企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


HRカンファレンス2019 -秋-[東京] 参画企業
事業カテゴリ:
組織・人事コンサルティング
人材育成・研修
人材アセスメント・サーベイ

一般社団法人中部産業連盟 東京事業部

http://www.chusanren.or.jp/hrm/index.html

〒102-0083 東京都千代田区麹町3-2-6 垣見麹町ビル
対応エリア:全国、海外、代表者名:小坂信之、従業員数:130名

組織開発 職場の問題解決を推進する「アクションラーニング」

行動変容を自律的に促し、学習する組織作りを可能にする「実践的」手法!

解決できる課題:コミュニケーションの活性化マネジメント力向上リーダーシップ強化

このサービスのポイント

個人の業務上の問題を解決する
ケーススタディによらず現実の困難な問題に関し信頼し共有できるメンバー同士でチームを形成し
ラーニングコーチのもと問題解決へ推進できる
学習する組織づくりができる
個々人の意識改革と人材開発の手法であるその結果組織風土の変革を推進し得るツールとなり、強い結びつきから、学習する組織づくりが可能となる。

サービスDATA

対象企業規模 101人~500人501人~1000人1000人以上
対応エリア 全国
費用 2日間の本コースで80万円+1日のフォローアップ40万円合計120万円が基本
*1コース当たりの参加人数は5~7名
導入社数 導入社数非公開
サービス形態コンサルティングセミナー・研修

サービス詳細

個人、組織にとって重要で複雑で緊急性が高く、真の解決行動を要する挑戦的な課題。

参加メンバーは4~6名。経験や専門能力において多様性のある対等なメンバー構成とすると効果的である。
質問の形式は、問題解決の上で、質問とリフレクションが重要。省察的な質問は迅速にチームの行動の質を高める。
行動としては、最初のセッションの結論として必ず行動計画をメンバー共有のものとして決定する。
行動の振り返りは、とられた行動はセッションにおいてメンバー全員で省察的に振り返ってはじめて真の学習となる。
適切なタイミングで学習効果を確認するためALコーチはセッションに介入し、効果的に運用を図る。

その結果として、学習する組織づくりが可能となる!

サービス資料を無料ダウンロード