企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


HRカンファレンス2017 -秋-[東京] 参画企業
事業カテゴリ:
組織・人事コンサルティング
人材育成・研修
業務ソフト・ASP・システム開発

株式会社早稲田大学アカデミックソリューション

http://www.quonb.jp/

〒169-0051 東京都新宿区西早稲田1-9-12大隈スクエアビル2階
対応エリア:関東、代表者名:高木 範夫、従業員数:306名

わかりやすい文章を書くコツを身につける「ロジカルライティング研修」_画像

育成・研修 わかりやすい文章を書くコツを身につける「ロジカルライティング研修」

わかりやすい文章を書くために知っておくべき「論理的思考法」のコツを理解し、筋道の通った文章を書く方法を会得

解決できる課題:コミュニケーションの活性化キャリア開発・キャリア支援現場の業務効率化

このサービスのポイント

読み手が何を求めているのか?
「論理的思考法」のコツを理解し、筋道の通った文章を書く方法を会得していただきます。まず「読み手が何を求めているのか?」という論点を把握するところから始めます。
「結論ありき」のライティングを会得
ビジネスレポートや報告書は「結論ありき」だということです。その結論に至った背景や理由を分けて、筋道を立てて構成していくことが肝要です。
ロジカルライティングの技術を習得
ロジカルライティングの技術は、ルールを知り、徹底的にトレーニングを行うことで上達していきます。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 研修内容、時間、対象者数等により個別お見積り(例)1日(7時間) 45万円~
導入社数 1社 ※2017年5月期実績
対象階層新入社員若手社員
対象職種全職種
テーマロジカルシンキング・課題解決ビジネスマナー・ビジネス基礎
サービス形態研修講師派遣
期間・回数・時間0.5日間~1日間 (推奨:1日間)
対象人数15~40名

サービス詳細

わかりやすい文章を書くコツを身につける「ロジカルライティング研修」について

わかりやすい文章を書くために知っておくべき「論理的思考法」のコツを理解し、筋道の通った文章を書く方法を会得していただきます。わかりやすいとは、まず「読み手が何を求めているのか?」という論点を把握するところから始まります。自分が伝えたいことをただ書くのではなく、相手が知りたいことは何かを明確にし、それに応えていくことが重要です。次に大切なのは、ビジネスレポートや報告書は「結論ありき」だということです。その結論に至った背景や理由を分けて、筋道を立てて構成していくことが肝要であり、まさに論理的な組み立てが求められます。このようなロジカルライティングの技術は、ルールを知り、徹底的にトレーニングを行うことで上達していきます。

カリキュラム

【カリキュラム例】
日程・トピックス 内容
1日間の場合
ロジカルライティング研修プログラム
●イントロダクション
最初に、「わかりやすい文章とはどういうものか」を皆で考察します。

●ロジカルシンキングの基本
ロジカルシンキングの基本であるイシューツリー・ピラミッドストラクチャーの使いこなし方やCRFの原則を学びます。

●論理的な文章作成の基本スキル
コミュニケーションの6つの構成要素と論理的な文章の基本構造を理解します。

●企画書・報告書などの書き方の基本とひな形
ケーススタディを通して、さまざまな書類作成のコツを学んでいただきます。

●論理的な文章作成の演習
今まで学んだことを踏まえ、自分の伝えたいことを400字で文章にする演習を行います。

導入実績

導入社数 1社 ※2017年 5月 期実績
受講者の声

●自分が考えていることの構造を作り、文章を論理的に組み立てることで、説得力が違ってくる。書きながら自分の考えがまとまっていくのがわかった。
●1日学んだことを演習で確認できたのがよかった。やはりコツを知っているのと知らないのとでは大きな違いがあると感じた。