企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
ITコンサルティング・サポート
人材育成・研修
人材アセスメント・サーベイ

最新HRテクノロジーのご提供を通じ、「Work Happy!」な世の中を創りますタレンタ株式会社

タレンタカブシキガイシャ

https://www.talenta.co.jp/

〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南1-5-5JR恵比寿ビル11F
対応エリア:全国、代表者名:石橋 愼一郎、従業員数:9名、資本金:5,000万円

採用管理システム 『HireVue』世界で最も利用されているデジタル面接プラットフォーム

録画面接・LIVE面接・AI選考で人事戦略・採用戦略を成功へ導く〜1日約1万件の面接が実施される安定と信頼のシステム〜

解決できる課題:人事業務の効率化・アウトソーシング新卒採用[採用の母集団形成・選考辞退・内定辞退の削減・採用ミスマッチの低減]適正な要員計画
コスト削減 ダイレクトリクルーティング グローバル ナレッジマネジメント

このサービスのポイント

国内外問わず、豊富な導入実績
2019年5月時点で、グローバル企業700社以上が導入し、日本国内でも大手企業を中心に累計100社が導入。国内外の面接実施数は年間1,000万件を超えました。
採用プロセスのデジタル化を推進
人事採用業務のデジタルトランスフォーメーションを推進し、社内リソースの最適化と同時に応募者・候補者にとっても工数削減を促し、両者にとって最適な採用活動を実現。
ピーク時も安定稼働する信頼のシステム
企業と候補者を結ぶ大切な面接。どんなピーク時でもシステムがダウンすることなく安定稼働し、企業ブランドと候補者の情報をしっかりと守る強固なセキュリティが強みです。

サービスDATA

対象企業規模 501人~1000人1000人以上
対応エリア 全国海外
費用 導入5万円/年・1採用予定人数 を目安に、採用予定人数・採用領域(新卒or中途orパートアルバイト等)・契約期間・想定される投資対効果も考慮し個別見積をさせていただきます。
導入社数 約700社 ※2019年5月期実績
製品形態クラウド(ASP・SaaS)
スマートフォン対応あり
サポート体制導入支援・コンサルティングヘルプデスク対応
対応範囲既存システムとの連携対応
機能応募者管理面接調整予約カレンダー連携通知機能選考状況共有自動連絡メール
用途新卒採用中途採用

サービス詳細

■HireVueとは

採用面接をオンライン上で録画形式・LIVE形式(リアルタイム録画も可)で行い、候補者の評価を行うことができるプラットフォームです。
候補者・採用担当者は、パソコンブラウザもしくはタブレット・スマートフォンの専用アプリから、時間場所問わず、面接の受験、面接録画データの評価を行うことができます。


 
■HireVue導入の効果は?HireVueを導入した企業様の声を紹介します。

◆集団面接を録画面接に置き換えた例
A社「学生5名、合計40分の集団面接を1日に何セットも実施するため学生1人ひとりの評価が曖昧な部分があった。録画面接でじっくりと評価することができ、かつ効率化により、これまでよりも多くの学生を選考に招待できた。さらに候補者にとっても1人平均8分の集団面接のために来社する必要がなく、自由な時間に録画できることで学生本位の選考プロセスになった」

B社「学生5名、合計30分の集団面接から所要時間20分の録画面接に変更。また応募部門ごとに質問内容を設計し、1問あたり回答録画時間を2分以内に設計した。これにより候補者を部門の採用基準に合わせてじっくりと評価することができた。今までよりも多くの学生に選考参加機会の提供を実現でき、録画面接の参加率が、従前の集団面接の参加率より10ポイント向上した」

◆グループディスカッションを録画面接に置き換えた例
C社「学生24名が参加するグループディスカッションを採用担当2名で限られた時間で評価するには限界だった。録画面接でじっくりと評価でき、最適な評価と工数削減ができたため、本選考の一次面接への招待者の人数を約200名→約800名と4倍とすることができた」

◆本選考(一次面接以降)を録画面接に置き換えた例
D社「従前の個人面接(1対1:30分)を15分の録画面接に置き換え、1次面接の工数を50%削減。またその工数を内定者のフォローに充てることで、内定承諾率が60%→85%に向上。また面接官の評価実施に関して、社内の働き方の多様化、効率化に役立った」

