企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
語学・資格・学校

京都大学主催の社会人リーダー育成プログラム「京都大学ELP」のご紹介です。国立大学法人京都大学

コクリツダイガクホウジンキョウトダイガク

https://www.gsais.kyoto-u.ac.jp/elp/

〒606-8303 京都府京都市左京区吉田橘町1橘会館
対応エリア:全国、代表者名:山極壽一、従業員数:5518名、資本金:2,681億8,240万円

育成・研修 京都大学エグゼクティブ・リーダーシップ・プログラム2018年度後期

京都大学がビジネスパーソン向けに本気で作ったブレない軸を修得するための教養プログラム

解決できる課題:マネジメント力向上リーダーシップ強化管理職層の能力開発

このサービスのポイント

「京」の地
京都にゆかりのあるノーベル賞受賞者は10名をこえます。世界トップの研究者を育んできた京都で「八思」を学び、語らう。その本物に直接触れるプログラムを提供します。
京都大学による教育プログラムです
講師には京都大学の教授を選出し様々な分野の「本質」を問う講義を通じて、これからの時代の新たな価値を創り出すに足るリーダシップの知性を磨く「知の道場」をめざします
Relationship
ランチやカフェタイムでは才能豊かな学生や若手研究者との交流ができ、著名な研究者や経営者、政府関係者を招いて開催される学内向けの研究会に特別参加することが可能。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 半期:2,500,000 円/1名(税込)
導入社数 導入社数非公開
対象階層管理職経営者・経営幹部
対象職種全職種
テーマ意識改革・モチベーション向上リーダーシップ
サービス形態通学型[講義・ワークショップ]
期間・回数・時間後期:2018 年 9 月 29 日〜12 月 15日の毎週土曜日
対象人数定員15名

サービス詳細

カリキュラム

5月から7月(前期)及び9月から12月(後期)の2期制とし、通期で学んでいただきます。
毎週土曜日に4コマの授業を行ない、各期全46コマ(1コマ=90分)をご提供いたします。
(なお、ご希望の方には、前期あるいは後期の1期のみの受講が可能です。)

講義は10時から始まる1限から4限までの通しになります。
・講義は、2限を1セットとします。

・午前、午後あわせて、1日2名の教授による講義が行われます。
(講義内容やテーマにより、コマ割りが変則的になる場合があります。)

・リフレクションタイムでは、1日の講義を振り返って受講生間で意見交換を行います。

・自由参加の課外プログラムでは、京都大学のネットワークを活かした特別プログラムを準備しています。


10月までのカリキュラム
プログラム修了後も繋がる関係

 

同窓会組織「京都大学 ELP 倶楽部」 のメンバーに加入いただけます。
講師や新旧の仲間たちと交流を深めたり、継続した学びの機会を得ることができます。
例えば、年に数回の特別講義、香道体験など様々な企画を独自に実施しています。
プログラム修了後は、モデレーター (※)として講義に参加して、
講師や現役受講生との交流を深めることができます。

※モデレーターは、講義の中で、講師と受講生間、受講生同士の議論が盛り上がるよう
 講義進行のサポートを行います。

講義の実施:橘会館(旧総長官舎)

講義の実施は、京都大学構内にある橘会館(旧帝国大学総長官舎、1911年竣工)で行います。

橘会館は、およそ100年の歴史の中で度々改修され、全て原型で残っているわけではありませんが、
現在の形に至っても、そこかしこに歴史の趣きを感じられます。

本プログラム(京都大学エグゼクティブ・リーダーシップ・プログラム)では、
細分化された学問の根本、根っこにさかのぼり、本質をつかむことを目的としています。
そのことからも、100年という歴史をさかのぼり、現代の礎となった先人たちの息吹を感じられる
この学館は、京都・日本の本質を感じ、学問の本質を掴み取るにふさわしい場といえるでしょう。

正面正門は、鞠小路通に面し、往来は穏やかであり、静かで集中できる環境となっています。

本施設は、本プログラムの専用学舎として改装を行っております。
正面玄関はIDパスによりオートロックシステムを導入し、内部施設は、冷暖房、
WiFiインターネットの完備など学習に最適な状態になっております。

講義室・談話室・お庭など、広くて自由度の高いスペースを利用できますので、
講義後の熟議や討論などにも最適な学舎となっております。

またプログラム受講生は、開講日以外にも本学舎にて、学びの時間を過ごしていただけるよう、
事務局にて手配させていただきます。


 
受講生データ

幅広い役職の方々に参加いただいております。


 
参加特典

(1) プログラム修了者には「京都大学 ELP 修了証」が発行されます。
(2) プログラム在籍中は「京都大学 ELP 研究員」のタイトルで活動できます。
(3) 京都大学内の図書館・図書室が利用できます。
(4) プログラム会場となる橘会館(会議室・図書室・自習室)を利用できます。
(5) 京都大学の施設(総合博物館)の特別利用ができます。
(6) 京都大学東京オフィスの利用ができます。


 

サービス開始まで

日程・トピックス 内容
お申込み
受講申込書はお問い合わせいただけましたら E-mail にてお送りいたします。
お申込は、受講申込書類(A:受講申込書、B:志望動機、C:推薦書※)をご記入の上、
E-mail にて下記宛先までお送りください。
※推薦書の原本は、選考後、事務局まで郵送にてお送りいただきます。
選考結果発表と受講手続
選考結果は、E-mail にて通知し、別途、受講手続書類を郵送いたします。
受講辞退者は選考結果通知後に速やかに申し出をしてください。

サービス資料を無料ダウンロード