企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修

株式会社エイチ・アール・ディー研究所

http://www.hrdins.co.jp/

〒101-0032 東京都中央区銀座6-16-12丸高ビル3階
対応エリア:全国、代表者名:吉田繁夫、従業員数:30名、資本金:1,000万円

東京都/渋谷区 受講対象: 管理職 経営者・経営幹部 人事・労務 事務・総務 マーケティング

Visual Practice:グラフィックファシリテーション基礎講座

『合意形成やコミュニケーションを円滑にする』
『アイデアやイノベーションが起きる場にする』
『対話を活性化させ主体性を育む』
『話されたことを整理して、次の対話に活かす』

  • 経営戦略・経営管理
  • 労務・賃金
  • 人事考課・目標管理
  • キャリア開発
  • コミュニケーション
開催日時

2018/11/25(日) 09:50 ~ 18:00 (受付2018/11/25(日)09:50~)

受講費 18,000円 (支払い方法/銀行振り込み(事前振り込み)
※法人参加21,000円(税込)となります。)
会場名 EIJI PRESS Lab@恵比寿

セミナー概要

■ご案内

こんな場面に困っていませんか。

時間だけが過ぎていくもやもやした会議
楽しいだけで終わってしまうワークショップ
次に繋がらない話し合い
イノベーションがおきそうにもないアイデア出し
伝えたいことが伝わらないコミュニケーション

<話をその場で見える化することで、見えない価値観や想いを描き、目の前の相手(一人のときは自分自身)に寄り添う> VisualPractice

その一つがグラフィックファシリテーションです。

グラフィックファシリテーションは、話し合いや、ワークショップ、議論等を、その場で文字やイラストをつかってリアルタイムに可視化して共有する手法です。

『合意形成やコミュニケーションを円滑にする』
『アイデアやイノベーションが起きる場にする』
『対話を活性化させ主体性を育む』
『話されたことを整理して、次の対話に活かす』

ことができるようになります。

本講座では、絵が苦手な方でも、絵と文字で描くことで<話を見える化する練習>ーVisualPracticeの基礎を学びます。

グラフィックファシリテーションにより、アイデアの種や対話のプロセスが見える化されることで、対話の繋がりや重要なポイントが見えるようになり、対話が活性化します。また、その場にいる人の主体性を引き出し、主体的な行動が起きやすくなります。話を聴くだけ、その場にいるだけの場づくりから、安心して話せる参加型の場づくりを実践したい方にもお越しいただきたい講座です。

毎年開催されるグラフィックファシリテーション等実践者(Visual Practitionarと呼びます)のカンファレンスEuViz2018に、今年の8月、本講座の講師である鈴木が参加していきました。約200名が28カ国から集まり、「話の見える化」による組織開発やよりよい社会にするための教育現場や企業内での活用について知恵を共有しました。

■内容

◇話の見える化による効果を体験し、理解する

◇ペンの持ち方から線の引き方まで、対話のプロセスの描き方を基礎から学ぶ

◇絵を描くことのハードルを下げ、何のためにグラフィックファシリテーションを活用するのか理解する

◇楽しく描くことで、前向きな気持ちになることを体験する

 

参加条件

1)集合時刻に間に合うようにスケジュールの調整ができる。
(遅れる場合、早退される場合は事前にお知らせください)

2)ワークショップ参加費に関する下記のキャンセルポリシーを守ることができる。
(事前振り込み制で運営されています。参加費の事前振り込みで申し込み手続きが完了します。)

※キャンセルポリシー

前日から

100%

2週間前から2日前

60%

30日前~15日前

20%

3)ファシリテーターの大川の研究・研鑽のため、セミナーを録音をすることがございます。ご了承ください。録音されたものは大川のみが使用いたします。

4)講師あるいはファシリテーターが感染力の高いインフルエンザ等の感染症に感染・発症が疑われるか、感染・発症していることが明らかな場合、あるいは天災、不慮の事故で講座に登壇できない場合は、講座を開催中止いたします。あらかじめご了承ください。受講者側で発生した宿泊費・交通費などその他の費用については補償いたしません。

5)本セミナーの参加で獲得できた知識やスキルを、組織内の当事者として組織に対して活用して頂きたい、本セミナーにできるだけ多くの方に体験してもらいたい、さらには、参加して頂いた方に喜んで頂けるセミナー内の<対話>の場をつくるという方針で、弊社は本セミナーを開催しております。この方針に基づいて、参加申し込みの受け付けにあたり(特に残席が少なくなってきた場合や応募人数が少ない場合)、FBページやメールで<御招待>した方、あるいは、初めて弊社のセミナーに参加する方、組織内の当事者として本セミナーで得られる知識やスキルを活用することを考えている方を優先する場合がございます。ご了承ください。

プログラム

日時 内容
1日目
9:50 ~ 18:00
グラフィックファシリテーション基礎講座
チェックイン

グラフィックファシリテーションとは
描くための基礎練習
聴くための基礎練習
一人で頭の中を整理する
対話しながら描く
実践事例
安心安全の場づくりのために

チェックアウト

講師情報

TAGAYASU
TAGAYASU代表
凸凹フューチャーセンター共同代表
(社)グラフィックファシリテーション協会認定 プロフェッショナル
IFVPメンバー

鈴木 さよ(スズキ サヨ)

メーカーにて働き方変革プロジェクトメンバーに携わった後、大学勤務の中で、グラフィックファシリテーションと出会い、Visual Practicionerとしての活動を開始する。

300以上の現場を経て、現在は発達凸凹(発達障害)や組織開発、教育現場、対話の場づくりをよりよくするツールとして活用を探求している。
教育委員会、教育関係者向けの講座や、聴覚障害者、発達障害、支援者向けの講座を多数実施。2018年7月に開催されたEuViz2018(Visual Practicionerの世界大会)にて、日本での取り組みを紹介。

詳細情報

開催日時 2018/11/25(日) 09:50 ~ 18:00 (受付2018/11/25(日)09:50~)
会場住所 東京都渋谷区恵比寿南1-9-12 EIJI PRESS Lab (地図を表示)
会場名 EIJI PRESS Lab@恵比寿
講師 鈴木 さよ
受講費 18,000円 (支払い方法/銀行振り込み(事前振り込み)
※法人参加21,000円(税込)となります。)
定員 5名
参加申込期限 2018/11/15(木) 17:00
申込後のキャンセル期限 2018/11/15(木) 09:50
受講対象 管理職、経営者・経営幹部、人事・労務、事務・総務、マーケティング
主催 株式会社エイチ・アール・ディー研究所、株式会社HRT 共主催

他のセミナー情報