E社「従前の個人面接(1対1:40分)を約15分の録画面接に置き換え。狙いは選考スピードの向上と採用工数の削減。各選考プロセスの通過率を従前と同様の30%弱と設定し、約70人日の工数削減に寄与。さらに深堀りしたい内容を次の面接担当者へ共有することで、一人一人の候補者を正しく評価し、かつ早期に内定を出すことができた」

F社「従前の一次個人面接に代わりに、事前告知した学生時代の経験に関する深堀質問(8問、約15分)の録画面接をエントリー条件としたところ、志望動機が高く、かつ能力のある学生のみのエントリーとなり、本選考以降の対面面接数を61%削減することができた。結果的に前年度と同等の弊社にフィットする人材を獲得でき、引き続きエントリー時に活用を予定」

■こんなお客様にご活用いただけます!

1)学生候補者を公平に評価したい
・本社から遠隔地在住、海外大学の学生や候補者の選考参加促進したい
・集団面接、グループディスカッションで目立ちにくい学生もしっかり評価したい
・来社のためにかかる移動時間の緩和したい
・学業優先の観点からも、選考参加の工数を抑制したい

2)煩雑な面接業務を効率化したい
・全国各地を飛び回る採用担当者の出張負荷の軽減
・面接のスケジューリング、面接結果の集計や評価の効率化
・採用に至るまでのプロセスを効率化し、内定者フォローなど重要なプロセスへの注力

3)採用コストを削減したい
・面接担当者の拘束時間や出張コストの削減をしたい
・突然の面接日程再調整などの突発的な業務発生の抑制
・スクリーニングや選定にかかる人的コストの削減をしたい

4)スクリーニングの質を高め、人材の取りこぼしを防止したい
・従来の選考で落としてしまっているかもしれないフィット人材の取りこぼしを防ぎたい
・社内の評価基準のバラつきを是正(⇒入念に設計された設問による構造化面接の実現)
・面接評価のコメントや評価スコアのログデータが残し、評価の標準化を行い、採用の質を向上させたい

■HireVueで出来ること

【採用担当者】
•募集職種毎に面接の質問や筆記問題を自由に作成することができます。
•候補者毎に複数の評価者を自由に設定することができます。
•候補者の回答を横並びで評価を行ったり、メモ・推薦度を記録することができます。

【候補者】
•自身のパソコンやスマートフォンから遠隔地からでも希望する企業の採用面接に応募できます。
•書面(履歴書・職務経歴書)だけでは伝えきれない、企業や仕事に対する想い・熱意の伝達が可能です。


 

導入実績

導入社数 約 700社 ※2019年 5月 期実績
導入先 HireVueは2004年にアメリカで開発され、世界の著名企業700社以上に導入しております。日本では2016年から事業展開し、累計100社以上の企業で利用されています。

<主な導入企業例(グローバル)>
製造業:GE、SIEMENS、CocaCola
小売・流通業:Walmart、NIKE、Ralph Lauren、UnderArmour、Dunkin Donuts、Amazon
情報通信業:Apple、IBM、HP
金融業:Morgan Stanley、JP Morgan Chase
サービス業:accenture、Deloitte、Hilton

<主な導入企業例(日本国内)>
旭化成、東京エレクトロン、ヤフージャパン、JTB、日本航空
花王、ユニ・チャーム、伊藤忠商事、河合塾、東京海上日動火災保険
昭和シェル石油、住友化学、阪急阪神百貨店、三井不動産リアルティ、リコージャパン、他

よく寄せられる質問

自社の選考プロセスに合わせてカスタマイズすることができますか?
はい、可能です。
HireVueは企業様ごとの採用プロセスに合わせて導入ができるソリューションとして、柔軟性が高く次のようなカスタマイズが可能です。

<面接質問などの各種設計>
・設問数、質問内容、順番のカスタマイズ設計
・設問種類の組み合わせ設定(インタビュー録画、記述式設問、選択式問題、プレゼン録画、プログラム作成など)
・録画取り直し回数の設計や録画時間の設計もカスタマイズが可能
・また上記は、採用ポジション毎に設計が可能で、画一的な導入ではなく、自社の採用状況、プロセスに合わせて完全カスタマイズとなります。

