企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

あなたは「日本だけ人材 or グローバル人材」?
6時間で「3年後が見えない時代を生き残る人材」になる戦略&実践スキルを!
東京都/渋谷区キャリア開発グローバルリーダーシップマネジメントコミュニケーション

あなたは「日本だけ人材 or グローバル人材」?
6時間で「3年後が見えない時代を生き残る人材」になる戦略&実践スキルを!

☑「グローバルで成功する人材の5つの要素」を身に付ける方法を学ぶ
☑自分らしいリーダーシップスタイルについて学ぶ
☑無料で学べる学習サイト(MOOC)の使い方について知る

このセミナーの受付は終了しました
受講対象 若手・中堅社員、管理職、経営者・経営幹部、人事・労務
開催日時

2019/02/16(土) 10:00 ~ 18:00 (受付2019/02/16(土)09:30~)

参加申込期限 2019/02/16(土) 09:30まもなく締め切り
受講費 38,000円 (支払い方法/参加費用は38,000円 (税別、テキスト代込)となっており、お支払いはお振込みとなります。)
会場名 BrickHills代官山 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セミナー概要

<開催概要>

<あなたは「日本だけで通用する人材?」それとも「グローバルでも通用する人材」? >

「グローバルでも通用する人材」が「グローバル人材」ですが、そこで多くの人がこんな疑問を持ちます。

「どんな人がグローバル人材?どうしたらグローバル人材になれるの?」

このセミナーはその疑問に答えるセミナーです。

当社では、2000年の創業以来、多くのグローバル人材と一緒に仕事をしてきています。その人たちには「共通した能力要素」があります。そして、その能力を使ってグローバルな環境で、様々な価値観を持った人達とごく自然に仕事をしているのです。

 

<なぜグローバル人材を育成できないのか?>

当社クライアントの90%以上は、「グローバル人材が足りない」という課題を抱えています。それは、「グローバル人材」への誤解からくる育成方法に起因しています。その誤解の1番目が、「グローバル人材=英語力」というものです。もちろん英語力は重要ですが、英語力さえつければ、多様な価値観の方々から一緒に働きたいと思ってもらえる「グローバル人材」になれるほど、世の中は甘くありません。さらにTOEIC600点で一応及第点という考えも、真のグローバル人材を育成することを阻害する要因になっています。このような「グローバル人材=英語力」という間違ったメッセージが混乱を招き、真面目に「自分をグローバル人材化する」道筋がずれてしまう傾向にあるのです。

 

<自分で決意した人だけがグローバル人材になる>

本セミナーでは、その捻れを修正し、日々の生活の中で自分を鍛錬し、自律的な「パーソナル・グローバリゼーション(個のグローバル化)」を促すものです。会社に命令されて「グローバル人材」になるのではなく、自分で決めて、効率的に自分をグローバル人材化していくのが本来あるべき姿なのではないでしょうか?

 

<本セミナーで得られること>

  • 「グローバルで成功する人材の5つの要素」を身に付ける方法を学ぶ
  • 自分らしいリーダーシップスタイル(オーセンティックリーダーシップ)について学ぶ
  • 無料で学べる学習サイト(MOOC)の使い方について知る
  • 自律的に自分をグローバル人材に変容させる決意をする

 

<どんな人が参加するべきか>

● 1年以内に自分をグローバル人材に変革したい人 

● 近い将来に海外駐在・グローバルプロジェクトへの参加の可能性がある人

● 他責な自分を自責に変えたい人

● リーダーシップを身につけるためにMBAを取得したいが、予算と時間がない人

● TOEIC高得点なのに外国人に論破されてしまう、ロジカルに話せない人

● 何とか英語学習を習慣化したいが何度も失敗している人

● 真面目で優秀だが「マルドメ(まるでドメスティック)」な人

● グローバル人材育成企画のご担当者

● 急激にグローバル展開する企業の経営企画

 

