企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


HRカンファレンス2019 -春-[東京] 参画企業
事業カテゴリ:
組織・人事コンサルティング
人材育成・研修
その他

人は、もっと輝けるEDGE株式会社

エッジカブシキガイシャ

https://edge-inc.co.jp/

〒102-0093 東京都千代田区平河町2-5-3Nagatacho GRID 3F
対応エリア:全国、海外、代表者名:佐原 資寛、従業員数:50名、資本金:1,000万円

インターンシップ 新卒採用を成功に導く「エアリーフレッシャーズクラウド」

勘と経験だけの非効率な新卒採用に終止符を!
【「エンゲージメントを高める新卒採用」を実現するサイト】

解決できる課題:人事業務の効率化・アウトソーシング新卒採用[採用の手間を削減・採用の母集団形成・選考辞退・内定辞退の削減]コミュニケーションの活性化
コスト削減

このサービスのポイント

母集団形成から内定者フォローまで対応可能
業界唯一の新卒採用専用アプリ!インターンシップを含む早期接点保有学生との接点を3月まで継続、アクセス状況から学生の入社意欲を早い段階から可視化
利用実績が示すサービスの価値
35万人、4,000社以上の利用実績!企業による情報発信を楽に、専用アプリで学生とのタッチポイントを増やせるためエンゲージメントを高める新卒採用が実現可能
早期母集団形成・承諾率UP・辞退率低減
新卒採用において頻出する課題をすべて解決!母集団形成から承諾、内定者フォローまでをワンストップでご支援します

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 100人パック:495,000円/年
・入社年度4月末までご利用可能
・初期費用:50,000円
・初期設定支援
・電話・メールサポート
・セキュリティチェックシート対応
導入社数 約4000社 ※2019年3月期実績

サービス詳細

新卒採用におけるコミュニケーションプラットフォーム
【10年連続No.1】

 

サービス画面イメージ

エアリーフレッシャーズクラウドで解決できる課題

・新卒採用における母集団形成の難易度UP
=インターンシップを含む早期接点保有学生との接点を継続、アクセス状況から
 学生の入社意欲を早い段階から可視化
=リクルーターとのマッチング支援を通じ、学生の興味関心を維持したまま
 選考フェーズへ移行が可能

・売り手市場がもたらす、”低エンゲージメント”採用
=企業理解を促し、正しい企業イメージを持った状態で選考に入ってもらい、
 内定者フォローでも企業理解を促進
=内定者教育からOJT実施までを包括的にフォローすることで、内定辞退や
 新人の早期離職を防止


 
エアリーフレッシャーズクラウドの機能

4,000社を超える企業の新卒採用を支援する中で、頂戴したご要望を反映


 
エアリーフレッシャーズクラウドの導入効果

効果を実感いただいているからこその利用実績


 

導入フロー

日程・トピックス 内容
お申込み
WEBフォームより必要情報を記入してお申込みいただきます。
納品
【お申込み後5営業日】
お申し込み時に頂戴しましたメールアドレス宛に納品メールをお送りいたします。
初期設定フォロー
豊富な実績を元に、はじめてサービスを利用されるお客様でもスムーズにスタートしていただけるよう、専任のサポート担当が丁寧にご支援させていただきます。
利用開始
【お申込みから2-3週間程度】
学生の皆さまを招待していただき、利用開始です。

導入実績

導入社数 約 4000社 ※2019年 3月 期実績
導入先 株式会社アシスト様、ハート株式会社様、株式会社ベリテ様
導入事例の
ダウンロード資料
  • エアリーフレッシャーズクラウド導入企業様インタビュー
  • リクルーター支援事例インタビュー:新卒採用における「サポーター制度」を加速させる

     

    ■導入のきっかけ
    前任の担当者が内定者フォローを目的に導入をしていたのが始まりですが、活用の幅を広げたのは、担当変更時、EDGEの担当者の方に提案いただいたのがきっかけです。「全国にいる”サポーター”とのコミュニケーションがメールに依存しており、連絡漏れや見落としがあることが最大の課題」だと相談した際に、エアリーで連絡することを提案いただきました。すでに内定者フォローで上手く活用できていたことが後押しとなり、導入を決めました。

    ■サポーター制度の円滑な運用はアシストの採用成功には必須
    例えば、最終面接の合格が決まった場合、人事から担当サポーターに、エアリーフレッシャーズですぐに連絡を入れます。担当した学生が合格すれば、当然サポーターも嬉しいので、すぐに学生に「おめでとう!」とメッセージを送ります。学生からすれば、人事から合格連絡を受けた直後にサポーターからも連絡が来るので、喜びは倍増するという効果があります。一方で、残念ながら不合格だった学生でも、サポーターが引き続き就活の相談に乗るケースもあります。これまで親身になって話を聞いていますから、不合格だからお終いということにはしません。一見、無駄な対応に思えるかもしれませんが、そのような活動をすることで、不合格だった学生も、後輩に「アシストを受けると良いよ」という口コミをしてくれているようで、説明会に来る学生から「先輩から紹介してもらって来ました」という声が聞こえてきます。幸いにもこのように言ってもらえているのは、元をたどればサポーター制度を運用していることが大きな要因となっている訳です。

