企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
その他

株式会社読売新聞東京本社

http://kyoiku.yomiuri.co.jp/chikara/

〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1
対応エリア:北海道・東北[北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県]、関東[茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県]、信越・北陸[新潟県 富山県 石川県 福井県 長野県]、東海[静岡県]、代表者名:山口寿一、従業員数:3000名、資本金:10億円

無料東京都/千代田区特典あり 受講対象: 管理職 経営者・経営幹部 人事・労務 事務・総務 営業・販売・サービス その他

<参加特典あり!  研修ご担当者様向け>
『読む力』『書く力』『会話する力』を学び、ビジネススキルを伸ばす!
読売新聞研修事業「新聞のちから」無料体験セミナー

若手から管理職まで社員のビジネススキルを高めたいとお考えのご担当者向けに、基本となる研修を体験していただき、ポイントをわかりやすく解説します。定員50名様、先着順。※10月3日にも同内容セミナーあり。

  • コミュニケーション
  • プレゼンテーション
  • ロジカルシンキング・課題解決
  • 営業・接客・CS
  • ビジネスマナー・基礎
開催日時

2018/09/11(火) 15:00 ~ 17:00 (受付2018/09/11(火)14:30~)

受講費 無料
会場名 読売新聞東京本社3階「新聞教室」

セミナー概要

読売新聞の研修事業『新聞のちから』とは

次年度の新入社員をはじめとする人材育成・開発についての情報収集の時期を迎えいてます。

中でも若手社員に対しては、次のような課題意識をお持ちだという声をいただくことが増えています。

・初対面の人と上手く会話ができない社員が多い

・社会の出来事に対する関心が薄く、興味の幅が狭い

・簡潔でわかりやすい文章が書けない社員がおり、業務の円滑な遂行が難しい

これらはいずれも、ビジネスの基礎である、『読む力』『書く力』『会話する力』が身に付いていないために起こっていることです。この3つの要素をバランス良く養うことは、社員のビジネスパーソンとしてのスキルの向上、現場での即戦力強化につながります。

 

◆『読む力』『書く力』『会話する力』身に付けるカギは『新聞』にこそあり!

わたしたちは、これらの3要素を効果的に学ぶポイントは『新聞』にあると考え、企業向けの研修プログラムを開発しました。それが『新聞のちから』です。研修対象は、内定者、新入社員はじめ若手から管理職まで幅広く対応しています。

「新聞のちから」講義ワークショップという集合研修と、ワークシート、論文添削による通信教育
組み合わせて継続的に学習できるのが特色です。

  研修内容やスケジュールはご相談の上、柔軟に組み立てていきます。
新聞を活用するため、研修期間中、受講生の方には読売新聞を定期購読していただきますが、
研修費用は原則として購読料のみです。講師料、教材費、添削料は一切かかりません。

※なお、「新聞のちから」は読売新聞東京本社だけでなく、大阪、西部の各本社でも実施、全国で対応しています。

【新聞のちから】で学べる3つのちから

=================================================================

1、書く力

「重要なことから順に」「一文を短く」など、新聞記事には伝わる文章を書くためのノウハウが詰まっています。社内の報告書を書くときなど様々な場面で応用できる新聞記者の文章テクニックを、ワークや講義を通して伝授します。

2、読む力

ビジネスに必要な情報を、どうやって効率よく集めるか。講義やワークを通して、新聞記者が新聞の効率的な読み方を伝授します。

3、会話する力

新聞を読む習慣をつけ、関心の幅が広がれば、会話も豊かなものに。ビジネスのカギを握る「雑談力」を磨きます。

=================================================================

「本セミナー」について

2016年の提供開始から、多くの企業・団体に導入いただいており、若手社員を中心に管理職層まで、幅広く社員のビジネススキルの向上に寄与してきました。

今回の無料体験セミナーでは、2時間で『新聞のちから』の研修プログラムを実際に体験いただける内容となっております。

ぜひ奮ってご参加ください。定員50名様、先着順。

なお、特典として、本体験セミナー参加者全員に「竹内政明の『編集手帳』傑作選」(中公新書ラクレ)をプレゼントいたします。

※人気セミナーのため、ご参加は1社2名までとさせていただきます。

 

当日のプログラムは、下記を予定しております。

(内容が変更になる場合もございますので、あらかじめご了承下さいませ)

=========================

1.「新聞のちから」とは(ご説明)
2.「新聞を効率的に読む」(講義)
3.「見出しをつけてみよう」(ワーク)
4.「分かりやすい文章とは」(講義)
5.「論文に挑戦」(ワーク)
  ※新聞記事をもとにした課題に対して200~300字程度の
   論文を書いていただき、後日、添削してお返しいたします。
6. 質疑応答

=========================

 

みなさまのご参加をお待ちしております!

 


実際の研修風景です(東海エンジニア株式会社様)

講師情報

小屋敷 晶子

読売新聞東京本社
教育ネットワーク事務局 
◆本セミナーでは、【読む力】のセクションを担当します。

小屋敷 晶子(コヤシキ アキコ)

浦和支局、世論調査部を経て、文化部で教育と文芸を中心に取材。人事部では研修を担当し、NIE事務局で教育現場の新聞活用に関わった。

吉山 隆晴

読売新聞東京本社
教育ネットワーク事務局 
◆本セミナーでは、【書く力】のセクションを担当します。

吉山 隆晴(ヨシヤマ タカハル)

青森支局、世論調査部などを経て、政治部。首相官邸、与野党、国会、総務省、外務省などを取材。2012年からは一転、人事部で採用を担当した。

詳細情報

開催日時 2018/09/11(火) 15:00 ~ 17:00 (受付2018/09/11(火)14:30~)
会場住所 東京都千代田区大手町1-7-1 (地図を表示)
会場名 読売新聞東京本社3階「新聞教室」
講師 小屋敷 晶子、吉山 隆晴
受講費 無料
定員 50名
特典 ご参加いただいた方、全員に「竹内正明の『編集手帳』傑作選」(中公新書ラクレ)をプレゼント!
参加申込期限 2018/09/07(金) 12:00
申込後のキャンセル期限 2018/09/10(月) 12:00
受講対象 管理職、経営者・経営幹部、人事・労務、事務・総務、営業・販売・サービス、その他
主催 読売新聞東京本社・教育ネットワーク事務局

他のセミナー情報

このセミナーに関係するサービス