企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


HRカンファレンス2019 -秋-[東京] 参画企業
事業カテゴリ:
人材育成・研修
組織・人事コンサルティング
人材アセスメント・サーベイ

株式会社アイ・ラーニング

http://www.i-learning.jp/

〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町4番3号国際箱崎ビル
対応エリア:全国、海外、代表者名:宮田 晃、従業員数:130名、資本金:25,750,000円

育成・研修 マネジメント・ベーシックス ~組織リーダー育成プログラム~

実務と連動した管理職プログラム「他流試合」によるベンチマーキングとネットワーキングでプロの組織リーダーを育成する!

解決できる課題:マネジメント力向上リーダーシップ強化管理職層の能力開発

このサービスのポイント

組織リーダー育成プログラム
新任管理職/初級~中級管理職の方、および管理職の基礎を学びたい方にプロの組織リーダーになっていただくための実践型プログラムです
当コースの狙い
プログラム期間中に「成長プロセスを実践」して、これからの組織リーダーとして「学び成長する力」を身につけることを狙いとしています

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 324,000円(税込)(1人/3日間)
★事前学習に必要なモバイルラーニング 標準学習時間: 7時間 を含む
導入社数 導入社数非公開
対象階層管理職経営者・経営幹部
対象職種全職種
テーマリーダーシップマネジメント
サービス形態eラーニング・学習支援システム通学型[講義・ワークショップ・テスト&フィードバック]
期間・回数・時間3日間
9時30分 ~ 17時00分 (昼休憩45分間)
★事前学習に必要なモバイルラーニング 標準学習時間: 7時間

サービス詳細

主に新任管理職/初級管理職の方、および管理職の基礎を学びたい方に向けたコース

当コースは、事前課題として、モバイルラーニングに取り組んでいただくハイブリッドコースです。

リーダーの役割および組織風土と業績の関連性を理解し、組織風土に良い影響を与えるリーダーシップ・スタイルの強化に向けて、望ましい意識と行動を識別して促進できるようになる具体的な方法を学びます。
単なる一般的な管理職研修ではなく、学んだことを現場で実践し、成長を検証しながら、振り返る「成長プロセス」を通して習得できるコースです。

当コースを修了した時点で、次のことができることを目標とします。
1.より多くの「マネジメント・ツールやマネジメント・スタイル」を持ちかえる
2.様々な「気づき」を通して、自身の課題を発見する
3.発見した課題を踏まえて、皆さんと組織の成長に向けた「成長プラン」を策定する


当プログラムの特徴

カリキュラム

コース内容
日程・トピックス 内容
<事前学習> モバイルラーニング
リーダーの仕事と役割 - モバイルラーニングコース(標準学習時間 7時間)
【目次】
第1章 リーダーは何をするべきなのかを理解しよう(総論)
第2章 会社を知り、自組織を知り、他者を知ったうえでビジョンを作ろう
第3章 メンバーを通して組織の成果を上げよう
第4章 メンバーの仕事を見守り手助けしよう
第5章 メンバーの育成のためにコーチング力を身に付けよう
第6章 リーダーシップを発揮するリーダーになろう
第7章 周りに影響を与えるためには人格・品格を高めることが必要だ
<ワークショップ1日目>
●オープニング/研修の進め方
●思考スタイル
●組織マネジメントの基礎
・リーダー/組織風土/業績
・リーダーシップスタイル
・リーダーの行動特性
・マネジメント・フィードバック・
 アンケート分析
●成長プラン#1
●人財マネジメントの基礎
・ピープルマネジメント
●成長プラン#2
<ワークショップ2日目>
●1日目のレビュー
●人財マネジメントの基礎(続き)
・目標設定
・権限委譲
●人財マネジメントの基礎(続き)
・傾聴と質問
・コーチング - GROW演習
・フィードバック ー 成長フィードバック
成長プラン#3
●クロージング
<シェアリング・セッション>
※ワークショップとフォローアップ・セッションの間の期間で、2~3時間実施します。
※自由参加です。オンラインでの参加も予定しています。
●プラン実践後の課題共有と情報交換
<フォローアップ・セッション>
●オープニング
●リーダーシップ・スタイルと組織風土
・リーダーの役割
・リーダー/組織風土/業績の関連性
・リーダーシップスタイルと組織風土
●リーダーの特性と成長プランの作成
・行動特性の傾向と分析
・年度比較グラフの作成と共有・振り返り
・アンケート分析と成長プランの作成①
●成長プランの共有と勇気づけ
●最強チーム作りに向けた成長フィードバック
・認識・感情・モチベーションの関連性
・成長フィードバック
●成長プランの作成②
●まとめ・終了

サービス資料を無料ダウンロード