企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

HRカンファレンス2020-春-[東京]<ライブ配信> 参画企業
事業カテゴリ:
人材育成・研修
組織・人事コンサルティング
研修施設・会議室・他施設

株式会社ビジネス・ブレークスルー

https://www.lt-empower.com/hojin/

〒102-0084 東京都千代田区二番町3番地麹町スクエア2F
対応エリア:全国、海外、代表者名:柴田 巌、従業員数:183名、資本金:18億18百万円

育成・研修 【オンライン講座】問題解決リーダーシップ

周りを巻き込み、仕事やプロジェクトを推進する力を身に着ける

解決できる課題:マネジメント力向上リーダーシップ強化

このサービスのポイント

プロジェクトを推進する力を身に付ける
「目指すべき姿を明確に示し、解決策を見出す力」と「関係者を巻き込み、目指すべき方向に人を推進する力」を講義だけでなく多数の演習で体得します。
第一線で活躍を続ける講師陣を招聘
第一線で活躍を続ける豊富な経験と実績、知見を備えた企業経営者や経営コンサルタントなどの講師陣から体系的に学習することができます。
BBTの独自開発オンライン教育システム
インターネット環境とPCやスマートフォンさえあれば、いつでもどこでも学べます。早朝・昼休み・仕事後など、自分の好きな場所と時間に学習することができます。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア
費用 1)受講のみ 30,000円/名(税抜)
2)集合研修、AirCampus(オンラインディスカッション)を組み合わせた受講料金に
  ついては、別途ご相談ください。
導入社数 導入社数非公開
対象階層中堅社員管理職
対象職種全職種
テーマリーダーシップマネジメント
サービス形態eラーニング・学習支援システム
期間・回数・時間受講期間:3ヶ月
映像時間:約6時間

サービス詳細

概要

リーダーシップの全体像を体系的に学べる講座です。
レクチャーだけでなく内省しながら実務に活かせる演習を多数ご用意。
「目指すべき姿を明確に示し、解決策を見出す力」と「関係者(ステークホルダー)を巻き込み、目指すべき方向に人を推進する力」を学び、仕事やプロジェクトを推進する力を身に着けます。

こんな方におススメ
●リーダーシップの全体像を体系的に学びたい方
●リーダーシップ研修を受講したことがない方
●プロジェクトマネージメントを学びたい方

特長
■オンラインで国内外どこでも受講可能
■オンライン講座とオンラインディスカッションを組み合わせた研修も可能
■集合研修を組み合わせた研修も提供可能
※集合研修のみも承っております。

問題解決力トレーニングプログラムとは

問題解決力トレーニングプログラムは、世界的なビジネスコンサルタント、大前研一が学長を務める遠隔(オンライン)教育方式の大学「ビジネス・ブレークスルー大学(BBT大学)」が開講するオープンカレッジです。
BBT大学のオープンカレッジとして、ビジネスにおける問題を発見・解決し、前例のない環境の中で新しい道を切り拓くことのできる力を育成するための教育コンテンツを提供し続けています。BBTの独自開発オンライン教育システム(AirCampus®)を用いることで、フレキシブルな受講環境だけでなく、第一線で活躍しているプロフェッショナルの講師による質の高い講義を実現しています。

カリキュラム

トレーニング内容(オンライン研修)
日程・トピックス 内容
第1回
オリエンテーション
第2回
問題解決リーダー
問題とは何か、解決とは何か、リーダーとマネージャーの違い、などの基本ポイントを理解します。
第3回
ステークホルダーマネジメント
問題解決および変革にはステークホルダー(利害関係者)が存在します。ステークホルダーをいかにして巻き込むか、可視化するツール、当事者意識の醸成について学びます。
第4回
リスクマネジメント
リスクと問題の違い、リスク管理プロセス、リスク評価マトリクスについて理解し、チームを率いるリーダーの役割について理解をします。
第5回
チームビルディング
ヒト系フレームワーク(ハーマンモデル/ベルビンロール/タックマンモデル)について理解を深めます。また、各受講生ごとの特性分析をします。
(※集合研修のインプットになります)
第6回
リーダーの行動原則
リーダーが常に意識し、実践すべき行動原則について理解をします。
また、受講生自身のリーダー経験グラフを作成いただきます
(※集合研修のインプットになります)
第7回
コミュニケーション
問題解決を実現するためには、変革の移行管理と、多くの人の協力を必要とします。懸念を払しょくし、関心を引き付けるためのコミュニケーションフレームワークを学びます

サービス資料を無料ダウンロード