企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

HRカンファレンス2020-秋- 参画企業
事業カテゴリ:
採用コンサルティング・採用アウトソーシング
組織・人事コンサルティング
人材アセスメント・サーベイ

株式会社トランストラクチャ

https://www.transtructure.com/

〒102-0083 東京都千代田区麹町5-4JPR麹町ビル
対応エリア:全国、代表者名:高柳 公一、従業員数:50名、資本金:8000万円

適性検査・スキル測定 スマートアセスメント® Ver.2.0

Web型人材アセスメントをバージョンアップ。複数の演習を組み合わせ可能とすることで診断機能を大幅に強化しました。

解決できる課題:戦略的な人材配置・人事異動マネジメント力向上管理職層の能力開発

このサービスのポイント

場所を選ばず実施可能
インターネットに接続できるPCがあればどこでも実施することができます。
利用するのはブラウザのみ。プラグイン等のインストールは不要です。
コストと人事ご担当者様の手間を削減
対象者を1ヶ所に集める必要がないため、交通費、宿泊費等のコストと、日程調整など、人事ご担当者様の手間を削減できます。
幅広い活用方法
昇格の判断材料とするだけでなく、中途採用の能力判断や、個人のデータを集積・分析することで、会社全体の能力開発課題を抽出するなど、さまざまな用途に活用できます。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国海外
費用 価格:基本調査料: 10万円(税別、以下すべて)
  ・意思決定演習: 3.5万円/人
  ・方針策定演習: 3.5万円/人
  ・コミュニケーション演習: 1.5万円/人

■オプション(個別に追加費用を御見積いたします)
①対面(面接)での結果フィードバック
②アセスメント結果を用いた分析レポート
・育成課題分析
・独自演習作成
・評価者選定支援ほか
③評価項目、演習などのカスタマイズ
導入社数 導入社数非公開
検査手段WEBテスト
用途評価・配置転換社員能力把握・能力向上
検査時間120分程度
導入までの日数3週間~1ヶ月程度
※評価項目の選定、PC・ネットワーク環境の確認を含む
結果までの時間実施後3週間~1ヶ月後に、『個人別フィードバック・レポート』と人事担当者向けの『コンフィデンシャル・レポート』を提出します。
測定領域能力

サービス詳細

リアルな演習を通じて、対象者状況認識や意思決定、業務遂行の能力をチェック

■『スマートアセスメント』とは
トランストラクチャがご提供する、人材の能力のWeb診断ツールです。
『スマートアセスメント』では、診断対象者に、職務同様に設定された演習に取り組んでいただきます。
演習における、様々な問題や関係者への対応のしかた等を分析することで、おもに状況認識や意思決定、業務遂行の能力を診断します。

■『スマートアセスメント』と従来のアセスメントの比較
従来のアセスメントは診断対象者を会場に集める必要があるなど、実施の負荷が大きいものでした。
『スマートアセスメント』は、インターネットに接続できるPCがあればどこからでも実施できます。
診断の直接的な費用はもちろん、対象者の交通費や宿泊費等のコストダウン、日程調整等に要する人事ご担当者様の手間の削減を図ることができます。

■「スマートアセスメント® Ver. 2.0」で新たにできるようになったこと
Ver. 2.0は演習の種類を拡充し、以下の演習を組み合わせてご利用頂けます。
・意思決定演習 メール形式で、職場の問題について判断や対応をする演習
・方針策定演習 資料を分析して企画書を作成する演習
・コミュニケーション演習 動画を利用したコミュニケーション演習

診断は、実際の職務と同様に設定された演習に、Web上で取り組んでいただきます。PC上の操作履歴はすべて記録されているので、例えば、どのような内容にどれだけ時間を使ったのか、何に優先的に取り組んだのか、などが明確にわかります。したがって紙媒体よりも評価の質が高まります。

■「スマートアセスメント® Ver. 2.0」の活用場面
1 昇格判断の材料
昇格人事を検討する際、診断結果を参考材料にして適切な判断に
2 採用判断の材料
中途採用やインターンシップなどの採用人事で、面接だけでは難しい能力の診断材料に
3 能力開発課題の明確化
診断結果は個人の能力開発の材料になります。また、個人のデータを集計・分析することで、全社の能力開発の課題も明らかに
4 人事評価のモニタリング
診断結果を人事制度の能力要件と比較することで、人事評価が制度通りに運用されているかどうかのチェックに

導入フロー

スマートアセスメントの進めかた
日程・トピックス 内容
STEP1
社内IT環境の確認
『スマートアセスメント』を実施する前に、PCやセキュリティ等、貴社内のIT環境を確認します。
STEP2
評価項目の選定
昇格審査や能力開発課題把握等、活用目的に合わせて診断する評価項目を定めます。
STEP3
アセスメントの実施
実施依頼メールを弊社から診断対象者に送信し、Web上でアセスメントを実施します。
STEP4
設定とレポートの送信
アセスメント結果の診断について、コンフィデンシャルレポートを人事担当者に、個人別フィードバックレポートを診断対象者に送信します。
STEP5
結果検討
アセスメント結果から、人事担当者は昇格や配転の検討を、診断対象者は能力開発課題を検討するなどします。

サービス資料を無料ダウンロード