企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修
人材アセスメント・サーベイ

右脳と左脳のバランスにこだわった、ビジネスで確実に活きる「人財が変わる」研修を提供します株式会社シンスター

カブシキガイシャシンスター

http://www.shinstar.co.jp/

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-9-2大畠ビル 10F
対応エリア:全国、代表者名:井上浩二、従業員数:6名

育成・研修 女性管理職候補育成【キャリアデザイン×ビジネススキル研修】

自分らしい管理職になるためにキャリアデザインをし、管理職になった時に自信をもって仕事に臨めるビジネススキルを身に付ける!

解決できる課題:女性活躍推進ダイバーシティ&インクルージョン推進キャリア開発・キャリア支援

このサービスのポイント

自分の価値を見出し、それを最大限に活かす
自分は何を大切にし、どんな強みがあるのか?また周囲は自分に何を期待しているのか?会社というステージで自分らしい管理職になるためのキャリアデザインを行います。
いざ管理職になった時に困らないために
キャリアをデザインしたものの多くの女性たちは現場での経験が不足しています。いざ管理職になった時に困らないためにも管理職に必要なビジネススキルをマスターします。
インターバルは上司×部下の二人三脚で実践
いくら女性だけが頑張っても効果は限られます。直属の上司にも部下支援のノウハウを学んでもらい、インターバル期間には上司と部下の二人三脚で課題をこなして頂きます。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 1日50万円~ 日数や時間、スキル研修のプログラムにより料金は異なりますのでお気軽にお問合せください。
導入社数 導入社数非公開
対象階層若手社員中堅社員
対象職種全職種
テーマ意識改革・モチベーション向上キャリア開発
サービス形態貴社での集合研修[講義・ワークショップ]
期間・回数・時間上司研修1回、女性向け研修2回~3回が標準です。インターバル期間の課題あり。

サービス詳細

女性活躍推進に欠かせない3つの柱

◆近い将来、管理職として活躍できる女性社員を増やしたい
◆ロールモデルとなるような女性社員を育てたい
◆管理職候補者として必要な意識やビジネススキルを身につけてもらいたい
◆上司や管理者の意識を変えて女性たちが活躍しやすい環境を作りたい

女性活躍推進を本気で取り組み始めた企業様にぜひ導入いただきたいプログラムです。

時代の流れに乗り、会社や周囲がいくら後押しをしても、女性本人のキャリア意識が高まらないと、女性は自分でキャリアにブレーキをかけるだけでなく、上司もまた経験を積ませるための仕事を与えることに躊躇してしまいます。その結果、女性管理職候補のキャリア形成と、その為に必要となるビジネススキルを身につける機会がなくなり、会社が思ったような女性管理職が増えなく、さらにキャリア意識が低くなるというスパイラルに陥ってしまいます。

この様な状況を避け、女性の活躍を企業で進めるためには、3つのアプローチが不可欠でどれか一つが欠けても成功はしません。

1つ目は、女性のキャリア意識を向上させるために、自分の価値観を活かして管理職として活躍できるイメージを持てるようになること、つまりキャリアデザインの支援。

2つ目は、管理職として活躍するにあたって必要となるビジネススキルを身につけることで、キャリアアップに対する自信をつけ、また実際に管理職になった時に経験の不足を補える力をつけること。

3つ目は、女性たちの上司も部下を理解し、キャリア開発を支援するために必要な環境を整えるために必要な考え方を学んで、継続的な支援を行う方法を身に付けることが重要になります。


 
自分ならではの「管理職」を目指すことが重要

 

「管理職になる」この言葉を聞いたとき、女性によっては、男性の価値観に自分を同化させること、男性と同じように働くことができる人だけが目指すポジション、出産・育児等のライフイベント等を考えた場合のワークライフバランスへの不安、力不足から周囲に迷惑をかけることになるのではという心配・・・等々、ネガティブなイメージや不安を連想してしまう事も少なくありません。

本研修では、キャリアデザイン研修を通じて、3つのステップを踏みながら、「自分らしい管理職」を目指します。

①自分を知る
自分はどんな人物か?どんな傾向があるのか?どんな価値を大切にしているのか?自分にとっての仕事はなにか?ライフキャリアチャートやエニアグラムといったワークを使いながら「自分」の棚卸をして仕事をする上で自分が大切にしていく「軸」を発見します。

②環境を知る
会社で働く以上は、周囲(自分の職場からの期待・会社の方向性)も理解し、それを自分のキャリアデザインにも活かしていく必要があります。周囲は自分をどう見て、何を期待しているのか?会社はこれからどのような方向に進んでいくのか?自信を客観的にみると同時に、視点を高くしてキャリアを考えてきます。

③キャリアをデザインしアクションプランを立てる
①と②及びインターバルにおける上司との対話を通じて、最終的に自分が目指すべき数年後の姿を具現化していきます。その実現のために必要なアクションプランを立て、「行動にうつす勇気をもつ」覚悟を持ち帰ります。

スキル研修がなぜ必要とされるのか?

