企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
組織・人事コンサルティング
人材育成・研修
人材アセスメント・サーベイ

株式会社リクルートマネジメントソリューションズ

http://www.recruit-ms.co.jp/open-course/

〒141-0032 東京都品川区大崎1-11-1ゲートシティ大崎 ウエストタワー
対応エリア:全国、海外、代表者名:代表取締役社長 奥本英宏、従業員数:320名、資本金:1億10百万円

【新任管理職】スタートアップ研修プラン!_画像

育成・研修 【新任管理職】スタートアップ研修プラン!

押さえるべき必須の研修+
課題別3つの研修プランをご紹介

解決できる課題:研修計画・設計・手法[研修設計]マネジメント力向上管理職層の能力開発

このサービスのポイント

年間1万2000人超が受講する管理職研修
マネジメント研修のスタンダード!「新任管理職に基本を学んでほしい」「既任マネージャーに自分のマネジメントを見直す機会として欲しい」などのご要望にお応えします。
課題別の管理職研修を選択可能
部下の育成・コミュニケーション、目標設定や評価、コンプライアンスなどのリスク対応などの課題別に選択できます。

サービスDATA

対象企業規模 1人~100人101人~500人501人~1000人
対応エリア 全国
費用 15万円/名(税抜)など(選択プランにより変わります)
導入社数 導入社数非公開
対象階層管理職
対象職種全職種
テーママネジメント
サービス形態通学型[ワークショップ・講義]
期間・回数・時間●マネジメントの原理原則を学ぶ管理職基礎研修(MBC-f)【1泊2日】
他、選択コースで変わります。3時間~1日間

サービス詳細

昨今の新任管理職に必要な育成とは?

「管理職に課題を感じている」
「新任管理職は実施しているけど、イマイチ効果が感じられない」など、

人材育成のお悩みで一番伺うことが多いテーマは「管理職のマネジメント強化」です。
組織の要である管理職層に課題があると、戦略、事業の推進が予定通り進まなかったり、部下のモチベーション低下や若手の離職増加など、組織全体に大きな影響を及ぼします。
一方、仕事の難易度は上がり、業績圧力は高く、プレイヤーとマネジメントを両立しなければならない、など管理職の置かれている環境は益々厳しくなっています。
リクルートマネジメントスクールでは管理職のマネジメント力向上のために、課題別に管理職の育成プランをご用意しています。

業種・業態に限らず、どんな職場でも求められることは
まず「プレイヤーからの脱却」

「新任管理職にコーチングを受けさせたい」「コンプライアンスを身につけさせたい」と具体的なお話をいただくことがありますが、その前にと必ずご紹介していることがあります。
もちろんそれらの知識・スキルも必要なものですが、その前提として「管理職とはどういう役割なのか」を最初に押さえておくことが何より重要です。
管理職の役割は「人を通して仕事をする」ことです。それまで優秀なプレイヤーとして仕事をしてきた人が管理職になると、この役割転換ができずに苦労することがあります。
リクルートマネジメントスクールではそれらを「マネジメントの原理原則」として討議やケースワークを通して身につけていただく研修をご用意しています。


 
年間1万2000人超が受講する
マネジメント研修のスタンダード!

●マネジメントの原理原則を学ぶ管理職基礎研修(MBC-f)
「新任管理職に基本を学んでほしい」「既任マネージャーに自分のマネジメントを見直す機会として欲しい」などのご要望にお応えする研修です。マネジャーが自らの役割を正しく理解せずに、マネジメントを行うのは組織力を弱めてしまう要因にもなりかねません。
マネジメントには体得すべき原理原則があります。その原理原則を、受講者は日常の判断や行動を振り返り、議論・内省することで深く理解する。その結果、継続的に成果をあげるための「マネジメントの基礎」を身に付けることが、本研修の狙いです。

<課題・ニーズ>
・新任管理職研修としてマネジメントの基礎を学ばせたい。
・今まで研修を実施したことがなく、社内で初めて研修を導入するが、まずは、管理職強化から開始したい。
・マネジメント力が弱く、若手社員が育たない、優秀な社員が辞めてしまう状況をなんとかしたい。
・マネジャーの能力を向上させて、会社の業績をさらに高めたい。
・会社の規模・組織が大きくなり、マネジャーのマネジメント能力を高める必要がでてきた。

