企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


HRカンファレンス2018 -春-[東京] 参画企業
事業カテゴリ:
人材アセスメント・サーベイ
人材育成・研修
組織・人事コンサルティング

個人のやる気と組織の成果を生み出す株式会社トッパンマインドウェルネス

カブシキカイシャトッパンマインドウェルネス

http://www.mindupnavi.com

〒110-8560 東京都台東区台東1-5-1
対応エリア:全国、海外、代表者名:岩崎 玲子、従業員数:5名、資本金:1,000万円

育成・研修 メンタリング(メンティー向け)

自分がいる職場を学びの場として捉え、自ら学ぶ姿勢をつくり、自分の意志を持って組織ニーズに貢献できる人材を育てる

解決できる課題:モチベーションの向上コミュニケーションの活性化新人・若手社員の戦力化

このサービスのポイント

自ら学ぶ姿勢を身につける
主体的な姿勢とともに、自分を柔軟な視点で捉えることができれば、自ら学ぶこと、さらには周囲を使って自分の学びを増やすことができます。
主体的に組織に貢献できる人材を育てる
職場状況をどう捉えるか?「認知」に焦点を当てます。“ものの見方、考え方”が企業組織の理解、主体的な働き方、キャリア形成に大きな力を持っていることをお伝えします。

サービスDATA

対象企業規模 101人~500人501人~1000人1000人以上
対応エリア 全国
費用 1日あたり50万円~(参加者20名程度)
※お客さまのご要望に合わせてカスタマイズさせて頂くため、研修企画・設計費が別途必要となる場合がございます。
導入社数 導入社数非公開
対象階層新入社員若手社員
対象職種全職種
テーマ意識改革・モチベーション向上コミュニケーション

サービス詳細

メンタリング(メンティー向け)

○職場状況をどう捉えるか?「認知」に焦点をおいている研修です。“ものの見方、考え方”が企業組織の理解、自らの働き方、キャリア形成に大きな力を持っていることをお伝えします。

○今までと違う視点から、自分や周囲を捉えることの有用性に気づきを促すワークを織り込み、自分の職場を捉える視点を見つめ直していきます。自分を柔軟な視点で捉えることができれば、自ら学ぶこと、さらには周囲を使って自分の学びを増やすことができます。自ら学ぶ姿勢は、主体的なキャリアデザインにつながることも理解します。

○自ら学ぶためには、自分の学びたいこと、周囲の使える資源(人、時間、モノなど)を整理し、フィードバックを求めることが必要です。これらのことを実際に職場で実践するための方法を習得していただきます。

○メンタリング(メンター向け)研修と組み合わせて実施することで、新入社員の組織における早期戦力化を支援することができます。

【進め方の例】
■午前
◇イントロダクション
◇メンティーの心構え
 ・ 組織で働くとは?
◇状況を柔軟に捉える必要性

■午後
◇働き方を考える
 ・ 組織から期待されていること
 ・ 仕事のプロセスを捉え直し、自ら学ぶ
 ・ 人を使って学ぶ
◇キャリアを考える視点