企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材アセスメント・サーベイ
人材育成・研修

右脳と左脳のバランスにこだわった、ビジネスで確実に活きる「人財が変わる」研修を提供します株式会社シンスター

カブシキガイシャシンスター

http://www.shinstar.co.jp/

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-9-2大畠ビル 10F
対応エリア:全国、代表者名:井上浩二、従業員数:6名

育成・研修 【議論の見える化】空中戦になりがちな会議や打ち合わせを可視化する!

会議の再現ビデオを使いながら、リアルタイムに議論を構造化して見える化する力を身に付ける!会議の効率化以外にも活用可能!

解決できる課題:コミュニケーションの活性化マネジメント力向上リーダーシップ強化
チームビルディング

このサービスのポイント

議論を「見える化」するためのノウハウ習得
リアルタイムに流れる議論を図示・図解で構造化するために、最低限知っておかなければいけないパターンとベーススキルを学んだいただきます。
ヴァーチャル会議で「見える化」を実践!
必要な知識を学んだ後は、2つの異なる会議シーンのビデオを使って、「見える化」を実践。次々に流れていく議論を可視化するために必要なポイントを実践的に学びます。
リアルな会議で「見える化」を実践!
最後は参加者同士で、模擬会議を行い、その「見える化」に挑戦します。テーマは受講者の方たちが実際に直面している課題や会社に関わるテーマ。翌日からの実践に備えます。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 1日間50万円~ 人数や内容により変動がございますので詳しくはお問合せください。
導入社数 導入社数非公開
対象階層全階層
対象職種全職種
テーマコミュニケーションロジカルシンキング・課題解決
サービス形態貴社での集合研修
期間・回数・時間全1回

サービス詳細

議論や打ち合わせにおける抜け漏れを防ぎ、会議を効率化する!

【単なるメモの羅列が構造化できるように】

ビジネスを行う中で、数ある会議やお客様との打ち合わせ・・・それらは効率的に抜け漏れなく、生産的な内容である、と言えますか?会議の最中や、終わった後、以下のような経験をした方は少なくはないのではないでしょうか。「議論の見える化」は、リアルタイムに流れる議論の内容を、ホワイトボードやメモに分かりやすく「構造化して整理する」手法を学び、会議や打ち合わせを効果的・効率的なものにする力を高めるプログラムです。

リアルタイムに流れる議論を「見える化」できるようになると、
◆議論が可視化された状態で常時参加者に共有されるので、抜け漏れや脱線のない効果的・効率的な議論が可能になる!
◆議事録代わりにもなるクオリティの高いメモが残るため、会議後のアクションのずれを防止できる!
◆議論した内容を短時間で整理し、第三者にも分かりやすく説明・報告できるようになる!
◆お客様との商談内容を分かりやすく、スピーディにまとめられるようになる!

など様々なメリットが生まれ、会議や働き方の生産性をアップさせることが可能になります。

議論を「見える化」するために必須の知識・スキルを習得する

【図示・図解の3つの基本形】

リアルタイムに流れる議論を分かりやすく図示・図解するには、自分の中で「見える化」するためのパターンを幾つか持っておき、常にそれをどう活用するか意識をすることが重要になります。

研修の始めには、議論を「見える化」するために必要となる、構造化するためのパターンとベーススキルである以下を、日常でよくある複数の会議シーンのケースを使用しながら習得します。

・3つのパターン化の基本型(ロジックツリー、フローチャート、テーブル)
・4つのスキル(キーワード化、定義、カテゴライズ、取捨選択)

ビデオ教材を使用し、実際の会議で「見える化」を実践するポイントを理解

【アウトプットの問題点と改善点は?】

議論の見える化に必要な知識・スキルを習得した後は、実際の議論や打ち合わせの場で、それらの知識をどの様に活用するか、ビジネスのリアルな会議を再現した2種類のビデオ演習を通して理解します。

1つ目はビデオでホワイトボードにアウトプットされた内容に関して、どういった部分の修正が必要か、具体的なアウトプットに対する修正点、改善点を考えます。2つ目のビデオでは実際に自分自身で「見える化」にもチャレンジします。

2つの異なるテーマの会議シーンからどのような情報を拾い、どこをポイントとして「見える化」するべきか、実際に自分の手を動かすことで、実際の会議での活用イメージを的確につかみ、講師からのフィードバッグを受けて改善ポイントを理解します。

自社トピックスを使ったリアルな議論を通して実践力を磨く

【ロールプレイの演習例】

研修の総仕上げとして、最後は自社の課題や社内トピックスを題材にして、受講者同士で会議のロールプレイを実施します。

自社における打ち合わせの場で、研修の中で学んだ「議論を見える化」スキルをリアルタイムで活用するためのポイントをしっかりと理解。フィードバックシートを使いながら、自分が行った見える化と議論進行の問題点をチェックし、実践に向けての総仕上げを行います。

使用するロールプレイの題材は、今取り組んでいる業務や、自社のホットトピックス等、カスタマイズが可能です。詳しくはご相談ください。

カリキュラム

中堅~管理職層
日程・トピックス 内容
議論の見える化とは
~議論の見える化のメリットと実践の難しさ~
2
見える化の基礎となる図示・図解手法の理解
~複数の会議シーンのケースで見える化技術の土台を作る~
1)図示図解の基本系と選択手法(3つの基本パターン)
2)見える化実践に必要な4つの基礎スキル演習
 (キーワード化/定義/カテゴライズ/取捨選択)
3
議論をリアルタイムに見える化する実践演習
~ビデオ演習:会議シーンのビデオ映像を題材に、議論の見える化を実践~
4
実際の議論を通した見える化スキルのブラッシュアップ
~ロールプレイ演習:見える化技術を活用した議論の実践~
5
まとめ

導入実績

導入社数 導入社数非公開
導入先 某グローバル企業様が、会議やお客様との打ち合わせのクオリティをアップするために開発をご依頼下さったプログラムです。実施から数年間に渡り、受講者からのアンケートで実用度No.1を頂きました。

サービス資料を無料ダウンロード