    ■エアリーフレッシャーズクラウドを活用した現場の声は?
    外出先からでもスマホを活用してリアルタイムに情報を見られたことや、メールを使い慣れていない学生との距離が縮まったことなどは非常に好評でした。メッセージルームを活用して情報共有や指示をすることで、「サポーター業務については、エアリーフレッシャーズクラウドを見れば全てわかる」という状態にできたことも、運用負荷軽減に繋げられました。また、運用するにあたり、EDGEの担当者の方に機能改善などの要望を出すことが多かったのですが、実装されるスピードが早かったのは、とても助かりました。

    内定者フォロー事例インタビュー:入社式まで高いモチベーションを保ってもらうために

     

    ■導入後に感じた具体的なメリットとは?
    第一には業務の効率化です。
    個別に行っていたメールや電話での連絡・確認作業を内定者フォローSNSで一度に周知できるため、大幅に時間と手間を省略することができました。
    二つ目は、同期のつながり作りです。
    エアリーフレッシャーズを通して内定者同士の顔や人柄を知ることができれば、早い段階で打ち解けて同期の絆を深められると考えました。
    三つ目は、内定者の「知りたい」という気持ちのフォローです。
    今の学生は他者が何をしているのか気にかける人が多いので、内定者フォローSNSを通して交流することで不安の解消につながると思いました。
    四つ目は内定者のモチベーションをキープすることです。
    内定直後は高いモチベーションも、入社までの間に放置すれば下がってしまいます。 そうならないためコミュニケーションをこまめにとって、意欲を高めた状態で入社式に臨めるよう導くことを目指し、エアリーフレッシャーズを活用して内定者フォローを実施しました。

    ■実際にはどのような内定者フォローを展開されていますか?
    継続して行っているのは月末報告です。 全員がその月の出来事を投稿する取り組みで、モデルケースとして率先して私が投稿しています。初年度は文章のみの投稿だったのですが、2年目からは必ず写真付きで投稿するようにしました。するとグッと盛り上がりました。
    例えば運転についての不安などよくある質問に関しては、顔の見える体験談の投稿で対応しています。先輩社員の写真と答えを簡単なプロフィール付きで記載したコンテンツです。同じ経験をしてきた先輩からのアドバイスなので、内定者の心にも響くようです。

    ■昨年度から始められたユニークな取り組みもあるそうですね。
    内定者の意欲を高める取り組みとして、「ハートの良いところ」をテーマとしたレポートを2回提出してもらいました。
    1回目は12月で、内定者を二つのグループに分け、弊社の魅力をピックアップして提出。
    2回目は営業に同行する3月の入社前実習の後です。 営業の現場を経験する前と後では内容が変わり、モチベーションの高まりを感じました。その気持ちのまま4月の入社式に臨んでもらうのが狙いでした。

    インターン事例インタビュー:インターンシップ実施後の継続的な情報提供がカギ

     

    ■エアリーフレッシャーズクラウドを早期から利用しようと思われた経緯を教えてください。

    当社のインターンシップの実施は数年前からスタートしました。当初は冬期のみでしたが、現在の新卒採用では全体的に早期化が進んでいるという背景もあり、年々回数を増やし、2019年から夏期の実施まで広げるようになりました。
    実際に夏のインターンシップを行なってみると、当然ながらまだ志望業界も定まっていない学生さんが多く、「興味があったのでとりあえず」「学校に勧められて」というきっかけでの参加がほとんどでした。
    ですがせっかく早くから当社に興味を持ち、インターンシップに参加してくれた学生さんと3月まで何もないというのは勿体ないと思い、何かしら情報を提供できるツールがあればと思っていた際にEDGEの担当者からご提案を受けたのが導入のきっかけでした。
    そしてこの時期から3月までの期間で、学生さんにより当社のことを知ってもらい、接点を継続していくには、SNSというライトなツールの方が気軽にコミュニケーションが取れるのではないかと考えたことが導入に至った大きな要因です。
    またコスト面においても、もともと内定者フォローでエアリーフレッシャーズクラウドを使うことは決めていたので、時期を早めただけでコストアップしないというのも導入の決め手になりました。

    ■利用してみて成果は実感されていますか?
    早期に接点を持った方々のなかでも、エアリーを通じて交流ができた学生さんとは、今までにはなかったより密な繋がり方ができるということが実感できました。今後は一人ひとりの就活のスピードに応じて選考を実施していく必要がありますが、その中でもやはりこのように早くから関わりを持つことができた学生さんは当社にとって非常に貴重な存在であり、その方々と選考までの時間を無駄にせずより深く繋がることができるという点で、エアリーフレッシャーズクラウドは非常に役立っています。

    よく寄せられる質問

    こういったサービスをはじめて導入するため、うまく活用できるか不安です。
    弊社には専任のサポートデスクがございますので、機能の操作方法から運用に関するご相談まで、お気軽にご相談ください。
    また、運用に関する事例や時期ごとの機能の便利な使い方も、ご利用企業様向けに定期的に発信しておりますので、こうしたサービスを初めて導入される方でもご安心いただけます。

    サービス資料を無料ダウンロード