<社内管理、関係者の設定>
・マスターアカウントを人事部門で管理して頂き、社内の面接担当者やリクルーターの方々をHireVue内に登録頂き、候補者の評価依頼を設計していきます。
※その際、社内の採用ポジション数(新卒事務職、新卒技術職、中途採用、インターン選考)や、社内の面接官、評価者人数の増加による追加課金はございません。
自社システムや採用管理システムとの連携は可能ですか?
はい、可能です。
幾つかの採用管理システムとの自動連携を行っておりますし、自動連携ができない場合でもCSVのインポート、エクスポートでの対応など簡易的に連携することが可能です。
既に採用管理システムを導入されている際にも、連携方法や運用方法についてご提案を致します。

お気軽にご相談ください。
ゆくゆくはES(エントリーシート)を廃止したいと考えていますが、HireVueはESの代替手段になりますか?
はい、HireVueはESの代替手段として活用導入することも十分に可能です。
従来のES(エントリーシート)で設定していた質問を録画インタビューに置き換える、あるいは、記述式設問に置き換えるなど、HireVueを通じて候補者を多面的に評価することが可能ですし、ESだけでは評価することができなかった「人物面」をインタビュー録画でしっかりと評価することが可能です。
ESと併用してHireVueを活用することも可能ですし、HireVueの機能をフル活用してESに代わる選考を行うことが可能です。
学生の負担を軽減したいという企業様や人事担当者様のお声に応えることが可能です。
実施する面接数によって課金料金が変わりますか?
いいえ。
HireVueは導入前のヒアリングで採用予定人数を元にお見積もりを作成します。
導入開始後に、実施面接数はお見積もり内容に影響することがありません。
また録画動画の尺(分秒数)や設問数も見積もりに影響を与えませんので、導入後の追加課金を気することなく積極的に活用を頂けます。
他のWeb面接ツールとどこが違いますか?
HireVueの強みをご紹介します。
・HireVueはWeb面接ツールというよりは、面接選考全般のデジタル化と効率化、採用基準の明確化を支援するソリューションサービスです。そのため機能面や対応範囲は多岐に渡ります。
・「動画ファイルのアップロード」ではなく、従来型の面接をデジタルに置き換えた本質的な「面接」機能
・設問設計の柔軟性と設定数、分秒数の自由設計(10分、20分などの長尺にも対応)
・本格的な採用選考に対応し、「構造化面接」の実現を支援⇒企業の採用力を強化
・LIVE面接の並行録画も可能(社内の別の評価者との共有)
・IDパスワードの発行が不要で、候補者が気軽に受験できる。(ユニークURLで管理されます)
・録画面接数、選考者の数に影響しない料金体系(使えば使うほどにお得になります)
・システムの安定性と使いやすさ(リーディングサービスとして、リリース以降常に改善中)
・国内大手企業が積極導入しているため、学生・就活生が使い慣れている。
・評価者が録画データを再生する場合の倍速機能やコメント記入ができるため評価業務の負担が軽い。
HireVueのAI選考機能について、教えてください。
 世界でも稀な成功したAI選考のオプション機能(差別的な評価などの事故なし、バイアスチューニング対応)を実装し、将来的なAI選考を見据えた活用も可能です。
 具体的には、社内人材や、内定者の録画動画データを元にした教師モデル(活躍予測モデル)を作成し、新たに選考参加する候補者のデータを解析していきます。
 その際、表情や、音声、言葉、言語構築の傾向などをデータポイント(約100万点)として取得してパーセンテージでレコメンデーションを行うため、ある特定の一部分の要素だけで、誤った判定を引き起こすことがなく、正当かつ公平なレコメンデーションが行われます。また合否判定の最終ジャッジは評価者(人事担当者)が行うため、通常の選考プロセスの補助的な活用とすることが可能です。
 ※HireVueのAI機能は、AIが面接官を行うというものではありません。

その他、アルゴリズムや教師データの作成に関するご相談やお問い合わせはお気軽にお寄せください。

サービス資料を無料ダウンロード