企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
福利厚生

We Connect, You Win株式会社エデンレッドジャパン

カブシキガイシャエデンレッドジャパン

http://ticketrestaurant.jp

〒101-0054 東京都千代田区神田錦町1-21-1ヒューリック神田橋ビル10F
対応エリア:全国、代表者名:マリック・ルマーヌ、従業員数:40名

社員の健康を促進する、利用率99%の 福利厚生用の電子食事カード_画像

他 福利厚生 社員の健康を促進する、利用率99%の 福利厚生用の電子食事カード

チケットレストラン (食事補助ソリューション)

解決できる課題:健康管理・メンタルヘルス対策離職率低下・リテンションモチベーションの向上

このサービスのポイント

健康的な食事を推奨し、 社内を活性化!
社員のメリット
●健康的な食事をとることを促進できる

会社のメリット
● 生産性をあげ、健全な会社経営を支えることができる
満足度が高い 福利厚生 ~利用率99%
社員のメリット
● 全国55,000以上の飲食店やコンビニエンスストアで利用可能

会社のメリット
● 使用を「食事」に限定でき、会社の目的を反映できる
非課税のメリットとコストパフォーマンス
社員のメリット
● 可処分所得を増やすことができる

会社のメリット
● ネットで完結 システム導入不要
● 運営費や在庫管理が不要なので、ロスが少ない

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 初期費用: 0円~ ※導入人数より異なります。詳細はお問合せください。
導入社数 約2000社 ※2017年11月期実績
サービス形態代行・アウトソーシング

サービス詳細

健康的な食事を推奨し、社内活性化!
カロリーに配慮したメニューのお店で利用可能。

社員の健康維持は、会社の健全的な運営に大きく影響します。

社員の健康をサポートする手段として ユニークな福利厚生は、「食事補助」です。
健康的な食事を補助して、ランチの時間をしっかりとることを推奨することにより、
貴社の社員の皆さまは 活き活きと働くことができるのです。

電子食事カード『チケットレストラン タッチ』は、ナチュラルローソンや、カフェなど、
カロリーや食材に配慮したメニューを提供するお店でも利用することが出来ます。

また、会社が提供する福利厚生をはっきりと「可視化」することも可能です。
「会社は自分のことを気にかけてくれている」という 帰属意識や愛社精神も培われ、
長期的には離職率低下や採用のときのアピールポイントにもなります。
電子食事カード『チケットレストラン タッチ』は、カードとして可視化されており、
利用するたびに会社の福利厚生を利用している!と実感することが出来ます。

つまりは、からだが元気になるだけでなく、仕事に対するモチベーションを高め、
かつ欠勤や遅刻早退を低下させる(アブセンティーイズム)等 見えない波及効果があり、
結果として会社全体の生産性を高めることも出来るのです。

満足度が高い 福利厚生 ~利用率99%

福利厚生を導入しても、貴社の皆さまが本当に利用できていなければ、費用対効果が得られません。

『チケットレストラン』は、利用率99%!

社員の皆さまに喜ばれる理由は、
● 「食事」という全社員が必ず行う日常行動に対するサポートであること
● 日本全国 55,000店舗のチケットレストラン加盟店で利用できるので、
  内勤の方も外勤の方も、働き方に左右されること無く、公平に利用できること

運営・管理される会社のご担当者様にもメリットがあります。
● 電子化されているので運用がカンタン。専用ポータルサイトを利用してオートチャージや、ユーザー管理が行えること
● 『チケットレストラン』は、食事のみに使用用途を限定できるため、
  会社の目的を明確に実行していることを証明することが可能なこと
● 高い利用率のため、会社の「投資」としての福利厚生費を、確実に活用することができること

非課税の税制メリットと 高いコストパフォーマンス

『チケットレストラン タッチ』のユニークポイントは、非課税のメリットが受けられることです。

社員の皆様の年収を上げることは、会社にとっては大きな挑戦ではありますが、
実際年収があがれば、税引き後の手取りが必ずしも上がるというわけではありません。
手取り、つまりは 可処分所得 を増やすことが、社員の方にとっての本当のメリットとなりますが
実際は、物価上昇傾向にあるにもかかわらず、可処分所得は年々減少傾向にあります。
(日経ビジネス: 2011年統計)