<このセミナーを導入している代表的企業>

トヨタ自動車株式会社、日本電産株式会社、株式会社三菱UFJ銀行、日立グループ、NTTグループ、NECグループ、ソフトバンクグループ株式会社、味の素株式会社、武田薬品工業株式会社、ノボノルディスクファーマ株式会社、本田技研工業株式会社、KPMGコンサルティング株式会社、株式会社電通、有限責任あずさ監査法人、ヨーロッパラグジュアリーブランドなどトップ企業の社員(選抜人材が70%)、延べ7000人以上が受講したワークショップを公開セミナーとしてお届けします。

 

<今どんなレベルの人材が求められているのか?>

一昔前までは、グローバルとは国際部や海外駐在を意味していましたが、現在では日本勤務でも、上司・同僚・部下や取引先が突然外国人になる、交渉やプレゼンテーションの相手が外国人になるのは普通になっています。国内において、人材不足は深刻さを増していて、今後、外国人の社員が急激に増加するのは避けようのない現実です。

そんな中、「そろそろ英語の勉強始めようかな」という日本人も増えてきていますが、残念ながらもうそのレベルではグローバルで通用しなくなっています。「英語ができる」のは既にスタンダードになっていて、多国籍で利害関係が複雑に絡みあったメンバーが参加する会議で、十分に存在感を発揮できるレベルが求められています。

 

※17時~18時は懇親会を実施いたします。

 

※ご注意:研修中の撮影・録音、ならびに同業の方のお申し込みはお断りしております。

プログラム

1日目
10:00 ~ 12:00
午前
10:00-11:00 自己紹介&「先進国・新興国のWar for Talents(人材獲得大戦争)」
11:00-11:20 グローバルで成功している人材のコンピテンシー(思考行動特性)
11:30-12:00 リーダーたちから学ぶ「右脳と左脳の使い方/ビジョナリーシンキング」
1日目
13:00 ~ 17:00
午後
13:00-13:45 成功者たちは「なぜ心が折れないのか/セルフエンパワーメント」
14:00-14:30 「なぜあの人は周りの人から共感されるのか/ダイバーシティー」
14:40-15:10 「コミュニケーションスキルセット/種類と鍛え方」
15:20-15:40 英語マニアの英語自己学習法と習慣化
15:50-16:45  自分グローバル度アセスメントを使った「パーソナル・グローバリゼーション(自分グローバル化)戦略を練る 」
16:45-17:00 ラップアップ
1日目
17:00 ~ 18:00
懇親会
ご自由にご参加ください。

講師情報

布留川 勝

グローバル・エデュケーション
代表取締役

布留川 勝(フルカワ マサル)

「グローバル&自立型人材育成」をミッションとし、海外トップビジネススクール、HRDコンサルタント、コミュニケーション・異文化・語学スペシャリスト等の人脈と協働で、200社以上の企業向け人材育成プログラムの企画・開発・コーディネートを手掛けている。最近では、「個のグローバル化」を狙いとした「パーソナル・グローバリゼーション」
コースを開発、講師を行っている。

詳細情報

開催日時 2019/02/16(土) 10:00 ~ 18:00 (受付2019/02/16(土)09:30~)
会場住所 東京都渋谷区代官山町9-15 BrickHills代官山  (地図を表示)
会場名 BrickHills代官山 
講師 布留川 勝
受講費 38,000円 (支払い方法/参加費用は38,000円 (税別、テキスト代込)となっており、お支払いはお振込みとなります。)
定員 30名
参加申込期限 2019/02/16(土) 09:30
申込後のキャンセル期限 2019/02/16(土) 09:30
受講対象 若手・中堅社員、管理職、経営者・経営幹部、人事・労務
主催 グローバル・エデュケーション

企業情報

グローバル・エデュケーションアンドトレーニング・コンサルタンツ株式会社
グローバルエデュケーションアンドトレーニングコンサルタンツカブシキカイシャ
所在地 〒150-0034  東京都渋谷区代官山町9-15BrickHills代官山
対応エリア 全国、海外
代表者名 布留川 勝
従業員数 22名
資本金 1,000万円
事業カテゴリ 人材育成・研修

この企業が主催する他のセミナー情報