企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修
組織・人事コンサルティング
人材アセスメント・サーベイ

個と組織を生かす株式会社リクルートマネジメントソリューションズ

カブシキガイシャリクルートマネジメントソリューションズ

http://www.recruit-ms.co.jp/open-course/

〒141-0032 東京都品川区大崎1-11-1ゲートシティ大崎 ウエストタワー
対応エリア:全国、海外、代表者名:代表取締役社長 藤島 敬太郎、従業員数:528名、資本金:203億56百万円

育成・研修 「働き方改革」を推進する生産性向上・ダイバーシティ研修コース

「働き方改革」を推進させる2つの重要テーマ!
生産性向上とダイバーシティ

解決できる課題:女性活躍推進ダイバーシティ&インクルージョン推進現場の業務効率化

このサービスのポイント

「働き方改革」推進上で欠かせないテーマ
リクルートマネジメントスクールでは、「働き方改革」を推進する上で欠かせないテーマとして生産性向上とダイバーシティのコースをピックアップしてお伝えします。
1コース1万2000円/名(税抜)
1コース1万2000円で受講できるので、年2,3コースの受講で学びと職場での実践のサイクルを回していけます。
3時間でも実践につながるプログラム
各コースともその道のプロ担当。3時間一方的に内容をお伝えするのではなく、異業種の方とのケースワークやグループ討議を通して実践に向けてのポイントがつかめます。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 関東近畿
費用 1コース1万2000円から(3時間コース、チケット10枚セットの場合)
導入社数 導入社数非公開
対象階層全階層
対象職種全職種
サービス形態通学型[講義・ワークショップ]
期間・回数・時間1コース3時間

サービス詳細

【働き方改革】働き方を変えるためにはどこから
手をつければいい?

「労働時間を短くして生産性をあげていくためにはどうすればいいか」
「時短やテレワークなども進み、生まれている働き方への多様な価値観に対応するためには?」

「働き方改革」の目的は、長時間労働を初めとした日本の働き方を変えていくことにより、ワークライフバランスや生産性を向上していくことです。
労働時間が減り、働き方の制約や価値観が違うメンバーが混在するようになる組織の中でどのように高い成果を出していけばいいのでしょうか?

リクルートマネジメントスクールでは、「働き方改革」を推進する上で欠かせないテーマとして生産性向上とダイバーシティのコースをピックアップしてお伝えします。

生産性向上・ダイバーシティ研修ラインナップ①

<個人の生産性を高めるのにおすすめコース>
●“仕事の達人”に学ぶ!~仕事のクロックサイクルを2倍速化する~【3時間】
[課題]
・次から次へ仕事が湧き出てくる中で、時間がどうしても足りない
・もっと効率的に仕事がしたい
・できるビジネスパーソンの事例からヒントを得たい

●プライオリティ
 (スケジュールに振り回されない!真の生産性向上のためのタイムマネジメント研修)【1日】
[課題]
・日々の業務や対応に追われ、その場しのぎになってしまっている現状を何とかしたい。
・仕事に追われる一方で、時間管理がうまくできない。
・重要だがなかなか着手できないことにも取り組めるようにしたい。
・ビジネスとプライベートについて、上手にバランスを取るためのポイントを学びたい。

●Excel(エクセル)徹底活用術<1>基本編 ~関数を使って業務効率アップ~【3時間】
[課題]
・エクセルは学んだことがなく、これまで自己流でやってきたので、あらためて基本から学びたい
・エクセル操作がよくわからずあまり活用できていないが、これからはもっと仕事で使うようにしたい
・エクセルの機能や関数をあまり知らないので、もっと便利な機能や活用のポイントなどを学びたい

●Excel(エクセル)徹底活用術<2>応用編 ~関数とピボットをより使いこなす~【3時間】
[課題]
・VLOOKUP関数やIF関数など20種以上の関数はわかるが、関数を組み合わせた使い方を知りたい
・会議やデータ集計等でピボットテーブルをもっと活用したい
・自己流でやっているが、ブラッシュアップとともに、実務に役立つポイントを効率的に習得したい
・計算のエラーにも対応できるような計算式が作れるようになりたい
・適材適所で最適な関数を選べるようになりたい

生産性向上・ダイバーシティ研修ラインナップ②

<チームの生産性を高めるのにおすすめのコース>
●ミーティング・マネジメント(会議の生産性を高める!準備から運営、決定まで3つのステップで学ぶ会議力向上研修)【1日】
[課題]
・会議の中で出た意見をきちんとまとめ、結論を出したい。
・参加者の会議に対するモチベーションを高めたい。
・主催者として会議をしっかり仕切りたい。

●話がわかりやすくなる!ロジカルコミュニケーション術【3時間】
[課題]
・「言いたい事がよくわからない」と指摘されてしまうことがある
・うまく話しているつもりなのだけれども、相手に伝わらないことがある
・どのように話せば、言いたいことを理解してくれるのかがよくわからない
・きちんと相手に伝えたいことを伝えられるようになりたい

