企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


HRカンファレンス2019 -秋-[東京] 参画企業
事業カテゴリ:
人材育成・研修
組織・人事コンサルティング
人材アセスメント・サーベイ

株式会社マネジメントベース

http://www.m-base.co.jp/

〒102-0072 東京都千代田区飯田橋4-4-8東京中央ビル8階
対応エリア:全国、代表者名:本田 宏文、従業員数:7名、資本金:1000万円

制作プロダクション・広告 ストーリーの力を採用PRに『キャリア・シミュレーター』

新しいタイプの採用PRツール ストーリーの力を活用し貴社オリジナルドラマで魅せる

解決できる課題:離職率低下・リテンション新卒採用[選考辞退・内定辞退の削減・企業イメージ・知名度を向上・学生のモチベーションを向上]

このサービスのポイント

貴社の良さを視覚と感情に訴えアピール
新入社員が入社後数年間でたどるキャリアをInstagram 風の画像・映像にシナリオを加えてドラマ仕立てで紹介するASP型サービスです。
応募者の志向・価値観把握アンケート機能
企業のPRの側面以外に、応募者の価値観や志向を問うアンケートが適宜挿入され、応募者個々人が持つ企業観、仕事観、職場観を的確に把握できます。
早期離職防止効果
予め、入社後のキャリアを良い面もそうでない面も含めてリアルに仮想体験できるため、入社前の想定と現実のギャップによる早期離職を防止する効果もあると考えています。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国海外
費用 初年度(取材・撮影・シナリオ作成・300-1000件レポート作成)105~170万円/年
次年度以降 45~110万円/年
導入社数 導入社数非公開
得意領域新卒採用プロモーションアルバイト・パート採用プロモーション
対応範囲WEBコンテンツスマホコンテンツ

サービス詳細

『キャリア・シミュレーター』の概要

■貴社の魅力が伝わらず埋もれてしまうのはなぜか?
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
景況感の改善に伴い就職に於いて売り手市場になると、応募する学生に有利な状況が生まれます。企業が採用数を増やすからです。そのため応募する学生側に立つと、最大手企業や有名企業に就職できる機会が広がります。そうなると、準大手企業、BtoBであまり学生にとって名前を知られていない大手企業、不人気業種と呼ばれる企業では応募エントリー数が減り、採用プロセス途中や内定辞退が増えてきます。この事は自然の道理で致し方ない現実です。

■何か秘策はないのか?理性ではなく感情に訴える仕掛けが必要
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
皆さんは業界モノと呼ばれるドラマをご覧になったことはありませんか?ある業界、業種、企業を舞台として主人公が奮闘・活躍するドラマです。TVドラマを見て、その業界を初めて知る、もしくは「主人公と同じようにこんな業界、会社で働き活躍したい」と憧れを持った経験はありませんか?
ここにヒントが隠れています。ドラマは展開されるストーリーを通して、「理性や理屈」ではなく「感情」に訴えかけてきます。感情移入を促し、憧れを持たせるのです。この手法を採用活動にも生かせないかと私たちは考えました。従来からの採用HP、会社パンフレット、ナビ、説明会と連携する事で相乗効果が期待できます。

■ここで働きたいと思わせる 『キャリア・シミュレーター』の活用法
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
人が感動し、感情移入するストーリーには法則があります。ハリウッド映画、連続ドラマ、ロールプレイングゲームは、この法則に基づき制作されていると言われています。では、採用活動に、ストーリーの力をどのようにして使えば効果的でしょうか?実際のリアルな画像とストーリー展開を、最新のSNS型インターフェースで展開したASP型サービスがキャリア・シミュレーターになります。どのようにして、学生の心を捉えるのか、その秘訣、活用法について紹介します。採用活動だけでなく、インターンシップでの活用法、また欲しい人材と応募してくる人材のアンマッチに悩まれる企業様へのソリューションとしても、事例を合わせてご紹介致します。詳しくは資料請求お待ちしております。

活用シーン

<活用シーン①>
■企業の悩み
会社が認知されにくく、ナビなどでも埋もれてしまっている。
エントリー数が伸び悩んでいる。

■運用方法
導入時期:エントリー前後
対象者:応募意思・意欲が固まり切っていない層(エントリー直後、エントリー前)

■期待効果
ねらい:興味を持ってもらえる。エントリー数・選考応募数の増加、意識醸成による応募意欲の強化、離職率低減(現実ギャップの減少)

<活用シーン②>
■企業の悩み
採用プロセス途中、内定者の中から辞退者が増えている。
良いと思った人材に限り他社へ流れてしまっている。

■運用方法
導入時期:採用プロセス中盤以降
対象者:一次選考合格者等、ある程度選考が進んだ層

■期待効果
ねらい:応募意欲強化と、個別対応力向上、入社後の離職率低減(現実ギャップの減少)

導入実績

導入社数 導入社数非公開
導入先 最新のサービスのため導入者数はまだ10社以下に留まっておりますが、導入頂いた企業様の継続意向は80%以上で効果を実感頂いております。
採用フローでの活用により、合同説明会経由の流入数20%アップ

導入頂いた企業様の継続意向は80%以上で効果を実感頂いております。

インターンシップでの活用・・・内定者数ば2倍の増えた企業様も!

インターンシップに関連して本ツールを利用されているユーザー企業様の内、約8割で効果があったとしています。また搭載するアンケート機能を用いて、視聴した学生側に聞いた意見でも9割以上が「企業理解が深まった」「役立った」と肯定的に捉えられていました。

内定辞退率、早期離職にも効果!

内定辞退率が従来の30%ダウン!
入社1年目までの早期離床者 前年比50%ダウン!