企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修

株式会社エイチ・アール・ディー研究所

http://www.hrdins.co.jp/

〒101-0032 東京都中央区銀座6-16-12丸高ビル3階
対応エリア:全国、代表者名:吉田繁夫、従業員数:30名、資本金:1,000万円

社員への人材開発インタビュー<入門講座>(2時間)_画像

育成・研修 社員への人材開発インタビュー<入門講座>(2時間)

社員の業務上の動きや想いを、可能な限り把握し、
社員に適切な社内研修を提供することが目的です

解決できる課題:研修計画・設計・手法[研修の効果測定・研修受講者の意識向上・研修目的の明確化]

このサービスのポイント

受講前の社員の情報を把握し、研修効果向上
研修受講前の社員の情報を把握していないために、研修内容が情報過剰になるといった問題を防ぎ、研修効果を最適化するために役立ちます。研修効果の検証にも繋がります。
研修内容を吟味できるインタビューを実現
人材育成担当者の皆様が社員へのインタビューを具体的にできるように、社員へのインタビュー方法を具体的にご提示いたします。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 公開研修受講費用:3,000円/1名様(税込)

派遣型講座実施の場合:\3,240 円(税込)/1 名様
※3名様以上で講座の実施を承ります。
※東京より遠方での実施の場合、講師派遣に関する交通費、および宿泊費をいただく場合がございます。
導入社数 導入社数非公開
対象階層全階層
対象職種人事
テーマその他[社員インタビュー]
サービス形態研修講師派遣通学型[講義・ワークショップ]
期間・回数・時間2時間

サービス詳細

入門講座3シリーズ
社員へのインタビュー<入門講座>のご紹介

【講座の概要】
社内研修を実施する際によくありがちなことが3つあります。

(1)研修受講前の社員の情報をあまり把握していない
(2)上記の(1)の結果、研修内容が情報過剰になっている
(3)研修受講後の社員の情報を把握せず、次の研修を準備している

その結果、研修後、社員が研修内容を自分の業務に適用しないことがあります。このような状況は、社員の研修受講時間と研修にかかる費用という観点で、2つの無駄があります。
これらの無駄をなくし、社内研修を社員の業務により役立ててもらうために、研修前に社員がどうなっているのか、研修後に社員がどうなったのかを一部の社員でも把握できると理想的です。
この講座では、人材育成担当者の皆様が社員へのインタビューを具体的にできるように、社員へのインタビュー方法を具体的にご提示いたします。たった数名のインタビューでも研修内容を吟味でき、実施の善し悪しが推測できるようになります。ぜひこの機会にご参加ください。

【講座の目的】
社員の業務上の動きや想いを、可能な限り把握し、社員に適切な社内研修を提供すること

【講座の目標】
研修実施における社員へのインタビューの重要性とその4つのプロセスをご理解いただくこと

カリキュラム

日程・トピックス 内容
オリエンテーション
オリエンテーション
*研修実施プロセスでよくありがちなこと
1)
インタビュー企画
ア)なぜ社員へインタビューするとよいのか?
イ)最低限何を聞くのか?
ウ)だれに聞くとよいのか?
2)
インタビュー依頼
ア)依頼される側はどんな警戒心を持つか?
イ)依頼される側はどんなことで安心するか?
ウ)依頼する際、さらに気を付けたいことは?
3)
インタビュー実施
ア)インタビュー前のチェック事項は?
イ)インタビュー中、よくやってしまいがちな5点とは?
ウ)よくわかるインタビューする際の3つの観点とは?
4)
インタビュー結果整理・考察
ア)インタビュー後にまず何をするか?
イ)インタビューした方へしておきたいことは?
ウ)インタビュー結果をどのように使うか?
振り返りと適用
*自分がインタビューする際の阻害要因は何か?
*次の研修機会はいつで、インタビューをいつ実施するか?
*だれに何を聞くか?どのように頼むか?

サービス資料を無料ダウンロード