企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修
組織・人事コンサルティング
その他

有限会社サントウ経営事務所

http://sntkei.com

〒277-0031 千葉県柏市亀甲台町1-19-9
対応エリア:全国、代表者名:山藤 茂、従業員数:5名、資本金:300

このセミナーの受付は終了しました。
無料東京都/中央区特典あり 受講対象: 経営者・経営幹部 人事・労務

★「人事評価制度がゼロから策定できるノウハウを習得する」~制度の策定・運用ノウハウ習得のための人事講座の『半日体験』セミナー(0713)

人事評価制度(人材育成の全体骨子・資格等級・評価・賃金・目標管理・教育・運用準備など)の知識・ノウハウ・見識を習得頂く「人事講座」の半日体験セミナーです。評価基準書作成の体験演習も実施します。

  • 経営戦略・経営管理
  • モチベーション・組織活性化
  • 労務・賃金
  • 人事考課・目標管理
  • マネジメント
開催日時

2018/07/13(金) 13:30 ~ 16:30 (受付2018/07/13(金)13:20~)

受講費 無料
会場名 中央区立日本橋公会堂・研修室(お申込み後に会場案内図送付します)

セミナー概要

■■■■■■■ このような方々のご出席をお待ちいたします ■■■■■■■

●社内の人事(又は人事関連部門)責任者・担当者様にとっては・・・

・ご紹介の人事講座(策定・運用ノウハウの習得)にご関心をお持ちの方
・社内で制度の策定・見直しや人材育成に向けた取組みを行うご予定の方
・制度の専門知識・ノウハウを身に付けることで新たなキャリアを形成したい方

●士業(税理士・中小企業診断士・社労士・FPなど)の方にとっては・・・

・独立開業しており(又はする予定で)新たに人事関連ノウハウを保有したい方
・人事コンサルタントとして独立を考えている方

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

●人事評価制度は優先順位の “低い” 経営課題なのか?

 

 多くの企業では、たとえ制度不備や人材育成上の問題が発生していても、解決に向けた取り組みの優先順位は

 さほど高くはありません。

 

 すぐに会社の業績に直結するかというと必ずしもそうではないので、どうしても後回しになってしまいます。

 

 しかし、制度改善や人材育成の取り組みは、継続してこそ意味があります。

 しかも、会社課題や人材課題を解決する仕事ぶりを明確に示し、そして実践することで「人材育成・企業

 体質の改善・業務品質の向上」につながります。

 

 更に、人材と仕事の観点から発生する様々なリスクを未然に防ぐという「リスク管理」の切り札にも

 なります。

 

 だからこそ、人事評価制度の整備や人材育成は、「緊急性」「重要性」共に高いものなのです。

 

 特に、緊急性は上記のとおり現象的にはあまり高くないように見えますが、目に見えない様々な機会損失

 が発生し続けているのが多くの会社の実態です。

 

●知識・ノウハウを保有していなくても自社内で整備することが本当に有効か?

 

 制度見直しや人材育成策の取組みを実施する会社の多くは、自社内で実施しようとされます。

 これ自体には何ら問題はありません。

 

 また、担当者に知識もノウハウも実経験がなくても「まずはトライしてみなさい」と社内で独力で整備し

 ようとします。本当の意味で担当者の成長を意図しているのであれば、これも特に問題ではありません。

 

 しかし多くの会社の実態を見ますと、社長・経営層と担当者で以下のような問題が発生しています。

 

 ≪社長・経営層≫

 

 ・人事評価制度の本当の意義や目的を正しく認識できていない。

  経営課題としての優先度も低い(と思っている)。

  結果として担当者任せでサポートもほとんど「しない、できない」・・・

 

 ≪担当者≫

 

 ・日常業務に追われて時間が取れない。知識・ノウハウもない。進捗のフォローもないので後回し。

  結果として、2・3年前から取り組んでいるがほとんど何も整備できていない。あるいは、ノウハウ本

  の内容をほとんどそのまま流用している・・・

 

 もちろん、上記の現状は会社によって程度差はありますが、同じような傾向の会社が大変多いのも事実

 です。

 

 まずは、社長・経営層が重要な経営課題の一つとしての認識を持つこと。

 そして、担当者に対しては、人事評価制度策定の知識やノウハウを習得できる環境を整えることが必要

 なのではないでしょうか。

 

●多くの中小企業の人事部門は “何でも屋” になっている?