<プログラムの特長>
1.自ら気づき、考えるプログラムだから、実践につながる
2.職場実践へのリアリティを高めるケース研究
3.マネジメントの原理原則を体系的に理解
※プログラム詳細については、下記「カリキュラム」を参照ください。

課題①
部下の育成・コミュニケーションが上手くいっていない

●コーチング~実践!管理職・リーダーのためのコーチング・コミュニケーション~【1日】
管理職やリーダーなど、メンバーや後輩指導・育成に関わるすべての方に必要な、コーチングの基本スキルと求められる姿勢について学びます。「やっているつもり」でも「実際はなかなか難しい…」「どうしたらもっとうまくいくのか知りたい…」という方に、日常のコミュニケーションの質を高めるための気づきやポイントを、演習やディスカッションを交えて実践的に体験・理解いただけます。

<課題・ニーズ>
・価値観が異なるメンバーや後輩に対し、どう関わっていけばいいのかわからない
・多様なメンバーや状況にあわせた効果的なコミュニケーションがとれるようになりたい
・メンバーにもっとやる気をだしてもらいたい
・本人の成長意欲をもっと引き出したい
・自分とメンバーとの関係を見直し、上司・リーダーとして適切な関わり方ができるようになりたい

<プログラムの特長>
1.部下の成長を促すコミュニケーション
2.プロコーチによる具体的な指導
3.実際の部下を題材として学ぶことで実践を促進
4.管理職自身の成長も後押し
5.日常のコミュニケーションにも有効

●部下の行動と学習を促進する「1対1ミーティング」のすすめ~効果的な進め方とポイント~
部下との面談が一方通行になっていませんか?
面談を通じた部下との関係づくりや適切な支援のあり方など、面談を進める上でのポイントを実践的に学びます。

<課題・ニーズ>
部下との定期面談をどのように進めたらいいかがわからない
面談の限られた時間の中で、部下に心を開いてもらうためのアプローチが知りたい
進捗確認だけでなく、部下のやる気を引き出し、意欲的に仕事に取りくんでもらえるように促したい
ティーチングとコーチングを意識して使い分けて、適切な指導ができるようになりたい

課題②
目標設定や評価に不安がある

●管理職のための目標管理制度(MBO)の基本~よりよいマネジメントのために~
目的達成につながる組織目標の設定、出来ていますか?
組織の成果と成長につながる、マネジメントツールとしての目標管理制度(MBO)の意義と活用を学びます。

<課題・ニーズ>
・管理職として、自組織の目標設定のあり方について学びたい
・目標管理制度(MBO)の意味・意義がわからない

●管理職のための評価の基本
「人を評価するのは難しい・・」と苦手意識をもっていませんか?
評価を年数回のイベントにせず、評価を通じた育成とマネジメントを実現するための考え方、評価の基本的なスキルを学びます。

<課題・ニーズ>
・マネジャーとして評価を行うことの責任は感じているが、当面業績を上げることに追われ、評価を
 負担に感じている
・評価結果を部下に説明し、納得させることが難しい
・自社で評価者としての基本的なスキル研修を受ける機会がない

課題③
コンプライアンスなどリスクへの対応が十分にできていない

●コンプライアンス対策の基本~管理職として押えておくべき知識~
問題が起きてから慌てることのないように。
管理職として知っておくべきコンプライアンス問題の基本知識を、具体的な事例とともに学びます。

<課題・ニーズ>
・コンプライアンス問題について、きちんと教育ができていない/学んだことがない
・コンプライアンス研修を実施しているが、法律の知識学習のみで、コンプライアンス問題の本質まで理解
 できていない
・コンプライアンス問題を自分ごとと捉えていない
・意識のどこかで「自分の部署は大丈夫だろう」と思ってしまっている

●管理職のための『実践的』人事労務管理
トラブルが起きたとき、自信を持って対処できますか?
人事労務管理に関する基本的な法律知識とトラブルへの対処方法について、職場で起こりがちなケースを通じ、ポイントを学びます。

<課題・ニーズ>
・職場で起こりがちな人事労務問題への適切な対処方法を知りたい
・トラブルが起きたときに何をすればよいか/何をしてはいけないかを、法律的な知識だけでなく、
 マネジメント上の観点から適切な判断ができるようになりたい
・人事労務管理上の問題で、どのように対応するか悩ましい部下がいる