生産性向上・ダイバーシティ研修ラインナップ③

<ダイバーシティ推進におすすめのコース>
●ダイバーシティ&インクルージョン ~多様性を受け入れ生かす組織を考える~【3時間】
[課題]
・今後ますます、組織としてダイバーシティを推進していきたいと思っている
・異なる立場・経験や、異なる価値観を持つ人と、相互理解を深め、尊重しあえる関係をつくりたい
・一人ひとりが多様な意見アイデアを出しあい、協働しあえるチームを目指したい
・どうすればダイバーシティ&インクルージョンが進むのか、そのヒントがほしい

●【働き方改革】介護と仕事の両立のために人事や上司・本人が知っておくべきこと【3時間】
[課題]
・介護に関する相談があった時にどう対応すべきか知りたい
・仕事と介護の両立環境を整備するにあたり基本的なことを押さえたい
・家族の介護が必要となっても出来る範囲で成果を上げて働き続けたい
・介護などの制約条件がある人を前提とした組織づくりについて考えたい

●育児と仕事の両立 ~時間的制約を乗り越え、自分らしく成長し続けるために~【3時間】
[課題]
・仕事も育児も頑張りたいが、うまく両立していけるのか不安がある、両立のコツやポイントを知りたい
・時短勤務であっても、イキイキと働き続けたい、仕事における成長やキャリアをあきらめたくない
・育児や両立の悩みなど、同じ立場の人と語り合い、不安や悩みを解消したい
・育休からの復職後、時間的な制約の中でもスムーズに現状復帰してもらいたい
・パートナーと協力し合いながら、仕事と子育てを両立するためのヒントを得たい

●(上司・管理職向け)育児と仕事の両立支援 ~マネジメントの心得とポイント~【3時間】
[課題]
・育休復職者を迎えるにあたり、復職者・時短勤務者の現状やマネジメント上のポイントなど、基本的なことを押さえておきたい
・育休復職後、時短勤務で働く社員に対し、仕事を割り当てる際の留意点や、組織としてどう対応すべきかなどについて知りたい
・時間的な制約があっても、出来る範囲で精一杯、持てる力を発揮して欲しい。そのための関わり方や支援について理解を深めたい
・上司・マネジャーとして(もしくは人事担当として)、育休復職者・時短勤務者など、多様な働き方を前提としたチームづくりについて考えたい

カリキュラム

日程・トピックス 内容
【3時間】
“仕事の達人”に学ぶ! ~仕事のクロックサイクルを2倍速化する~
● なぜクロックサイクルを2倍にする必要があるのか?
● できるビジネスパーソンの思考・行動特性
● 考え方(思考特性)のポイント
● 動き方(行動特性)のポイント
● 今日から実践するために
【1日】
プライオリティ(スケジュールに振り回されない!真の生産性向上のためのタイムマネジメント研修)
オリエンテーション
・挨拶
・導入

時間管理のマトリックス
・緊急と重要
・4つの領域
・重要領域 ペアワークによる復習
・フランクリン・プランナーの組立

生産性のピラミッド
・生産性のピラミッド
・価値観の発見
・価値観の明確化
・CD-ROMレビュー
・組織の価値観との関連
・目標の設定
・週間計画の前に(役割)
・刃を研ぐ
・週間計画
・大きな石
・日々の計画 ペアワークによる復習

ツール
・効果的なプランニングシステム
・プランニング・システム・ビルダー
・フォーカスを維持する
・ペアワークによる復習

クロージング
・全体振り返り
・まとめ
【3時間】
Excel(エクセル)徹底活用術<1>基本編 ~関数を使って業務効率アップ~
●はじめに
●早ワザの定番、ショートカット、オートフィルを使ってみる
●基礎的な関数
・SUM、COUNT、ROUND
●知っておきたい関数
  ・COUNTIF、SUMIF、VLOOKUP、SUBTOTAL
●ピボットテーブル基礎
  ・ピボットテーブルとは?
  ・ピボットテーブルで構成比を計算
  ・実務でピボットテーブルを活用するコツ
●演習とまとめ
※一部、演習内容等が変更になることがございます。あらかじめご了承ください
【3時間】
Excel(エクセル)徹底活用術<2>応用編 ~関数とピボットをより使いこなす~
●はじめに
●事例基礎問題で最適な関数を選び出し計算式を作る
●VLOOKUP関数を使った計算式のエラーに対処する
 1.エラー専用の関数と組み合わせる
 2.区切り位置機能を使う
 3.エラーオプションを使う
●ピボット応用
 1.トップ3の表示
 2.任意の内容でグループ化
 3.スライサーを使って瞬時に集計の条件を絞る
●事例応用問題
 1.明細をもとに集計する際の最適な作業手順を考える
 2.効率よく集計表を作るポイントを習得する
●まとめ
※一部、演習内容等が変更になることがございます。あらかじめご了承ください
【1日】
ミーティング・マネジメント(会議の生産性を高める!準備から運営、決定まで3つのステップで学ぶ会議力向上研修)
オリエンテーション

