企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修

株式会社エイチ・アール・ディー研究所

http://www.hrdins.co.jp/

〒101-0032 東京都中央区銀座6-16-12丸高ビル3階
対応エリア:全国、代表者名:吉田繁夫、従業員数:30名、資本金:1,000万円

無料東京都/千代田区特典あり 受講対象: 人事・労務 事務・総務 財務・税務・資産管理 法務・コンプライアンス

【無料セミナー】なぜ「組織のコミュニケーション」は活性化しないのか
〜調査データから見えてくる効果的な研修や取り組みとは〜

コミュニケーションの量と質の両方を同時に見える化する「コミュニケーションの頻度/深度調査」のデータから、どのような研修や取り組みにつなげていくことが有効なのかを解説します。

  • 人事考課・目標管理
  • マネジメント
  • コーチング・ファシリテーション
  • チームビルディング
  • コミュニケーション
開催日時

2018/09/06(木) 14:00 ~ 17:00 (受付2018/09/06(木)13:20~)

受講費 無料
会場名 人をテーマにした自由研究スペース“Yosemite”

セミナー概要

■ご案内:

組織内におけるコミュニケーションの重要性が言われて久しくなります。

  • 風通しの良い組織から、創造性が育まれる
  • 場の安全性が、行動の質につながる
  • 上司・部下間の意思疎通が取れている組織ほど、パフォーマンスが高い
  • アサーティブな会話から相互信頼が生まれる

などなど。

上記のような仮説にのっとり、様々な研修や取り組みがなされてきたものの、実際、

  • 気軽にコミュニケーションがとれるようになった
  • 組織の空気や雰囲気が変わった
  • アイデアがどんどん出るようになった

などの声はなかなか現場からは聞こえてきません。

なぜでしょうか?

HRD研究所のコミュニケーションの量と質の両方を同時に見える化する
「コミュニケーションの頻度/深度調査」のデータから明らかになってきたことは、
面談のやり方や会話の進め方、聞き方、話し方といった、
「コミュニケーションが始まってからのスキル」をいくら強化しても、
コミュニケーションが始まらないことには、何の効果もない、という事実です。

また、コミュニケーションの質に注目した時に、
仕事上で必須と思われるコミュニケーションをいくら増やしても、
コミュニケーションの量的な満足度の指標には、ほとんど影響がない

という分析データも見えてきました。

もちろん、組織のもともと持つカルチャーや風土によって、
求められるコミュニケーションには一定の偏りがあります。

本セミナーでは、HRD研究所の持つ調査データの分析結果を参照しながら

  • コミュニケーションの質とは何か
  • コミュニケーションの機会があることと、上司からの「声かけ」があることの重みの違いはどの程度あるのか
  • 上司によって、どのくらいのばらつきや傾向が見られるのか
  • そのばらつきや傾向が、部下からのコミュニケーションの満足度にどんな影響があるのか
  • データをもとに、どのような取り組みにつなげていくことが有効なのか

を解説していきます。

  • より良い組織風土の醸成に取り組まれようとしているみなさま
  • 組織パフォーマンスを向上させる「次の一手」をお探しのみなさま
  • 本当に効果が目に見えるコミュニケーション研修や取り組みを実施したいみなさま

本セミナーにご参加ください。なお、本セミナー受講の特典として、
2つの組織(比較分析データをお出ししますので、2つの組織でお願いいたします)
対象者(上司)最大50名様まで(回答者は最大1000名まで)の
コミュニケーション調査を無料で実施いたします。

みなさまのご参加をお待ちしております。

プログラム

日時 内容
1日目
14:00 ~ 17:00
なぜ「組織のコミュニケーション」は活性化しないのか
・コミュニケーションの質とは何か
・コミュニケーションの機会があることと、上司からの「声かけ」があることの重みの違いはどの程度あるのか
・上司によって、どのくらいのばらつきや傾向が見られるのか
・そのばらつきや傾向が、部下からのコミュニケーションの満足度にどんな影響があるのか
・データをもとに、どのような取り組みにつなげていくことが有効なのか

講師情報

吉岡 太郎

株式会社エイチ・アール・ディー研究所
取締役

吉岡 太郎(ヨシオカ タロウ)

東京大学大学院修了後、ウィルソン・ラーニングワールドワイド株式会社に入社。
パフォーマンスコンサルタント/インストラクターとして独立系ITベンダープロジェクトマネジメント力強化プロジェクト、ユーザー系ITベンダー人材開発アウトソーシングプロジェクトなどを担当。

2005年からは株式会社エイチ・アール・ディー研究所にて認知科学の観点からの研修プログラムの設計・開発や、「人材開発担当者のプロフェッショナル化」を支援するための各種アセスメント・ワークショップなどを開発・実施している。

共著に「プロフェッショナル・トレーナーへの道(日経BP出版)」がある。

詳細情報

開催日時 2018/09/06(木) 14:00 ~ 17:00 (受付2018/09/06(木)13:20~)
会場住所 東京都千代田区岩本町1丁目13番5号 8ビル 3F (地図を表示)
会場名 人をテーマにした自由研究スペース“Yosemite”
講師 吉岡 太郎
受講費 無料
定員 8名
特典 2つの組織(比較分析データをお出ししますので、2つの組織でお願いいたします)/対象者(上司)最大50名様まで(回答者は最大1000名まで)のコミュニケーション調査を無料で実施
参加申込期限 2018/09/06(木) 13:00
申込後のキャンセル期限 2018/09/06(木) 13:00
受講対象 人事・労務、事務・総務、財務・税務・資産管理、法務・コンプライアンス
主催 株式会社エイチ・アール・ディー研究所

他のセミナー情報