企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


HRカンファレンス2019 -秋-[東京] 参画企業
事業カテゴリ:
組織・人事コンサルティング
その他
人材アセスメント・サーベイ

一般社団法人中部産業連盟 東京事業部

http://www.chusanren.or.jp/hrm/index.html

〒102-0083 東京都千代田区麹町3-2-6 垣見麹町ビル
対応エリア:全国、海外、代表者名:小坂信之、従業員数:130名

育成・研修 自律型チームづくりで成果をあげる!「職場リーダー養成研修」

企業の成長・発展は、事業の最前線である職場チームとその指揮官である職場リーダーにかかっている

解決できる課題:マネジメント力向上リーダーシップ強化キャリア開発・キャリア支援
チームビルディング

このサービスのポイント

人を活かし、チームで成果をあげる
職場リーダーに不足していることとして、よく言われるものが3つあります。
「役割認識不足」「指導スキル不足」「やる気不足」です。
この3つの点の解決を図ります。
ビジョンを描き、役割認識を強化する
この研修では、周囲の期待を認識し、グループ演習(体験)や討議、講義による気づきを得た上で、「なりたいリーダー像」を自ら描くことで、役割認識の強化を図ります。
部下指導の「カタ(基本形)」を体で学ぶ
部下指導という対人関係スキルは「知識」ではなく「実技」です。この研修は、理論だけでなく、「カタ」を体で学び、実戦で鍛える中で自信・やる気を得ることを重視します。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 1日:35万円+テキスト費用

カリキュラム導入例:基礎編2日コースの場合

研修費用   :35万円×2日
テキスト費用 :人数分

上記の合計金額となります。
導入社数 導入社数非公開
対象階層管理職経営者・経営幹部
対象職種全職種
テーマキャリア開発リーダーシップ
サービス形態研修講師派遣貴社での集合研修[講義・ワークショップ]
期間・回数・時間貴社ご要望により、設計可能です
基本コース 基礎編:2日 / スキルUP編:2日 / フォローアップ1日
対象人数5~20名
これを超える人数の場合、クラスを分けて実施します。

サービス詳細

職場リーダーに必要な「人を活かし、チームで成果をあげる」知識とスキルを身に付ける

このプログラムでは、まず、役割認識を強化し、目指すリーダー像(成長ビジョン)を明確にします。

そして、リーダーの役割を正しく認識したうえで必要な知識を学び、行動するために必要なスキル(人の力を引き出す働きかけ)の基本動作を学び、体を使って動作確認します。研修後に職場での実践を通じて基本形を身につけていきます。

ビジョン(こうなりたい!)を持ち、それを目指すためのアプローチ方法を理解し、
体の動かし方のコツをつかむ(できそうだ!)と、やる気はおのずと湧いてきます。


 

カリキュラム

【研修プログラム例】基礎編
日程・トピックス 内容
【1日目】職場リーダーの役割・マネジメントの基本
職場リーダーに期待される役割・行動と職場マネジメントの基本を認識し、実践によって身に付けます。
1部 職場リーダーの役割
1.職場リーダーに期待される役割・行動とは
【ワークショップ】 
①自己認識の分析/個人~グループ
②周囲からの期待 ③役割のまとめ


2部 職場マネジメントの基本

1.チームで成果をあげる
【ワークショップ】:ゲーム&討議
チームで成果をあげるために何が重要か
チームで課題解決に取り組むには何が重要か
生産性と創造性の観点で、何が求められるか
【2日目】職場に求められる基本機と役割認識
職場に求められる3つの基本機能と、管理職の着眼点を理解し、そこから求められる役割を学びます。
.職場経営の視座
職場に求められる3つの基本機能
管理職の着眼点
計画・管理/活性化・変革/人材育成


1部 職場リーダーの役割(つづき)

2.新しい職場リーダーモデルを創る
【ワークショップ】 
①「新・職場リーダーモデルを創る」
②「成長課題を設定する」
阻害要因の洗い出し~仕分け~対策

3.成長課題の取組み方

よく寄せられる質問

「職場リーダー」とは、管理職を指すのですか?
職場リーダーとは、必ずしも正規の管理職・役職のことではありません。

事業活動最前線の職場メンバーに直接関わり働きかけ、その力を引き出し的確な方向に発揮させることによって、成果をあげることが求められる重要な存在です。

サービス資料を無料ダウンロード