シニア社員

このサービスのポイント

若手/シニアの違いを解明
「分かるだろう」という淡い期待を捨て、「人はそれぞれ違う」という大前提に立つべく、若手とシニア社員の育ってきた時代背景や価値観、傾向の違いを1つずつ解明します。
コミュニケーションスタイルの違いを解明
タテのダイバーシティマネジメントの極意は「ハイ&ローコンテクスト」
さまざまなシーンに応じた具体的な使い分け方(会話例)をご紹介します。
ケーススタディ&ロールプレングによる実践
リアルなシーンのケースを用いたディスカッションやロールプレイングを実施することで、実践の難しさを痛感すると共に、働きかけられる側の気持ちを体感していただきます。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 30万円/クラス~
導入社数 導入社数非公開
対象階層管理職
対象職種全職種
テーママネジメントコミュニケーション
サービス形態貴社での集合研修[講義・ワークショップ]
期間・回数・時間3時間~1日間
対象人数5~30名
※こちらを超える場合はクラスを分けて実施いたします。

サービス詳細

管理職向け ~若手/シニアマネジメント研修~

「ダイバーシティ」と言えばジェンダー(男性、女性、LGBT)、国籍、雇用形態、両立社員、障がい者等が挙げられますが、実は「ジェネレーションによる違い ~タテのダイバーシティ~」も存在するのです。

「最近の若手は何を考えているのか分からない」「ハラスメントが怖くて指導できない」「年上部下とのコミュニケーションが難しい」等、悩める管理職が急増しています。

若手社員の育成やシニア社員の更なる活躍を推進するために、それぞれの社員の価値観や考えを理解し、より効果的なマネジメント(働きかけ方)を習得いただけるプログラムをご用意しました。

研修内で、概念的な理解にとどまらず、働きかけの具体的なHow toまで扱うため、職場で即実践いただけます。

カリキュラム

研修カリキュラム例 ※一部抜粋
日程・トピックス 内容
半日~1日間
若手・シニアマネジメント研修
1.若手社員/シニア社員とのかかわり方の振り返り
・グループ共有 ~自組織の人員構成、日常のかかわり方について~

2.若手社員のマネジメント
・若手社員の実情 ~時代背景から価値観や考えを知る/傾向~
・若手社員の効果的な働きかけ方を学ぶ
・ケース別対応方法の検討 ~ケーススタディ&ロールプレイング~

3.シニア社員のマネジメント
・55歳~/60歳超社員の想い ~一般的なシニア層の実情/モチベーション低下の要因~
・シニア社員への効果的な働きかけ方を学ぶ
・ケース別対応方法の検討 ~ケーススタディ&ロールプレイング~

4.まとめ
・ハイ&ローコンテクストを使い分けるマネジメント