企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材アセスメント・サーベイ
その他
組織・人事コンサルティング

一般社団法人中部産業連盟 東京事業部

http://www.chusanren.or.jp/hrm/index.html

〒102-0083 東京都千代田区麹町3-2-6 垣見麹町ビル
対応エリア:全国、海外、代表者名:小坂信之、従業員数:130名

育成・研修 「自律型人材」が育つ部下指導セミナー

「言われないと動かない部下」を
「⾃ら考え主体的に動く部下」に
いかにして育てるか

解決できる課題:コミュニケーションの活性化マネジメント力向上新人・若手社員の戦力化
チームビルディング

このサービスのポイント

自ら動く職場にするための指導力を養成
管理者育成にお悩みの経営者、人事・教育責任者の方々にリーダーとしての役割から部下指導について体験ワークショップを交えて解説いたします。
リーダーとして有効な支援とは何か、を理解
「自律」を殺してしまいがちな指導とは何か、能力を引き出す働きかけの基本原則を理解し、具体的な実践手順を学びます。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国海外
費用 研修内容、対象者数、御時間により、個別お見積りとなります。見積もり例:1日35万円~
導入社数 導入社数非公開
対象階層管理職
対象職種全職種
テーマチームビルディングコミュニケーション
サービス形態通学型[講義・ワークショップ]
期間・回数・時間3日間(一例)

サービス詳細

管理・監督者のための「部下指導力アップ研修」

こんな部下にお悩みの管理監督者に最適です。
■指示をしないと動かない、自分の頭で考えない
■「権限がない」と言って、責任から逃れようとする
■できない理由ばかりを挙げ、自分を正当化する
このようなふるまいは“他律・他責”です。

この傾向が深く染みついた「他律・他責社員」は成果があがらないだけでなく、“増殖”して組織として機能不全を引き起こします。この状況に対処するために、管理監督者は若手・中堅社員に対し、「自律」を高める指導(支援)を”正しく”、地道に行っていく必要があります。


 
本プログラムのねらい

他律・他責傾向の部下の指導に悩む管理監督者が
 (1)他律・他責社員と自律型社員の特性を理解し、
 (2)”「自律」を殺してしまいがちな指導とは何か”
   ”「自律」を高める有効なマネジメントとは何か”
を考え、これからの部下指導、マネジメントのあり方を確立し、
 (3)実戦スキル(能力を引き出す働きかけの基本原則・基本動作)を身につけ、
 (4)新しい部下育成とマネジメントを実行し、職場を変えることです。

職場を「言われて動く集団」ではなく、「自ら動く職場チーム」にするための指導力を養成するプログラムです。


 

カリキュラム

3日間コースの例
日程・トピックス 内容
1日目
1.自律的な職場運営とリーダーの役割
あなたの職場は機能していない!~職場の基本機能診断
何でも背負うのではなく、職場を機能させるのが管理者の役割
他律・他責社員が組織に及ぼす悪影響とメンバーの自律度アップの必要性
ワークショップ:自分の「他律・他責の芽」に気づく 他

2.「自律」を高める部下指導の基本方針
あなたの部下指導は間違っている!~自律を殺す上司の言動
人間行動の理解~人を活かすための基礎理論
ワークショップ:メンバーの自律を高めるアイデア
自律を高める3つのスイッチとは-使命感スイッチ、意志スイッチ、手応えスイッチ-
ワークショップ:自律マネジメントの方策検討 他
2日目
3.部下指導の基本動作
基本原則(自信・自尊心、具体的事実、傾聴、強化、フォローアップ)の事例と要点
ケース討議・ロールプレーイング:「問題を抱える部下への対処」
ワークショップ:ほめる、しかるの基本理解と動作確認~ケース討議

4.部下指導実戦編~組織の生産性を高めるに
2:6:2の「6(平均的な部下)」へ注意を向ける
基本形トレーニング 「平均的な部下の動機づけ」
ワークショップ:人間の行動特性を踏まえたシナリオ作成
ロールプレーイング:シナリオ実演~観察/フィードバック・意見交換
~職場や家庭で課題を実践していただきます~
3日目
5.実践報告会
課題の実践プロセス・結果の相互報告と相互アドバイス
現実の問題の確認

6.自律を高める部下指導
部下指導の基本シナリオの要点
3つの自問自答で部下のセルフPDCAを習慣づける
ワークショップ:自分の職場・仕事でどんな場面で、部下とどのように話し合うか
ローププレーイング:シナリオ実演~観察/基本原則の摘要

7.自律マネジメントのアクションプラン策定

サービス資料を無料ダウンロード