企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修

株式会社話し方研究所

http://www.hanashikata.co.jp

〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-10-16第8センタープラザ7階
対応エリア:全国、海外、代表者名:福田 賢司、従業員数:13名

育成・研修 説明力研修

「話の効果は“相手”が決める」の原則のもと、
相手に主眼を置いた「伝わる」説明を実現する

解決できる課題:コミュニケーションの活性化マーケティング強化顧客満足度の向上

このサービスのポイント

伝えることと伝わることの違いを認識
伝えたいことは、話せば伝わると勘違いされがちです。現実はコミュニケーションロスが多く伝わらない、誤解されることは頻繁にあります。
説明における自分の特徴・課題を掴める
自分の説明に対する他人の率直な評価が学びにつながります。相互評価方式の実習と講師からのコメントで、徹底的に気づかせる研修です。
伝わる説明の技術を習得できます
「わかりやすく・簡潔に・印象深く」という3つの原則に基づいた独自のスキルを学習し、理解させ納得を得られる説明の実現に貢献します。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 1日あたり35万円をお見積いたします(企画料別途、消費税別途)
導入社数 導入社数非公開
対象階層全階層
対象職種全職種
テーマコミュニケーションプレゼンテーション
サービス形態貴社での集合研修[講義・ワークショップ]
期間・回数・時間1日間、2日間 ※貴社に合わせてカスタマイズいたします。
対象人数15~25名が適正人数です。その他はご相談させてください。

サービス詳細

説明力研修について

企業の戦略を実行に移すのは、現場の社員です。
彼らの、伝え、わからせる力の影響が成果を左右することを考えると、そのスキルに磨きをかけることが大切なのは言うまでもありません。
『伝達し、相手から納得を引き出す』力を養う。
社内では、円滑なコミュニケーションを築き、社外では、お客様の信頼を得られる企業を目指しましょう!

●研修の目的と特徴
“伝えること”と“伝わること”の違いを認識できます
伝えたいことは、話せば伝わると勘違いされがちです。現実はコミュニケーションロスが多く伝わらない、誤解されることは頻繁にあります。

説明における自分の特徴・課題を掴むことができます
自分の説明に対する他人の率直な評価が学びにつながります。相互評価方式の実習と講師からのコメントで、徹底的に気づかせる研修です。

伝わる説明の技術を習得できます
「わかりやすく・簡潔に・印象深く」という3つの原則に基づいた独自のスキルを学習し、理解させ納得を得られる説明の実現に貢献します。

●おもな対象者
(階層)新入社員、若手社員、中堅社員、管理職、経営幹部クラスなど
(職種)営業職、コールセンター、システムエンジニア 説明が求められる職種はすべて対応可

導入実績

導入社数 導入社数非公開
導入企業実績例
大手電器メーカー系 情報システム会社(S社)

●研修名
説明力向上研修(2日間コース)

●対象
営業・SE・スタッフ 16名

●導入背景
従来、グループ会社への内販営業が中心だったが、今後将来的に、新規のお客様への営業(外販)をターゲットにした戦略を模索中。本研修より、わかりやすく話すことを前提に、お客様との関係構築強化から顧客を想定した実践的な説明発表実習を行う。一人ひとりの講師から個別コメントを提供し、自身の課題を克服する2日間研修。

●受講者の声
・「相手に「どう聞かれるか」という視点に立ち、説明することを疎かにしていた。自分の伝えたい内容を話す前に、情報収集をし、簡潔にわかいやすい構成にすることを心掛けていきたい」
・「本研修を通じて、わかりやすい説明の前提には、相手との良好なコミュニケーションを築くことからはじめなければならないことに気づかされた。」

導入企業実績例
大手商社関連会社(T社)

●研修名
説明力強化トレーニング研修(1日コース)

●対象
経営幹部クラス(事業部長・部長クラス) 12名

●導入背景
社内会議(役員会議)において、要領を得ない説明や既に話している内容を何度も繰り返したりと、会議における効率が上がらないことと、部下への方針伝達や業務指示など、上司側が部下側に合わせた伝達ができておらず、時々トラブルになることがあった。
本研修では、管理職以上に求められる説明の考え方を提供するとともに、実習においては全員が全体前発表を複数回にわたって経験し、講師コメントを直接受ける回数を多くすることで、個別の課題解決に向けた研修を実現した。

●受講者の声
・「実践的な内容で、今まで説明内容の整理、構成、話をするうえで留意/注意するべき点も十分認識しないまま説明していたことを反省できた」
・「具体的な改善ポイントを複数見つけることができた。講師から客観的なご意見をいただくことが非常に役立ったと思う。」