企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

会員登録すると検討フォルダがご利用いただけます。 日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

事業カテゴリ:
人材アセスメント・サーベイ
人材育成・研修

右脳と左脳のバランスにこだわった、ビジネスで確実に活きる「人財が変わる」研修を提供します株式会社シンスター

カブシキガイシャシンスター

http://www.shinstar.co.jp/

〒150-0041 東京都渋谷区神南1-9-2大畠ビル 10F
対応エリア:全国、代表者名:井上浩二、従業員数:6名

育成・研修 オンライン対応可! 若手・中堅層向け【巻き込み力・ベーシック】

ビジネスを確実に成功に導くための「役割」と「具体的行動」は何か?人を巻き込みながら仕事を主体的に進める力を身に付ける!

解決できる課題:コミュニケーションの活性化リーダーシップ強化新人・若手社員の戦力化
チームビルディング

このサービスのポイント

組織やチームの成果を意識して行動する!
個人の成果だけを見ていた新人時代とは違い、組織やチームの一員としてどう成果を出すか?人を巻き込みながら仕事に取り組み、ビジネスを成功に導く力を身に付けます。
主体的に人を巻き込む重要性を理解する!
誰かの指示を「待つ」のではなく、必要な相手を自分で主体的に判断し、それぞれのシーンで、必要な人を上手く巻き込みながら仕事を進めていくノウハウを身に付けます。
具体的なアクションプランまでを考える!
巻き込み方法を理解するだけでなく、巻き込みを行う際の課題に対処すべく「いつ、どこで、誰に、何を、誰が話すのか?」という具体的なアクションまで議論します。

サービスDATA

対象企業規模 すべての企業規模
対応エリア 全国
費用 1日50万円~で実施可能。2日間のコースの2日目では実務議論を行います。より高い効果をお求めの場合は2日間のコースをお奨めさせていただきます。
導入社数 導入社数非公開
対象階層若手社員中堅社員
対象職種全職種
テーマコミュニケーションその他[巻き込み]
サービス形態貴社での集合研修[講義・ワークショップ]通学型[ワークショップ・講義]
期間・回数・時間1日~2日
対象人数1クラス8名以上~25名まで

サービス詳細

仕事の成果は「人の巻き込み」で大きく変わってくる

 

かつて日本企業で重視されていた“根回し”。最近はこの言葉にネガティブなイメージを持つ人も少なくありませんが、本来は組織力を最大限に高めた日本企業の強みでした。

この“根回し”を、現代的にブラッシュアップしたものがシンスターの考える“巻き込み”です。ビジネス上の目的を明確に定義し、その目的に応じて必要な社内外の人材を最適な手法で引き込み、協力して行動を起こすことで最大限の成果に結びつける。この力が“巻き込み力”です。

あなたの周りにも「なぜかあの人がやると上手く行く」という人がいませんか?その人が関わると不思議に事が上手く進み、プロジェクトがスムーズに動き出す。

「根回し」や「人の巻き込み」は、本人のセンスや過去の経験からの勘所で行っているもの、とされていましたが、実は「人の巻き込み方」にも正しいやり方があり、そのステップを踏めば、必ずどんな人でも適切に正しく人を巻き込み、ビジネスのゴールへの近道を辿る事が可能になるのです。

この案件のキーパーソンは誰だろうか?その人を巻き込むには自分から?上司から?他部署のあの人から?オフィシャルな会議の場で?それとも飲みの席を一席設けるか?いや、その前にお客さんのAさんの意向も確認をしておいた方がいいかも・・・?

「人の巻き込み」を戦略的に行えることこそが、ビジネスの成果を最大化し、ゴールへの一番の近道になります。若手・中堅層のうちからその巻き込みを自分の身近で実践していくことで、数年後大きな舞台で確実に人と組織を巻き込めるリーダーになることができます。

主体性がないのではなく「巻き込み方」を知らないだけ

 

最近の若手社員は、主体性が足りない、いつも待ちの姿勢、一人で抱え込んでしまう・・・・その理由はどこにあるのでしょうか?ロジカルで、知識もスキルもあるはずの若手社員、それが発揮しきれないのは「どのように動けばいいのか分からない」ことにあるのかもしれません。

シンスターは、個人の成果で評価されていた若手社員が、チームとしての成果を求められる3年目くらいになると、今までと同じ様に仕事をしても、成果が出ずに仕事の壁にぶち当たる現況を目の当たりにしてきました。数多くの育成担当者の方たちから話を聞くうちに、彼らに足りていないのは、「自分以外の人の協力を得て仕事する力」ということではないかと考え、この「巻き込み力~ベーシック~」を開発しました。

