企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修
人材アセスメント・サーベイ

右脳と左脳のバランスにこだわった、ビジネスで確実に活きる「人財が変わる」研修を提供します株式会社シンスター

カブシキガイシャシンスター

http://www.shinstar.co.jp/

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-9-2大畠ビル 10F
対応エリア:全国、代表者名:井上浩二、従業員数:6名

育成・研修 【ロールモデルに刺激を受ける!女性社員モチベーションアッププログラム】

「仕事を楽しんでいる」ロールモデルの人たちは何が違うのか?パネラーからヒントをもらい「楽しみ上手」な自分になるためには?

解決できる課題:女性活躍推進モチベーションの向上キャリア開発・キャリア支援

このサービスのポイント

ロールモデルからヒントを盗みだす!
社内または社外で仕事を楽しみながら続けているロールモデル数名に、ご自身のキャリアや、仕事を楽しむための秘訣をパネル方式でお話しいただきます!
現在の自分となりたい自分のギャップとは?
自己分析ワークをしながら今の自分の現状を理解した上で、未来イメージとその実現の為に必要な事は何か?具体的な自分の姿をイメージをしながら考えます。
自分もできる!自信を持つきっかけを作る!
パネリスト、同世代の女性達とのディスカッションを通じて、自分の良さや新たな価値の発見、不安の解消を行い「自分もできる」という自信をつけて頂きます!

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国海外
費用 半日間30万円~ 外部パネラーの場合は人数とパネラーのお役職により費用が変りますのでご相談ください。
導入社数 導入社数非公開
対象階層若手社員中堅社員
対象職種全職種
テーマ意識改革・モチベーション向上キャリア開発
サービス形態貴社での集合研修
期間・回数・時間3時間~開催可能。
対象人数10名~15名が最も効果の出る人数です

サービス詳細

ロールモデルがいない!という現状で一気にモチベーションダウン

 

とある独立行政法人が、入社当時「管理職を目指したい!」と考えていた女性が全体の6割半にもかかわず、わずか入社2年目でその数が4割に減っているという調査結果を発表しました。

その理由は「両立に不安を感じる」「自分には能力がないと感じる」「今の管理職のようには働きたくない」等、様々ありますが、全ては「こうなりたい」「自分だってできるかも」と思えるロールモデルが身近にいないことが大きな要因となっています。

本プログラムでは社内または、該当者がいない場合は弊社のネットワークを通じて社外から、受講者のロールモデルとなりうる女性達をお呼びして、ご自身の今までのキャリアや、苦労したこと、仕事を楽しむために工夫している事等をお話しいただきます。

「こういう生き方もあるのか」「こんな風になるって楽しそう」と目指したいと感じる姿を目の当たりにすることが、自分のキャリアアップを考えるきっかけにもなります。

自己分析で自分の強み・弱みがモチベーションにどう影響するのかを理解する

 

人生にも仕事にも山あり谷あり。仕事でもプライベートでも上手く行く時とそうでない時があるのは当然です。ですが、上手く行かない時、それをプラスに変える事が出来る人と、その波に呑まれてしまう人がいるのはなぜなのか?「プラスに変えられる人はラッキーなだけ」ではないはずです。

パネラーの話を聞いてヒントをもらった後は、自己分析ワークで、自分の強みや弱みを理解し、それが自分のキャリアにおけるモチベーションのアップダウンにどう影響してきたのかを冷静に見直していきます。その結果をペアワークで他の参加者と共有をし、自分のキャリアストーリーと自分自身を人に語ること、またその内容に関して人からフィードバックをもらうことで、今まで見えてこなかった自分の「強み」や「良さ」に気づきを得ることができるようになります。

不安や心配を抱えているのは「自分一人ではない」という支え

 

職場に普段自分の悩みや不安を腹を割って相談できる相手がいない場合、1人で悩みを抱えてついついネガティブな思考に陥りがちです。セッションを通じて、様々な視点を持つ人や自分と同じ立場にある人に「自分の話を聞いてもらうこと」、そして会話を通じて「悩んでいるのは自分だけではない」と感じることは、次のステップに進むためのきっかけになります。社内、または外部におけるネットワークの構築にもつながり、悩みを共有できる人がいるという心の支えが持てるようになります。

