企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
組織・人事コンサルティング
人材アセスメント・サーベイ
人材育成・研修

個人のやる気と組織の成果を生み出す株式会社トッパンマインドウェルネス

カブシキカイシャトッパンマインドウェルネス

http://www.mindupnavi.com

〒110-8560 東京都台東区台東1-5-1凸版印刷営業ビル3号館7階
対応エリア:全国、代表者名:岩崎 玲子、従業員数:8名、資本金:1,000万円

生産性向上 職場の問題地図ワークショップ~自組織の勝ちパターンで働き方改革を推進~

人財戦略としての「働き方改革」~社員がいきいき働く生産性の高い組織のつくり方~

解決できる課題:ワークスタイル・時短モチベーションの向上現場の業務効率化

このサービスのポイント

職場の問題に気づいて”言える化”を進める
現場で働く人たち自身が主役となり、”自分の勝ちパターン”を探すので、現場が納得して「これだ!」と思える、働き方を変えるための方法の発見につながります
職場の問題地図を描いて問題を”見える化”
「職場の問題かるた」や「職場の問題地図」といった様々な”景色を変え”るツールを使い、あるある!と楽しみながら何に取り組むべきかに気づくことができます

サービスDATA

対象企業規模 101人~500人501人~1000人1000人以上
対応エリア 全国
費用 【参考】費用例:50万円~(20名 5時間のセッション)
導入社数 導入社数非公開
サービス形態コンサルティングセミナー・研修

サービス詳細

組織や職場の問題に現場視点で取り組み、社員のモチベーションと職場の生産性を高める

■こんなお悩みやご要望に
 ◇働き方改革に取り組みたいが、何をしてよいかわからない
 ◇業務改善のノウハウが知りたい
 ◇生産性を高めて、イキイキした職場をつくりたい

■目的
 ◇組織や職場の問題に現場の視点で取り組むことにより、社員のモチベーションと職場の生産性を高める
 ◇職場の問題に気づいて”言える化”を進める
 ◇職場の問題地図を描いて問題を”見える化”し、自分たちにフィットするやり方を発見する

■特徴
 まず何を改革しなければいけないのか、現状の自社の問題を認識するところが大事ですが難しいポイントです。
 なぜなら、普段言えなかったり、そもそも気づいていないので言葉にしていないから。
 ベストセラー「職場の問題地図」シリーズ発、多くの企業が抱える病をシュールに表現した「職場の問題かるた」で、「あ~これあるある!」と楽しみながら、問題を探しに行くところから働き方を見つめ直してみませんか?

■進め方
【STEP1】
「言える化」かるたをやって問題を発見

 本質的な問題が潜む、普段感じていても "声に出していない・声にすることができていない声" を「言える」ようになります。

【STEP2】
「見える化」職場の問題地図を書いて発見

 「かるた」で気づいた本質的な問題点とその原因を模造紙に整理します。
(例)生産性の低い職場
 意見が出始めると、それはこういう原因もあるんじゃない?と様々な視点で、問題を捉え始めることが始まります自然と、職場の問題地図が表現されていきます。

【STEP3】
「勝ちパターン」を考え実践

 問題地図を俯瞰して眺めてみると、「生産性の低い職場」の本質はどこか、探索が始まります。
 このあたりから、「じゃあどうすればいい?」「自分達では何ができる?」というアイデア出しに対話は移っていきます。
 多くの企業の現場で実践されてきた打ち手のヒントの情報提供も行います。
 自分たちの勝ちパターンをつくる打ち手を見出していきます。