女性活躍推進の流れにのり、会社が後押しをして、本人もキャリア研修を受けモチベーションもアップ。ですが、いざ管理職になった時に「自分の力不足」の壁に必ずぶつかってしまい、自分も自信をなくし、周囲からも「やっぱりダメ」という烙印を押されてしまう、、、という事はよく聞く話です。

女性は男性に比べ、職場において与えられる「経験」が圧倒的に少ないと言われています。既に社内で様々な研修を受けている女性も多くいますが、本プログラムでは貴社の女性社員が最も弱いと思われる分野にフォーカスしたビジネススキルを導入します。

自分も挑戦できるという自信を持つだけでなく、いざ管理職になった時にも困らないで「自分の得意分野」を発揮できるよう、ビジネススキルでしっかりと底上げをすることが大切になります。


 
上司の育成がなければ効果は半減する

 

本プログラムは、女性社員だけではなく、その上司も研修対象となり、インターバル期間を含め、以下の様な形で深く部下と関わって頂きます。

【上司向け研修及びインターバルの課題例】
◆集合研修により部下支援の方法を学ぶ(女性研修の1か月前)
◆女性研修の各回のインターバルで面談しレポートを作成
◆部下に向けた手紙を執筆
◆オプション:必要に応じてインターバル期間にも集合研修を実施

その一番の理由は、女性社員の活躍は、上司の継続的な支援がなければ成り立たないことにあります。部下と対話を繰り返すことで相手を理解し、部下が進みたいと考えている方向に進める様に支援し、そのためのチャンスを仕事で与えることができるのは直属の上司しかいないからです。

カリキュラム

女性管理職候補育成研修プログラム例
日程・トピックス 内容
上司向けキャリア開発支援研修(女性研修の1ヶ月前)
部下支援の方法を理解し、継続的にサポートができるようになる
①個の活躍を支援するピープルマネジメント
個の活躍を支援するピープルマネジメントとは / 部下の支援に必要な考え方(経験学習支援とキャリア開発支援)

②部下支援に必要な対話スキル
部下との対話のポイント解説(対話デモ) / 部下の成長を促すかかわり(ロールプレイ)

③キャリア開発のプロセス
自己のキャリアを題材として、キャリア開発のプロセスをウォークスルー

④自分を知る
エニアグラムを用いた自己の価値観の分析

⑤部下育成のアクションプラン
アクションプラン作成 / インターバルの課題説明
第1回目:女性向け研修
テーマ:自分を知る+ビジネススキル研修①
①はじめに:会社からのメッセージ(期待の伝達) / プログラム全体の目的、概要の説明 / 自己紹介

②キャリアとは?:キャリアとは何かの解説 / キャリア開発のプロセスの解説 / 受講者自身の課題の共有・整理

③自分を知る:エニアグラムを用いた自己の価値観の分析 / 他者の価値観との違いの理解 / これまでのキャリアストーリー分析に基づく、自己の価値観の分析、共有

④ロールモデルセッション:女性先輩管理職の話を聞く

⑤アクションプラン策定:次回研修までのアクションプラン立案と課題の説明

⑥ネットワーキング:受講者で交流

2日目にビジネススキル研修を実施。次回までの課題あり。
第2回目:女性向け研修
テーマ:環境を知る+ビジネススキル②
①振り返り:前回の振り返り / 上司・職場での対話の共有

②周囲の期待を知る:周囲のメンバーから自身に寄せられる期待についての振り返り、整理

③ビジョンを描く:ビジュアルワークによって、自分らしい活躍イメージを構想

④自分の強みと弱みの理解:「思考・行動特性診断」の結果に基づき自分の強みと弱みを分析

⑤アクションプラン策定:自分らしく活躍するためのアクションプランの作成

2日目にビジネススキル研修を実施。次回までの課題あり。
第3回:女性向け研修
テーマ:リーダーシップ
①振り返り:前回の振り返り / 上司・職場での対話の共有

②会社の現状を知る:経営層からのメッセージをもとに、会社の課題を理解 / 会社の現状・これまでの活動を振り返り、会社の課題を自分達で考える

③目指したい会社の姿を描く:目指したい5年後の会社の姿をグループで討議

④課題を明らかにする:女性が活躍する会社を実現するために、自分たち、各々が取り組むべきことを検討

⑤行動宣言:一人ひとりによる行動宣言(経営層も参加)

プログラムの間又は第1日目にビジネススキル研修(「巻き込み力」を推奨)を実施。受講者のレベルにより「会社」ではなく「職場」にする、もしくはリーダーシップを省略も可能。

導入実績

導入社数 導入社数非公開
導入先 ミサワホーム様他で実施。
導入事例の
ダウンロード資料
  • ミサワホーム株式会社「女性社員向けキャリアアップ研修」事例インタビュー
  • サービス資料を無料ダウンロード