カリキュラム

日程・トピックス 内容
必須
【2日間】
マネジメントの原理原則を学ぶ管理職基礎研修(MBC-f)
<1日目:09:30~12:00>
●オリエンテーション
●相互理解
●管理の基礎(演習)
・個人研究
・グループ討議
<1日目:13:00~21:30>
●管理の基礎(演習)(続き)
・全体討議、解説
・振り返り
●仕事の管理(演習)
・個人研究
・グループ討議(夕食)
・全体討議、解説
・振り返り

<2日目:09:30~12:00>
●部下育成(演習)
・個人研究
・グループ討議
・全体討議、解説
・振り返り
<2日目:13:00~18:30>
●マネジメントを考える(ケース研究)戸山主任のケース
・個人研究
・グループ討議
・全体討議、解説
・振り返り
●開発計画の作成
●まとめ
課題別に選択
【1日】
コーチング ~実践!管理職・リーダーのためのコーチング・コミュニケーション~
<09:30~12:00>
●イントロダクション

●自己分析
 ・自分の課題に気づき、自分の目指すべきゴールを確認する

●メンバー分析
 ・メンバーのWILL(意欲)、CAN(能力)、MUST(会社から与えられた職務)を理解し、
  育成のポイントを明らかにするメンバー指導の4つの方法

<13:00~18:00>
●メンバー指導のためのスキル(コーチング)
 ・基本的なスタンス
 ・スキル1:傾聴
 ・スキル2:質問
 ・スキル3:認知

●総合演習

●アクションプラン作成
 ・今後に向けて、メンバー育成のための目標を設定し、行動計画を作る
課題別に選択
【3時間】
部下の行動と学習を促進する「1対1ミーティング」のすすめ~効果的な進め方とポイント~
● オリエンテーション
● 部下との面談について
  └ 面談の種類と3つの関わり方
  └ 面談の進め方
● 場の雰囲気を作る・意識する
  └ 自分が無意識に出しているインパクトを知る
  └ 信頼関係を作るコツ
  └ 自分が作りだしたい雰囲気を考える
● 面談の実践(ロールプレイング)
  └ ティーチング的関わりとコーチング的関わり
● 振り返りと行動計画
  └ 振り返りと行動計画の作成
  └ 行動と学習を進めるための関わり方
● 全体共有・まとめ
課題別に選択
【3時間】
管理職のための目標管理制度(MBO)の基本~よりよいマネジメントのために~
● オリエンテーション
● 目標管理制度(MBO)の概要
● 組織目的を置く
● 組織目標を設定する
● 期待目標を伝える
課題別に選択
【3時間】
管理職のための評価の基本
● マネジメントにとっての評価の意味
● 評価の基本的な考え方
● 行動評価の基本スキル
● 評価の納得感を高めるために
課題別に選択
【3時間】
コンプライアンス対策の基本~管理職として押えておくべき知識~
● オリエンテーション
● 企業と個人にコンプライアンスが必要な理由
└ 最近の企業の不祥事
● 求められるリスクセンス(コンプライアンスリスクを中心に)
└ 管理職に求められる経営判断の原則とリスク管理
└ 社会の構造変化を把握
└ リスクにはどのようなものがあるかを把握
● 具体的な諸問題への対応
└ 商品・サービス市場(モノ)での問題
└ 金融市場(カネ)での問題
└ 人と組織(ヒト)での問題
└ 情報マネジメント(情報、知的財産)での問題
● もしもの時にどう動くか?
└ 管理職の最初の対応が、その後を決める
└ 危ない組織(同調圧力、属人文化など)について知る
● 実践に向けて
課題別に選択
【3時間】
管理職のための『実践的』人事労務管理
● オリエンテーション
● 人事労務管理の重要性
● 労働法規と人事関連規定
● ケーススタディ(1) これだけはおさえておきたい基本編
└ 労働時間に関する問題
└ メンタルヘルス問題
└ セクハラ・パワハラ問題
└ 適切な部下指導・管理
● ケーススタディ(2) 昨今起こりがちな問題への対応編
└ ブログやSNSの利用
└ 勤務中のスマホ利用や私用メール
└ 喫煙のための離席が多い部下
● 管理職への期待

導入実績

導入社数 導入社数非公開
導入先 年間1万2千人超が受講するマネジメント研修のスタンダード!

サービス資料を無料ダウンロード