自分が組織の中で、何を求められているのか、そしてその役割をこなし、組織へ貢献するためにはどのような具体的な行動を取ればいいのか?それは、本来は一人一人が個人で考えていくべきことかもしれません。ですが、人とのかかわりが極端に少なく育ってきた世代には、そのスキルを身に付ける後押しが必要です。

自分の役割を理解し、その達成のために、「いつ・どこで・誰を・誰が・どのように巻き込む」のが最適なのか?を体系的に学び、日々の業務で意識を変えていくだけでも、本来ある彼らの能力が格段に発揮されやすくなります。

自主性がない、主体性がない、空気が読めない、その理由は、「人を巻き込むすべ」を知らないだけかもしれません。個人の成果から、組織の成果を求められる転換期に、このような他者を巻き込み仕事を進めることの基礎を学ぶことは、その数年後、自身がリーダーとなった時に大きな差をもたらします。

すぐに持ち帰り実践できるアクションプランを作る

 

研修で学んだスキルをすぐに実務で使えるようになるには、ハードルが高いこともあります。

本プログラムでは、演習の中で行われる自社議論のパートで、実際に自分自身が今抱えている問題を巻き込みの観点から解決するにはどうすれば良いのか、翌日からすぐに実践可能なプランを研修の中で考えます。

その考えに対して、チームメンバーや講師から沢山のアドバイスや意見をもらい、そのやりとりを通じて自分の視野の狭さや、考えてもいなかった巻き込み方法を発見することが可能になります。

学んだスキルをすぐに実践し、効果を得ることで巻き込みの「有効性」を、身をもって実感する事ができるため、その後も「人の巻き込み」を意識しながら戦略的に仕事に取り組むクセを継続的につける事ができるようになります。

カリキュラム

【1日版実施概要】
日程・トピックス 内容
1
巻き込み力とは何か
   ・チームで仕事をする上で求められる巻き込み力とは
   ・巻き込み力を発揮するために必要な心構えとスキル
2
巻き込みの基本プロセスとポイントの理解
~事例(ビジネスケース)を元に考える巻き込み力のポイント~  
   (参加者の階層やレベル、課題に応じて適切なビジネスケースで議論します)
 
   ・進めるべき仕事の目的・ゴールの設定
   ・関係者の洗い出し/相関関係マップの作成/巻き込むべき範囲の設定
   ・巻き込みのキーパーソンの特定/具体的な巻き込みのアクション手法
     ※巻き込みマップ等のワークシートを使いながら、体系的に方法論を押さえる
     ※方法論だけでなく具体的なコミュニケーション手法も押さえる
3
実務課題議論
   ・個人ワーク:自身の実務を題材とした「巻き込みマップ」の作成
   ・グループワーク:巻き込みマップを基にした議論とフィードバック
4
まとめ
その他
上記内容はあくまで標準的な構成例です。個社ごとのカスタマイズのご要望にも対応させて頂きます。

導入実績

導入社数 導入社数非公開
研修担当者の声

●若手社員の主体性を引き出したいと思い導入。自分の決められた役割から一歩踏み出せない、踏み出す方法が分からないという課題に対して、具体的な手法を学んだことで「自分から人を巻き込んでいく」という意識を強くもつようになった。
●当社はオペレーショナルな業務が多いという特性上、日々仕事をしているメンバーが固定され、若手は視点が自部署に閉じがちな傾向にあった。この研修を通じて、他部署の仕事や会社全体を見て、自分の仕事に取り組めるようになった。

受講者の声

【講義内容について】
●ケースを使ったグループワークが中心だったので、イメージがしやすかった。他の人の様々な考え方や巻き込みの知恵も知ることが出来き、とても参考になった。
●まだ自分の仕事だけで手一杯で、人を巻き込むという意識に欠けていた。巻き込みの手法だけでなく、巻き込む際の相手とのコミュニケーション方法など具体的なスキルを身に付けることができた。
●「人を巻き込む」ことについて、今まで漠然と自己流で考えてきたつもりだったが、思い付きが多かった。体系的に人を巻き込む手法を学べたことで「巻き込み」の幅が広げられる。

【オンライン受講ついて】
●オンラインでの受講でも、講義は非常に分かりやすく、集合研修と遜色なく、特に問題なく快適に受講することができた。
●投票機能やチャットなどを使い分けていたのが良かった。対面の研修では、意見が出しづらい雰囲気があるが、チャットを使うことでいつもより気軽に意見を共有することができた。

サービス資料を無料ダウンロード