電子食事カード『チケットレストラン タッチ』は非課税で運営することが可能です。
その為、現金支給とは異なり、所得税控除で、手取りを増やすことができます。

一方、会社側にもメリットがあります。
食事補助『チケットレストラン』は、高いシステム導入費用もなく、カンタンにはじめることが出来ます。
たとえば、社員食堂を導入する場合は、高額な初期投資費用や複雑な管理・運営が必要とされますが、
電子食事カード『チケットレストラン タッチ』は、初期費用や複雑な管理等も必要なく、貴社の周りや外出先のレストランやコンビニが社員食堂のように利用できるようになります。
また、システム導入もなく、インターネットを利用したポータルサイトを利用して、管理するので、日々の運用はシンプルです。

詳細は、各社様のご利用状況によって異なります。

お見積り・お問い合わせは、もちろん無料となっておりますので、
エデンレッドジャパンまで お気軽に、お問合せください!

導入実績

導入社数 約 2000社 ※2017年 11月 期実績
株式会社ニチレイ
バラエティに富んだ食事でリフレッシュ、満足度もあがっています

ニチレイグループでは、全国各地の事業所間で公平な食事補助を行うために、チケットレストランを1995年6月から導入。加盟店が多く、コンビニエンスストアでも使える選択肢の広さが、従業員から好評を得ています。

■導入前の課題
・本社、支社、生産工場、営業拠点など、事業所ごとに規模や立地が異なる
・多様な事業形態・立地の中で、公平な福利厚生としての食事の提供が難しい
・社員食堂があっても、営業で外に出ている社員は利用できない

■ご提案内容
・事業所に関係なく、本社・支社と同等の福利厚生を担保できる
・チケットレストランであれば、営業の社員がどこでも食事ができる
・コンビニも利用でき、選択肢が広がる

■導入結果
・事業所ごとに現場のニーズに応じて導入を進めている
・社員食堂がある事業所でも導入を検討
・よく使う飲食店が加盟店でないときには、リクエストも可能
・ジュースの購入なども含め、社員がバラエティに富んだ使い方をしている

日本オラクル株式会社
利用率向上を実現:「食事補助」は誰もが利用できる福利厚生

日本オラクルでは、同社の福利厚生制度である「カフェテリアプラン」のメニューのひとつとして、チケットレストランを2007年7月から導入。カフェテリアプランの利用率向上し、社員の皆様の間で 好評価を得ています。

■導入前の課題
・福利厚生として社員が食事補助を希望していた
・社員食堂は設置コストなどの面から導入が難しい

■ご提案内容
・所得税法上 非課税で利用でき、コストメリットがある
・飲食店やコンビニエンスストアなど、全国の加盟店で幅広く使える
・福利厚生制度のメニューとして、チケットレストランを追加

■導入結果
・今まで福利厚生を利用していなかった社員も活用
・食事代の半額が補助されるため、「お小遣いが増えて嬉しい」との声も
・全国の事業所、出張先でも利用でき、非常に好評

よく寄せられる質問

食事手当とチケットレストランの違いは?
食事手当の支給と比較した場合、チケットレストランでの支給は一定の条件を満たすことで非課税扱いとなり、従業員・企業にとって様々なコストメリットがございます。
全従業員に支給する必要はありますか?
希望者のみへの支給も可能です。
常勤・非常勤・派遣社員・出向社員・アルバイトなど、どの従業員にも支給できますか?
貴社と直接雇用契約のある従業員であれば、支給の対象としていただけます。
1名でも利用できますか?
はい、ご利用いただけます。
チケットレストランで何でも買えるのですか?
お食事代の他、お菓子、パン、デザートやコーヒー等、就業時間内に飲食される物(アルコールを除く)に限りご利用いただけます。
チケットレストランは、従業員の家族も使えますか?夜間や土日祝日でも使えますか?
支給対象者本人のみ利用可能です。夜間、土曜、日曜、祝日でも勤務時間中の場合や、勤務時間中に飲食される物を ご購入される場合はご利用いただけます。
よく利用する飲食店を加盟店にすることはできますか?
弊社HPより加盟店リクエストを承っております。リクエストをいただいた後に弊社が店舗に加盟交渉を行います。

サービス資料を無料ダウンロード