企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修

あらゆる人に良質な学びの場をカレイドソリューションズ株式会社

カレイドソリューションズカブシキガイシャ

https://www.kaleidosolutions.com

〒160-0023 東京都新宿区西新宿8-12-1ダイヤモンドビル5F
対応エリア:全国、海外、代表者名:高橋 興史、従業員数:6名、資本金:  

育成・研修 情報受信力向上ツール「それいけ!ソンタック」-ゲーム型研修内製化教材-

上司の真意を推し量るアンテナの感度を高め、「自分ごととして捉える」ことを目指したゲームです。

解決できる課題:コミュニケーションの活性化組織・風土の改革新人・若手社員の戦力化
チームビルディング

このサービスのポイント

自分ごとで考える「当事者意識」が身につく
周囲の発信の意図を考える活動が、ひいては「自分の頭で考える」「忖度する」「主体的に動く」ことにつながります。
コミュニケーション研修の一コマに
若手・フォロワーのコミュニケーション研修において、ホウレンソウ・仕事の受任など、情報の受信に関わる部分を強化することを想定しています。
1時間で完結!簡単ルール
最大1時間でできるため、既存研修や会議前のアイスブレイクにも利用できます。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 5万円~
導入社数 導入社数非公開
対象階層全階層
対象職種社内研修講師
テーマコミュニケーションビジネスマナー・ビジネス基礎
サービス形態研修教材・通信教育貴社での集合研修[ワークショップ]
期間・回数・時間最大1時間
対象人数3名~

サービス詳細

情報受信力向上ツール「それいけ!ソンタック」

■開発背景

「指示待ち」「気づけない」「気が利かない」「勘が悪い」「考えていない」など、忖度できないと評されがちの昨今の若手向けに、上司の真意を推し量るアンテナの感度を高め、「自分ごととして捉える」ことを目指したゲームです。上司と部下を混ぜて活用すれば、「忖度しろ」では通用しないことがわかります。

■概要

「それいけ!ソンタック」は、情報受発信力の向上を目的としたワークです。
参加者は、上司の発言の真意を洞察する活動を通じて
 ①婉曲的な指示を受信する意識・スキル(部下)
 ②指示を発信する際の曖昧さが部下の行動に与える影響(上司)
を理解します。

■学習ポイント

・上司の発言から真意を見抜くための発信パターンを理解する
・発信パターンをヒントに上司の真意が見抜けるようになる
・発信には意図があり、その裏に真意が隠されているという基本認識を持つ
・曖昧な発信では情報が伝わらないことを理解する(上司)

■こんな方におすすめです

・部下が上司の真意を汲み取れず行動ができない
・部下が上司の真意を汲み取れず上司の指示をスルーしてしまう
・上司の暗黙的な指示が曖昧で伝わりにくい
・組織が阿吽の呼吸で動けなくなっている
・指示を「自分ごと」で受け止められる部下が少ない
・指示待ちの社員が多い


 

カリキュラム

【カリキュラム例】
日程・トピックス 内容
0:00-0:15
ステップ1:上司の発信パターンの理解
0:15-0:40
ステップ2:忖度のバリエーションに多く触れる
0:40-1:00
ステップ3:真意から発言を考える