Planning
会議運営を成功させるためのミーティングの事前準備
1アジェンダ作成
2会議の種類を特定
3開会を明言

Controlling
発言のロジック
1フォーカス
2ジェネラライズ

Controlling(続き)
意識と取り組み姿勢
1目的を理解していないので、望ましいアウトプットが出てこない
2周囲の状況が見えず、自説のみを主張
3多すぎる情報を整理できず、議論が拡散 他

Directing
議論を合意に導く、情報整理の手法
1導入:映像を使って情報整理の5ステップを学ぶ
2ケーススタディ:事例をもとに情報整理の5ステップを実践
3模擬会議

まとめ
【3時間】
話がわかりやすくなる!ロジカルコミュニケーション術
● オリエンテーション 
  └ 語り口に納得感がある方の話し方とは?
● 情報を整える (~ロジックツリー演習~)
  └ ロジックツリーを使って、もれなく、ダブりなく情報を整理する
● 相手の立場に立って聴く (~ロジカルリスニング演習~)
  └ 傾聴を体験する
  └ 相手の言うことを聴きながら、ロジックツリーに落とし込む
● 相手の知りたい情報を伝える (~ロジカルコミュニケーション演習~)
  └ 相手が知りたいと思っている情報を、目的と期待に沿って語る
  └ 意見と事実をロジカルに分けて伝える
● 今後に向けて ~どのように仕事に活かすか~
【3時間】
ダイバーシティ&インクルージョン ~多様性を受け入れ生かす組織を考える~
●ダイバーシティ&インクルージョンの基礎
―なぜ、今ダイバーシティ&インクルージョンが大切なのか?
―ダイバーシティ&インクルージョンの意味とは?

●どうすれば、ダイバーシティ&インクルージョンが進むのか?を学ぶ
―心理的安全性の高い組織の作り方
―共創的対話(ダイアログ)スタンスのポイント

●多様性を受け入れ生かすコミュニケーションをワークショップ形式で学ぶ
―関係の質(相互信頼)を高める
(価値観を受け止め合う相互インタビュー&ポジティブフィードバック)
―多様性を受け入れ生かす職場のコミュニケーション
(面談/会議/仕事の振り返りなどの進め方)
【3時間】
【働き方改革】介護と仕事の両立のために、人事や上司・本人が知っておくべきこと
●仕事と介護の両立に関する社会環境
●仕事と介護の両立に必要な3つの視点 
●仕事と介護の両立シミュレーション(グループディスカッション) 
●自分も家族も倒れないようにするための家族とのコミュニケーションと、介護サービスの使い方・選び方 
●介護を抱える社員とのコミュニケーション
【3時間】
育児と仕事の両立 ~時間的制約を乗り越え、自分らしく成長し続けるために~
● 仕事と育児の両立に関する現状
● 育休復職後の「今」を見つめる
● 育休復職後の時短勤務における課題と解決策を考える
● 成長し続けるために~少し先の未来を見つめ、自分の「ありたい姿」を考える
【3時間】
(上司・管理職向け)育児と仕事の両立支援 ~マネジメントの心得とポイント~
● 女性活躍推進・両立支援に関する制度と課題
● 時短勤務者への効果的な対応とは
  ~時間制限がある中で本人の仕事への意欲を高めるためには
● 育休復職者のマネジメントのヒント
● 両立社員がいる職場を想定したケーススタディ(グループワーク)
● 明日からのマネジメントに生かすために
  ~具体的なアクションを考える

導入実績

導入社数 導入社数非公開
導入先 小規模の企業様・事業所様をはじめ、従業員数10,000人を超える大企業様まで幅広い企業規模のお客様に研修を活用いただいています。
サービス業・製造業など幅広い業種・業態の団体にご活用いただき、普段出会うことの少ない異業種の方との交流も受講生の方の良い刺激となっています。

よく寄せられる質問

リクルートマネジメントスクールのサービス内容や特長について教えてください。
1名からご参加いただける公開型研修サービスです。ニーズや課題に合わせて3時間から3日間の約140コースから選択いただけます。
どんな方が参加されていますか。
過去3年間で56業種、約8万人の方に受講いただいております。
日本語を母国語としない方の受講は可能ですか。
プログラムは日本語(ナチュラルスピード)で進行します。
日本語で問題なく業務遂行できるレベルの日本語力(聞く・話す・読む・書く能力)が必要ですので、ご留意ください。
チケット制サービスとは何ですか。
あらかじめ購入いただいたチケットで受講コースをお申込みいただけるサービスです。
3時間のコースのみご利用いただけます。セットでご購入いただくことで1コースあたり割安な金額でご受講いただけます。
チケットはどのように購入できますか。
チケットは、管理者登録後に管理者サイトよりご購入いただけます。
なお、チケットはWeb上でご購入・ご利用いただくもので紙面のチケットではありません。
請求書はいつ発行されますか。
チケット購入日の翌営業日となります