企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修

あらゆる人に良質な学びの場をカレイドソリューションズ株式会社

カレイドソリューションズカブシキガイシャ

https://www.kaleidosolutions.com

〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-12-1ダイヤモンドビル5F
対応エリア:全国、海外、代表者名:高橋 興史、従業員数:6名、資本金:  

育成・研修 仕事の段取り力向上ツール「段取りチキン」-ゲーム型研修教材-

「段取りチキン」は、段取りをテーマに、仕事を円滑に進めるポイントを学習するワークです。

解決できる課題:コミュニケーションの活性化組織・風土の改革新人・若手社員の戦力化
チームビルディング コスト削減 ナレッジマネジメント

このサービスのポイント

段取り・ホウレンソウ研修の1コマとして
リアルな失敗事例とその原因を繰り返し検討することで、「こういうことをやったら怒られる、こうすれば成功する」を大量に学べ、段取り不足による失敗を未然に防ぎます。
「段取りの教え方」の教育として
「段取り」を概念化しました。全体像とその構造、それに紐づいた事例を大量に見ながら段取りを学ぶことで、経験的に学ぶと思われがちな段取りを指導できるようになります。
一般社員が感じる理不尽さへの対処として
「言われたことをやったのに叱られた」などの「理不尽さ」を感じる若手は多いです。ポジションチェンジによって認識のギャップを埋め、組織の理不尽さの理解を促します。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 ツール料:5万円/パッケージ
取引手数料:5万円/取引
導入社数 導入社数非公開
対象階層全階層
対象職種全職種
テーママネジメントコミュニケーション
サービス形態研修教材・通信教育
期間・回数・時間1時間~
対象人数3名~ ※1パッケージにつき3~4名

サービス詳細

開発背景 〜このゲームはこんな想いから作られました〜

■働き方改革関連法案への対応に向けて求められる効率化

働き方改革関連法が成立し、2019年4月より施行されます。仕事の成果は効率×時間数で決まりますが、労働人口の減少に加え、残業の規制が強まる中で、総労働時間を確保するのは容易ではありません。そうした中では、仕事の効率を高めることによる成果創出への企業努力がこれまで以上に求められるようになります。

■「段取りの教育不足」が非効率を生む

仕事の効率を高める人材開発の方法の一つに、段取りの教育が挙げられます。一方、職場では、段取りは“失敗して学ぶもの”と思われていて、職場には段取りを指導する方法論がないのが一般的です。このため、ゴールの共有不足や中間確認の不足等を原因とした仕事のやり直しや修正などの非効率が溢れているのが職場の現実です。こうした中で、段取りを効率的に学習し、仕事を効率化する手法が求められています。

用途 〜普段こんなことを思っている方におすすめです〜

・段取りの全体像を理解してもらいたい
・効率よく仕事をするコツを掴んでほしい
・組織の理不尽さへの理解を促したい
・ストレスを溜めずに仕事をしてもらいたい
・「やってはいけない仕事の進め方」を知ってほしい
・「段取りの教え方」を学んでほしい

概要〜このゲームについておおまかにご説明します〜

「段取りチキン」は、段取りをテーマに、仕事を円滑に進めるポイントを学習するワークです。
チームで、段取りに関する問題を推理し、真相を特定する活動を繰り返すことで、
①段取りの良し悪しが仕事に与える影響
②段取りの構造とその各要素で気を付けるポイント
を大量の事例で学びます。

学習ポイント〜このゲームで習得できる理解や認識など〜

・段取りの概念を学ぶ
・優先順位付けの重要性を理解する
・タスク管理の重要性を理解する
・他者との「握り」の重要性を理解する

特徴〜このゲームの特徴や仕組みなど〜

・事例に対して推理することで頭をひねる
・個人戦ではなく、チームで協力するため、楽しみながら気軽に推理に挑戦できる
・ゲームそのものに段取りが求められる
・事例が段取りの知識項目と対応し、必要な要素を網羅
・生々しい実事例も盛り込み、リアリティのある内容に


段取りチキン ゲームイメージ

カリキュラム

日程・トピックス 内容
0:00-0:10
練習
ルールを説明し、サンプルで練習します。
0:10-0:70
ゲーム開始
質問を繰り返し、真相の特定を目指します。
0:70-0:85
振返り
ゲームを振返ります。