企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材アセスメント・サーベイ
ビジネス効率化・支援
組織・人事コンサルティング

株式会社M-ITコンサルティング

http://www.mit.co.jp

〒103-0027 東京都中央区日本橋3-2-9三晶ビル8階
対応エリア:全国、海外、代表者名:金澤 健郎、従業員数:20名、資本金:2,500万円

育成・研修 育成型アセスメントプログラム

従来型の評価型から育成を主眼に置いた『育成型アセスメント』は人財の異なった可能性を追求できます。

解決できる課題:マネジメント力向上新人・若手社員の戦力化管理職層の能力開発

このサービスのポイント

アセスメント結果を人材育成につなげる
アセスメントをきっかけにな啓発を受け成長することで、活躍できる人材を育てる。
成長の進度とどう育成するかに注目
「現在の成長の進度」「どの様に育成していく必要があるか」という観点でアセスメントを行い人材の伸びしろに注目します。
診断・研修・フォローの3段階
育成型アセスメントの進め方は事前診断、アセスメント研修、フォローの3段階。気づきが成長への原動力になります。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国海外
費用 お問い合わせください。
(参考)20名様実施の場合:200万円~
導入社数 導入社数非公開
対象階層管理職
対象職種全職種
テーマコーチング・ファシリテーションチームビルディング
サービス形態研修講師派遣通学型[講義・ワークショップ]
期間・回数・時間2日間
対象人数20名

サービス詳細

育成型アセスメントプログラムの特長

通常、アセスメントという表現からは「人材査定」の印象を強く受けます。しかし、受講生の中には、
スメントで能力発揮出来なくても、その中で様々な啓発を受け成長する事で、現場での活躍が期待出来る方々も多く存在します。
今回ご提案しているプログラムでは、育成型アセスメントという表題からも、単に「評価するため」だけでなく、「現在の成長の進度」「どの様に育成していく必要があるか」
という観点でもアセスメントを行い人材の伸びしろに注目して参ります。

これらのエッセンスは「個別コーチング」や「個人コメント」に反映されると同時に「上司面談(オプション)」の中でも反映させる事が可能です。

カリキュラム

【プログラムの全体フローイメージ】
日程・トピックス 内容
STEP1
事前能力診断
事前に部下・メンバーに対してアセスメントを行います。
この人材分析の結果データをもとに、2日間の研修を行います。
STEP2
研修の実施(2日間)
●1日目
<午前>
・オリエンテーション
・ケース討議
 「〇〇君のケース」
 * 発表とフィードバック
・実習 「自己点検」

<午後>
・ロールプレイング実習
 「部下の指導育成」
 上司役-部下役-観察役
 * 振返りと発表
・チーム実習
 「重要な価値観」
 * 振返りとフィードバック

●2日目
<午前>
・チーム実習
 「計画と実行」
 * 計画チームと実施チームに分かれる
 * 振返りとフィードバック

<午後>
・インバスケットケース
 「〇〇課長のケース」
 * 個人決定➞集団決定
 * 状況対応ケース実施
 * 発表とフィードバック
• 研修の整理と個人面談
• まとめ
STEP3
個別コーチング
今後の能力開発計画の検討を行い、現場で部下とのコーチングに活かします。

導入実績

導入社数 導入社数非公開
導入先 各メーカー/商社/小売/システム etc

サービス資料を無料ダウンロード