企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


HRカンファレンス2019 -春-[東京] 参画企業
事業カテゴリ:
組織・人事コンサルティング
人材育成・研修
人材アセスメント・サーベイ

組織変革のプロフェッショナル集団株式会社新経営サービス 人事戦略研究所

カブシキカイシャシンケイエイサービス ジンジセンリャクケンキュウショ

http://jinji.jp/

〒600-8102 京都府京都市下京区河原町五条西入本覚寺前町830京都EHビル6階
対応エリア:全国、代表者名:田須美 弘、従業員数:32名、資本金:9,600万円

人事制度 人事戦略策定コンサルティング

貴社の人材マネジメント力を多面的に診断し、
各社のニーズに合せて、人事戦略策定から
施策立案・実行までをトータルサポート

解決できる課題:賃金・評価制度、人事評価の見直し戦略的な人材配置・人事異動適正な要員計画

このサービスのポイント

貴社の人材マネジメント力を多面的に診断
定量分析(総額人件費・要員構造・個別賃金水準・将来人件費試算)、定性分析(経営者ヒアリング、社員ヒアリング、アンケート調査、組織診断)を貴社ニーズに合わせて実施
人事戦略策定から施策実行までトータル支援
単なる人事戦略の策定のみならず、その具現化に向けた各種人事施策の立案から実行支援を個社ごとのニーズに合わせてトータルでサポート

サービスDATA

対象企業規模 101人~500人501人~1000人1000人以上
対応エリア 全国
費用 詳細はお問合せください。(一例)支援月数×50万円~)
導入社数 導入社数非公開
サービス形態コンサルティングセミナー・研修
対応分野等級制度賃金制度評価制度目標管理制度職務分析・職務評価

サービス詳細

人事戦略策定をサポート

・人材不足・働き方改革の時代において、人材不足倒産が現実化してくるなか、求める人材の確保や
 定着・育成が、どの企業でも重要経営課題となっています。
・この課題解決のためには、対症療法的な施策だけではなく、足元の人材マネジメントに関する現状
 を「見える化」し、今後の人材に関するありたい姿、すなわち「人事戦略」を明確にしたうえで、
 個社ごとにオリジナルの取り組みを推進していくことが肝要です。
・この認識に立ち、弊社では、貴社の経営理念、企業・事業戦略の実現に向けた人事戦略の策定を
 支援します。

■人事戦略とは、
 【外部環境適応】外部環境の変化や動向に適応しながら
 【内部環境適応】企業理念や戦略、業務・組織体制を実現するために
 【価値観・風土】どんな価値観や風土を大切にし
 【求める人材像】どのような人材(求める人材要件)を
 【要員・人件費】どれくらいの人数や人件費をかけて(量的側面)
 【人材フロー】どのように採用・活用・育成・代謝(質的側面)し
 【人事制度】そのために等級・キャリア、評価、処遇をどう行うか
についての考え方や方向性と言えます。

■人事戦略の策定ポイントは、以下の通りです。
 [整合性]経営戦略やビジネスモデル、業務・組織体制と整合性がとれていることが大切です
 [適合性]労働法規制(長時間労働、60歳超雇用etc.)や社会情勢(働き方改革、
      ワークライフバランスetc.)等の外部環境に適合していることが大切です
 [一貫性]人事制度(等級・キャリア、評価、賃金)や採用・育成・配置・代謝等の
      各種人事施策間に一貫性があることが大切です


まず上記ポイントを踏まえながら、人材マネジメント力の診断を貴社ニーズに合わせて多面的に行います。
また、戦略策定のみならず、人事制度を中心とした各種人事施策の立案から実行・フォローをトータルで支援します。(もちろん、貴社のご要望に合わせて、部分的なサポートも可)

導入フロー

日程・トピックス 内容
Phase1
分析診断フェーズ(2~3ヶ月)
■定量的な観点から各種分析・診断を行います
 (総額人件費分析・要員構造分析・個別賃金水準分析・将来総額人件費簡易試算)
■定性的な観点から各種分析・診断を行います
 (経営者ヒアリング、社員ヒアリング、アンケート調査、組織診断等)
Phase2
人事戦略策定 フェーズ (2~3ヶ月)
Phase1で実施した各種分析・診断結果をもとに、人材マネジメントにおける課題を抽出し、人事戦略を策定します
Phase3
人事施策立案 フェーズ (施策による)
Phase2で策定した人事戦略に基づいて、人事制度構築、人材育成体系構築、要員人件費管理等の人事施策を立案します
Phase4
人事施策実行支援フェーズ(施策による)
Phase3で立案した人事施策の実行支援、および施策浸透・定着に向けたフォローを行います

サービス資料を無料ダウンロード