カリキュラム

【プログラムの全体構成例】
日程・トピックス 内容
キャリアとは?
【キャリアビジョンや自分の目標を持つことの大切さを理解する】
自社がなぜこのような取り組みを推進しているのか?自分たちに期待されていること何か?を理解した上で、自身にとっての「キャリアアップ」とは何かを考える。
パネル
ディスカッション
【ロールモデルになり得る人達の話を聞くことで、ヒントを得る】
社内、または外部のロールモデルとなり得る方によるパネルディスカッション。ご自身のキャリアでのピンチやマイナスの時をどう乗り越え、その要素をプラスに変えていったか、またその際の自分なりの工夫やポイントを聞くことで「楽しむ」ヒントを得る。
自己分析
ワーク
【自身を見つめ直し、自己の価値観・強み・弱み等を理解する】
自身の置かれている状況を整理した上で、自分の強みや弱みを理解し、それが自分自身の「楽しむ」にどう影響を及ぼしているかを深堀する。同時に他者からみた自分の特徴や良い所を客観的に知る事で、新たな発見につなげる。
未来イメージ
の形成
【自身のなりたい姿を具体的にイメージすることで目標を持つ】
パネルディスカッションと自己分析ワークを参考に、「楽しみながら仕事をしている」自分自身のありたい姿を具体的にイメージし、そのためにするべきことは何かを考える。
グループ
ディスカッション
【近い立場にいる他受講者と自身の思いを共有し、具体的な実践イメージと自信を得る】
自分の未来イメージの実践のために不安に思う事、アドバイスが欲しい事、他の人に聞いてみたい事などをぶつけ合い、お互いに助言をし合うことで、具体的なノウハウや実践できるという自信を得る。同時に社内における横のつながりのネットワークを創り上げる。
まとめ
【イメージの達成に向けて、具体的なアクションを考え、実行するという意識を持つ】
行動宣言を行い、未来の自分からのメッセージ、受講者からのメッセージを作ることで、変わるためには自分の意識と行動がなければならないという意識を強く持つ。

導入実績

導入社数 導入社数非公開
導入先 女性社員のモチベーションアップ、女性活躍推進の取組の初期段階に導入されています。
導入事例の
ダウンロード資料
  • ミサワホーム株式会社「女性社員向けキャリアアップ研修」事例インタビュー
  • 導入企業・受講者からの声

    ●楽しみは人任せではなかなかやってこない。自分で考えて動くことで楽しみが近づいてくる。考えたり悩んだりしたことは、具体的に動いてみることが大事。今後の人生でヒントになるキーワードをいただきました。頑張っている仲間と情報交換できたのも有意義でした。(受講者 30代 メーカー営業職)

    ●事前ワークと自己分析の手法で今自分の現状を客観的に把握でき、パネラーの方やグループディスカッションで周りの話しを聞くことでより「なりたい自分」が明確になりました。固すぎず「楽しみ」ながらというコンセプトに沿ったプログラムだったと思います。(受講者 20代 コールセンター)

    ●将来のビジョンが描けておらず、ただただ毎日忙しく働くというだけだったので、3年後どうなっていたいかという事を具体的に考えそうなる為に自分の強みや弱みをどうすればいいのかという事を書きだす事で、自分がやるべき事が分かりとてもスッキリ?!しました。(受講者 30代 マスコミ)

    ●今後の自身のビジョンについて考えさせるキャリア研修の一環として導入。業界的にも女性比率が低くロールモデルが社内にいないこと、また働く女性として選択の幅が広い中で、近い業界で活躍する方をパネラーとして招き、お話をきけたことは受講者にとって非常に得るものが多かったように感じた。(企画担当者)

    ●出産を経て復帰した人の例が少ないことから、キャリアを不安視し、モチベーションが全く上がらない層に対して研修を導入。同じような悩みを抱えた経験がありそれを乗り越えた人から話を聞くこと、また社内で同じ悩みを共有できたことが「自分だけではないから頑張ろう」という気持ちにつながったようだ。ワークは自分の現状を俯瞰するのにふさわしい内容だったと感じている。(企画担当者)

    サービス資料を無料ダウンロード