企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修

世界中の現場スタッフ・企業を輝かせること株式会社スパイラルアップ

カブシキガイシャスパイラルアップ

http://spiral-up.jp

〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内1-13-28ユラヌス21ビル1階
対応エリア:全国、海外、代表者名:原邦雄、従業員数:1名、資本金:500万円

育成・研修 池上彰さんの特番(テレ東)でも取材をされた「ほめ育」ステップメルマガ

池上彰さんの番組に取り上げられたのは「ほめ育」導入企業が軒並み、過去最高業績を出しているからでした。

解決できる課題:マネジメント力向上リーダーシップ強化管理職層の能力開発
チームビルディング

このサービスのポイント

TV番組の密着取材を受けた「ほめ育」
テレビ東京の池上彰さんの番組に登場させて頂いた「ほめ育」。その出演の決め手は、ほめ育を導入している企業が軒並み、過去最高業績を出していることでした。
全3回の無料メールセミナー
この「ほめ育」を実行してもらえるような特典(教材・映像など)を含めた、無料のメールセミナーです。
特典として「ほめシート」無料ダウンロード
通常の企業研修で利用している「ほめシート」を特別に無料で公開いたします!

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 無料
導入社数 導入社数非公開
対象階層全階層
対象職種全職種
サービス形態eラーニング・学習支援システム研修教材・通信教育
期間・回数・時間全3回

サービス詳細

「ほめ育」導入企業

【7/8】TV東京にて放送!!

人財育成としての「ほめ育」を導入しているのは、
日本郵政20万人の組織や、飲食店。介護、医療、芸能事務所や自衛隊、保育園など業種は様々です。

日本だけでなく、中国やアメリカ、インド、シンガポール、オーストラリアなどにも
どんどん広がっています。海外では、文化が違うため、ほめ育など理解されないという人も
いるのですが、中国やアメリカでも、今、すごく注目されています。
実は、どの国でも「部下を育てる」、「人を育てる」ことには、悩みや苦労が絶えないのです。
そんな中、ほめ育が、すごい勢いで世界中に広がっているのです。

メッセージ

原 邦雄

この度は、「ほめ育」に興味をもって頂き、ありがとうございます。
これまで、200社の業績アップにつながっている“ほめ育” という教育メソッドを作った原 邦雄と申します。

皆様から、よく聞かれるのが、叱ることはしないのですか? という質問です。 もちろん、ほめるだでは、もちろん業績はあがりません。

「ほめる」と「ほめ育」は、実はまったく違います。 経営において、人材難が次々に解消され、売上と利益がダントツに残る教育には、“コツ”が必要です。 私は、船井総研を辞めて、ラーメン店で4年住み込みをしました。現場論がわかるコンサルタントとして、色々な企業の業績を上げてきた“コツ”を、今回池上彰さんの特番に取り上げてもらい、また、こうやった皆様とご縁ができたこと、心から感謝します。

ただ、ほとんどの方が間違った“ほめ”をしているのも事実。 基準無き“ほめ”は無法地帯を作るので、要注意です。

しっかり、業績をあげるほめ育を学びたい方に、ほめ育のエッセンスを3回に分けてご案内します。

御社でご活用いただき、業績が上がったうれしい声を、ぜひ聞かせてくださいね。

番組登場記念スペシャル特典 ほめ育ノウハウ・ダウンロード

 

1.ほめシートのフォーマット、書き方
2.ほめる会議の進行と配布資料
3.企業で、ほめ育講演・セミナーを実施されたい方用の稟議書フォーマット
4.【スマホで学べる】ほめ育Eラーニング
5.ほめ育研修の【無料見学会】のご案内
6. 3話で学べる「ほめ育」マネジメント


これらを知りたい方は、番組登場記念・視聴者特典として、
たっぷり内容の濃い情報をお届けいたします。
ぜひ、下記からお申し込みください。

ほめる会議とは?

 

部下をほめないといけない!と分かっていても、いつ?どこで?
どうやって?と思うリーダーがほとんどです。

日本は、他人をほめる文化、ほめ言葉を交わす文化がほとんど無いのが現状です。

しかし!時代は、“ほめる”を求めているのです。

ほめる会議は、ほめることを社内に導入したいリーダーにピッタリ!

明日からすぐ出来るように、やり方や手順、配布資料もダウンロードできます。

少し恥ずかしいかもしれませんが、スタッフの笑顔に出会えますよ!

ほめる=「自尊心の3大欲求を満たす事」が大事

 

【自分をほめる程度しか、相手をほめることが出来ない】という心理学の言葉があるように、
自分が満たされていないと、相手をほめることが出来ません。

では、どうやって自分をほめることが出来るようになるのでしょう?
自己否定の国と言われる日本、謙虚の意味をしっかり理解していないのです。

マイナスの感情をどう受け入れるか?そのポイントをわかりやすく、
7つのステップに分けて、分かりやすく説明しています。

自分だけは、自分の味方であり続けて欲しいのです。 
日々、頑張っている自分をたっぷり“ほめ言葉”をかけてあげてくださいね。



ほめる会議では、だれでもカンタンに、ほめるを実践して効果を上げることが出来る、
ほめシートを使用いたします。

これは心理学に基づき、自己重要感・自己有能感・自己好感を
適切に効率よくアウトプットできるツールです。
これを書いて対象の社員さんなどに様々な形で伝えて行くことで、ほめる会議ができるのです。

もちろん、今回の視聴者様特典にも、このほめシートと・活用方法が含まれています。

サービス開始まで

日程・トピックス 内容
お申込み
「サービスへのお問合せ・資料請求」という赤いボタンよりご連絡ください
配信
その後、ご登録いただいておりますメールアドレス宛に全3回のメールをお送りさせていただきます。

導入実績

導入社数 導入社数非公開
導入先 日本郵政20万人の組織や、飲食店3店舗。介護、医療、芸能事務所や自衛隊、保育園など