企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


HRカンファレンス2018 -秋-[東京] 参画企業
事業カテゴリ:
その他

株式会社 博報堂コンサルティング

http://www.hakuhodo-consulting.co.jp/

〒107-6319 東京都港区赤坂5-3-1赤坂Bizタワー
対応エリア:全国、海外、代表者名:喜馬 克治、従業員数:44名、資本金:1億円

育成・研修 管理職必須!組織の力を引き出すための「ファシリテーションJAM」

効果的な会議を実現する為の、
実践的なファシリテーションスキルを学ぶ

解決できる課題:コミュニケーションの活性化マネジメント力向上

このサービスのポイント

博報堂メンバーが実際に活用中のノウハウ
理論や教科書的ではなく、実際に博報堂メンバーが現場で行っている内容を紐解いて体系的にまとめたプログラム
ロールプレイングで学ぶ体感プログラム
「わかった」では留まらない、よく起こりがちなケースを元に繰り返し考えることで「できる」に近づくパフォーマンスを他チームと争う、ゲーム形式を交えたプログラム
他チームと争うゲーム形式のプログラム
博報堂コンサルティング「JAM」シリーズならではのゲーム要素で、パフォーマンスを他チームと争うゲーム形式を交え、楽しみながら集中して取り組める

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国海外
費用 ・講師派遣料      80万円(40万円/日×2日)
・お一人当たりの受講費  3万6000円
合計(20名の場合)  152万円
導入社数 導入社数非公開
対象階層管理職
対象職種全職種
テーマコーチング・ファシリテーション
サービス形態通学型[講義・ワークショップ]
期間・回数・時間1日

サービス詳細

もはや、ファシリテーションは
次世代リーダーの必須スキルである

組織内でのリーダーシップに直結する、ファシリテーターとして、社内会議やプロジェクト、商談等の場で、議論を効果的に、且つ力強くリードし、合意形成に運ぶための考え方とテクニックを、様々なワークを通じて習得する、弊社が誇る、代表的研修プログラムです。
現実の議論で求められることはシビアです。教科書的な知識だけでは解決できません。
突如として出てくる、論点からズレた発言、議論のための時が充分に与えられない状況、決めたくない、決められない人だらけの中での議論など・・・。現実の会議とはこんなことだらけ。
単なる「議論の司会屋」という意識では、あっという間に、タチの悪い議論に飲み込まれてしまいます。
我々は、ファシリテーションとは、リーダーシップそのもの。カオスのような現実の会議の状況に立ち向かうためには、4つの力が必要となります。

ファシリテーション理論だけではなく、実践的且つ、ビジネスに特化したファシリテーターのノウハウをロールプレイングやケーススタディを通じて楽しみながら習得します。

本研修の受講者が目指す姿
①「議論の流れ」を設計できること
②論点を見つけ的確な「問い」を立てられること
③暴論や極論を見逃さず正すことが出来ること
④グラフィックを的確に使いこなせること
⑤議論のスタックを抜け出せること

実務で培ってきた会議ノウハウを
“体系的にまとめた”ファシリテーション研修

本研修プログラムでは、起こりえる様々な状況を設定し、如何なる方法で議論をリードしていくかについて、演習やミニワーク/ドリルを通じて会得して頂きます。
コンサルタントとして、顧客とのディスカッションで実践してきたファシリテーションのノウハウを凝縮した弊社自慢のプログラムです。内容については、是非ご期待下さいませ。

学びのポイント
①議論の構造をデザインできる
議論モジュールを使いこなして、効果的な議論構造を設計するスキル
②論点を特定できる
 議論において、今何を話すべきかを常に捉えて、参加者を正すスキル
③的確な質問が繰り出せる
 5つの質問種類を理解し、状況に応じた的確な質問をするスキル
④意見対立をうまく解決できる
 意見対立が起きた際に、対立の構造を明らかにし、4つの方向性で解決を目指すスキル


 
カリキュラム例

ファシリテーション・カリキュラムのイメージです。


 

サービス資料を無料ダウンロード