 

 人事部門は売上や利益を稼ぎ出す部門ではありません。

 本来業務は、「必要人材の確保と育成」を通じて付加価値向上(≒業績・企業体質等)に貢献すること

 ですが、多くの会社の人事部門の実態は、ただ単に他部門へのサービス提供部門(≒何でも屋)になっ

 ています。

 

 しかしそうではありません。本来の目的をきちんと遂行していかなければなりません。

 

 そのためにも、人事部門の重要な取組である人事制度(≒人材育成)をテーマにして、他部門と対等に

 (対等以上に)人材育成について議論し主導していく必要があります。

 人事部門と自分自身の価値や役割・責任を社内で認知させ、人材育成に貢献していくことが望まれ

 ます。

 

●自社内で制度策定(人材育成の仕組み作り)ができる人材を育てる

 

 人事評価制度は「制度」ではありません。「人材育成ノウハウそのもの」です。

 

 「人事評価制度策定ノウハウ」と「制度策定ノウハウ習得講座の半日体験」で、

 人事といった観点からのモチベーション・スキル・業績アップの取り組みを実体験

 してください。

 

 ・自社内で制度策定(≒人材育成ノウハウの構築)と運用ができる人材を育成し、

 ・自社オリジナルな人材育成の仕組み作りのための “初めの一歩”

 

 にして頂ければ幸いです。

プログラム

日時 内容
1日目
13:30 ~ 14:30
【第一部】
 ~人材育成・職場活性化・業績向上を実現する人事評価制度とは
─────
●人事評価制度と企業競争力の関係

●理念・ビジョン・行動規範に適う人事評価制度とは

◆体験演習の実施◆
 ~事例を基に、「理念・ビジョン・行動規範」を「評価要素」に落とし込む

●資格等級制度における最も大事な留意点

~整備するだけでは絵に描いた餅。資格等級制度の本当の意味を周知しステップアップ
 に向けた環境を整備する。

●評価制度における最も大事な留意点

~評価そのものが本来の目的ではない。評価を通じて本人の長短所を見極め
 改善することができる評価基準書を整備(10の留意点を制度に反映)する。

◆体験演習の実施◆
 ~事例を基に、評価基準書(評価シート)を作成する
──
1日目
14:30 ~ 15:30
【第一部】(上記からの続き)
 ~人材育成・職場活性化・業績向上を実現する人事評価制度とは
─────
●賃金制度における最も大事な留意点

~社員から見た8つの条件と、会社から見た5つの条件とは

●目標管理制度における最も大事な留意点

~社員一人一人が能動的にテーマ達成のシナリオ作りができる仕組みと
 ノウハウを整備・習得する。

●運用面における最も大事な留意点

~フィードバック面談の仕組みを整備し、その意義(上司・部下の両面)を周知
 する。部下支援力ノウハウを習得する

~制度を整備して運用するだけで人材育成や業績向上が実現できるほど甘く
 ない。具体的な仕組みを作りこむ。また、定性的にしか把握できなかった
 人材育成度合いの指標化・可視化を行う。
1日目
15:30 ~ 16:30
【第二部】
 ~全7回シリーズの「人事評価制度策定ノウハウの習得講座」の紹介
─────
●講座の特長(狙い・メリット)、進め方、期間・頻度・時間・費用、特典など
 について、詳細をご紹介させて頂きます。

講師情報

有限会社サントウ経営事務所
代表取締役。中小企業診断士

山藤 茂(サントウ シゲル)

日立製作所の人事勤労部門に15年在籍後、独立。情報処理サービス、電子機器メーカー、建設、商社、サービス等で、「戦略立案、人事制度の策定・運用、人材・組織の開発と活性化、営業生産性向上」などの実践支援を展開。累計約150社(事業所)。★書籍~「人事評価制度に人材育成の仕組みと儲かる仕組みを組み込む法」(文芸社)、「小さな会社の人事評価制度パーフェクトバイブル」(クロスメディアパブリッシング)

詳細情報

開催日時 2018/07/13(金) 13:30 ~ 16:30 (受付2018/07/13(金)13:20~)
会場住所 東京都中央区日本橋蛎殻町1-31-1
会場名 中央区立日本橋公会堂・研修室(お申込み後に会場案内図送付します)
講師 山藤 茂
受講費 無料
定員 10名
特典 ★人事制度の無料診断
~ご希望の企業様は、セミナー会場にて講師に直接ご要請下さい。別途日程調整させて頂き、ヒヤリングや関連資料の確認により、現状確認・課題抽出・改善策をレポートとしてご提示致します。
参加申込期限 2018/07/12(木) 20:00
申込後のキャンセル期限 2018/07/12(木) 10:00
受講対象 経営者・経営幹部、人事・労務
主催 有限会社サントウ経営事務所

他のセミナー情報