企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

HRカンファレンス2020-秋- 参画企業
事業カテゴリ:
その他
人材育成・研修
組織・人事コンサルティング

株式会社博報堂コンサルティング HR Design Lab.

https://hrdlab.jp/

〒107-6319 東京都港区赤坂5-3-1赤坂Bizタワー
対応エリア:全国、海外、代表者名:喜馬 克治、従業員数:54名、資本金:1億円

育成・研修 マーケティング・ゲーム研修 -Marketing JAM-

"カード型ビジネスシミュレーションゲームで学ぶ
「マーケティング視点」と「戦略思考」の重要性を、体感し学びます

解決できる課題:マーケティング強化顧客満足度の向上

このサービスのポイント

マーケティングシミュレーションを重ねる
所定の予算内で、商品開発、広告宣伝、ブランド投資の組み合わせ競合と戦います
マーケティング的な志向を習得
業務において「マーケティング的な志向」を自然に繰り出せるようになります
演習を通じて自身の思考のクセに気付く
短期的な視点に偏りや、競合の洞察が甘いなど、自身の思考が反映されます

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 講師派遣料 40万円+お一人当たりの受講費@1万8000円
合計(20名の場合)76万円

※講師派遣型の料金です
時間は目安であり、条件に合わせて変更可能です
(例:1日のものを半日×2回にする など)
講師について、代表の楠本をご指名の場合、1日あたり+10万円申し受けます
予算に応じたプランのご提案も可能です
交通費、宿泊費が発生する場合、別途ご請求させていただきます
導入社数 導入社数非公開
対象階層中堅社員管理職
対象職種マーケティング
テーマロジカルシンキング・課題解決その他[マーケティング]
サービス形態eラーニング・学習支援システム貴社での集合研修[ワークショップ・講義]
期間・回数・時間基本1日
対象人数15~30人

サービス詳細

カードゲームを通じて「マーケティング視点」と「戦略的思考」を。

博報堂コンサルティングが提供する、ロジカルに考えながら学ぶ、ゲーム型マーケティング研修プログラムです。

参加者の皆さんには、チームに分かれて、ある企業のマーケティングスタッフとなって頂きます。変動する市場や、競合チームの戦略を予想しつつ、商品開発、広告宣伝、ブランド投資等、様々な要素を組み合わせ、売上の最大化に向けて競合と戦います。


 
戦略を検証しアクションの連度を高める力

最初に戦略を練り上げ、施策を繰返し検証する事で、アクションの連度が高まります

短期と中長期の視点で判断するスキル

限られた原資で采配する事で、短期と中長期的視点で判断するスキルが身につきます

時々刻々と変わる状況を動的に見極める力

ビジネスと同様、市場や競合が変化していく状況を見極める力が身に付きます

カリキュラム

カリキュラムの流れ
日程・トピックス 内容
session1
「マーケティング的思考」について
・「マーケティング」とは何か?
・今や、経営=マーケティングの時代
・マーケティング的思考は、全職種の必須スキルに
 ①部分最適と全体最適のバランス
 ②短期と中長期を組み合わせた判断
 ③状況の変化に合わせた対応力
 ④打ち手の練度を高めるPDCAサイクル
session2
チュートリアル
・ゲームのルール説明
・チュートリアル
session3
ビジネスシミュレーションゲーム
・4~5にチーム分かれた、ビジネスゲーム研修
 ①与えられた諸情報より、戦略を立案
 ②各期ごとに、戦略に基づいた打ち手を決定
 ③結果発表/振り返り
 ④来期の打ち手検討
・上記ルーティンを「最大7期」実施し、売上を競う
session4
結果発表/振り返り
・最終結果発表
・各チームによる、勝因/敗因分析
・全体に対する、各チームからの戦略共有
・自身のパフォーマンス振り返り
・講師からの講評
 ①各チームへの戦略評価
 ②組織としての「全体的な傾向」
 ③各個人が明日から取り組むべきこと

サービス資料を無料ダウンロード