企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
人材育成・研修
語学・資格・学校

日本語・漢字を学ぶ楽しさを提供し、豊かな社会の実現に貢献します公益財団法人日本漢字能力検定協会

コウエキザイダンホウジンニホンカンジノウリョクケンテイキョウカイ

http://www.kanken.or.jp

〒605-0074 京都府京都市東山区祇園南側551番地(担当:東京事務局 時田)
対応エリア:全国、海外、代表者名:代表理事 会長 髙坂 節三、従業員数:120名、資本金:なし

【京都開催】「社員の文章力に課題を感じるが、育成の方法がわからない」とお悩みの経営者・人事・管理職の方へご案内です。『論理的文章を書くためのメソッドとは』
無料京都府/京都府京都市下京区特典あり 受講対象: 管理職 経営者・経営幹部 人事・労務 面接官・リクルーター エンジニア・IT 営業・販売・サービス

【京都開催】「社員の文章力に課題を感じるが、育成の方法がわからない」とお悩みの経営者・人事・管理職の方へご案内です。『論理的文章を書くためのメソッドとは』

日本語の能力育成を理念に掲げる公益財団法人だからこそできる、社会人に求められる文章能力を基礎から学べるセミナーです。これまで一部の企業で実施したセミナーを、皆様に無料で受講いただけるよう企画しました。

  • コミュニケーション
  • プレゼンテーション
  • ロジカルシンキング・課題解決
  • 営業・接客・CS
  • ビジネスマナー・基礎
開催日時

2017/11/21(火) 15:30 ~ 17:00 (受付2017/11/21(火)15:00~)

受講費 無料
会場名 TKP京都駅前カンファレンスセンター カンファレンスルーム3B

セミナー概要

■現代のビジネスで必要なコミュニケーション力

グローバル社会の現在、ビジネスにおける業務の高度化とIT化は、求められる日本語力を大きく変化させました。業務を的確に効率的に進めるためには、関係者が理解し納得できる論理的なコミュニケーション力が必要です。

また、コミュニケーションの方法は、対面から電話、電話からメールやシステムへと変化してきました。複数の関係者と文面でやり取りし、その履歴を残す必要性が求められるようになったといえます。

■企業から寄せられるお悩みの声

経営者や管理職、人事の方から、「ビジネスにおいて文章の重要性は増している」というお声をいただく一方、

「報告書を読んでも、何を言いたいかわからない」「多くの情報を詰め込みすぎていて、読むだけで時間がかかる」「専門用語を使わずに、顧客や他部門へわかりやすく説明ができない」といったお悩みを伺います。

■文章力はセンスではなく育成が可能

「文章が苦手」と感じている方は、「書けない」のではなく「書き方を知らない」という可能性が高いと思われます。論理的な文章を書くための方法について、これまで体系的なトレーニングをしてこなかったといえるでしょう。

また、現代社会ではSNSの利用が進んだことで、互いに共通認識がある相手とのやりとりや、状況を一方的に発信するコミュニケーションが増えました。このような時代背景によっても、構成が整った論理的な文章を書く機会は相対的に減ったといえるでしょう。

当協会は、文章力はセンスではなく育成が可能だと考えています。一般的に「文章力」と一括りにされているものは、実は複数の能力によって成り立っています。それらを測定し、不足するところを補えば、一定レベルの論理的な文章力は誰でも身につけることが可能です。

■これまでクローズドで開催していたセミナーを無料で受講可能

今回は、これまでご要望いただいた企業内限定で実施していた『文章力向上セミナー』を無料で受講いただけるように企画いたしました。人財育成を手がける経営者・部門長や人事ご担当者だけでなく、貴社内で文章力育成の必要性を感じる方にも受講いただければと思います。※『文章検』企業導入実績:のべ145社・セミナー実績:のべ57回(2013年開始以降の実績)

当協会コンテンツ(「文章検公式テキト」「文章読解・作成能力テスト(文章力テスト)」)から「論理的で、相手にとってわかりやすい文章を作成する能力」のメソッドをご紹介します。

本セミナーは聴講形式だけでなく、ワークを取り入れた形式です。実際に手を動かして、文章を書いていただきます。

※申込方法※---------------------------------------------------------------------------------------

「このセミナーに申し込む」をクリックいただくと、「参加人数」と「要望・質問」の記入欄が表示されますので、「要望・質問」欄に当日参加者の ①氏名 ②年齢 ③担当職務 ④今回ご参加いただく理由 をご記載ください。

尚、今回無料セミナーという事もあり、1社あたり2名までのエントリーとさせていただきます。

※ご同業の参加については固くお断りさせていただきます。個人の方のご参加についてもご遠慮いただいております。

【セミナー内容】(約90分間)--------------------------------------------------------------------

1)なぜ文章力が求められるのか?

メールや企画書・報告書の作成など、業務で文章を作成しない日はないと言っても過言ではありません。業務で必要なコミュニケーション力・文章力の特徴をお伝えします。

2)論理的な文章を書くためのメソッドとは?

文章力は育成可能な技術です。論理的な文章を書くためのメソッドを紹介し、ワークを交えながらポイントを体感していただきます。

3)実践してみましょう

ご紹介したメソッドを活用し、新人の日報を先輩・上司として指導するというケースワークや、あるシチュエーションで顧客に物事を伝える文書作成など、実践に近い形で文章を書いていただきます。

※ここで作成いただいた文書は、添削のうえ後日ご返却いたします。


論理的な文章能力は論理的なコミュニケーションの基礎になります

プログラム

日時 内容
15:30 ~ 17:00
論理的文章を書くためのメソッドとは~業務の質と効率を上げる文章力育成~
1)なぜ文章力が求められるのか?
   業務で必要なコミュニケーション力・文章力の特徴

2)論理的文章を書くためのメソッドとは?
   文章作成の際に心がけたいポイント・メソッドの体感

3)実践してみましょう
   部下や後輩の文章を直す指導ワーク
   特定のシチュエーションで顧客へ文書を書くワーク

※筆記用具(鉛筆/シャープペンシル)が必要です。手書きを行うワークがありますので必ずお持ちください。

講師情報

  
     
  
  寺西 剛
     
  

公益財団法人 日本漢字能力検定協会
普及部 西日本検定活用推進チーム

寺西 剛(テラニシ ゴウ)

2002年 (株)パソナ入社。電機業界、自動車業界、製薬業界のHRコンサルティング及び、派遣スタッフのサポート・フォロー、キャリアカウンセリングを担当。
また大学生向けの就職対策講座の企画・運営、第二新卒者向けの社会人基礎力養成研修にも携わる。2015年より現職。

詳細情報

開催日時 2017/11/21(火) 15:30 ~ 17:00 (受付2017/11/21(火)15:00~)
会場住所 京都府京都府京都市下京区真苧屋町195 福井ビル 3F (地図を表示)
会場名 TKP京都駅前カンファレンスセンター カンファレンスルーム3B
講師 寺西 剛
受講費 無料
定員 40名
特典 セミナーの最後に、ビジネスシーンで遭遇する実践的な文章作成のワークがあります。お帰りの際に提出いただき、後日内容を添削したものと解説を併せてご報告いたします。
参加申込期限 2017/11/21(火) 12:00
申込後のキャンセル期限 2017/11/21(火) 12:00
受講対象 管理職、経営者・経営幹部、人事・労務、面接官・リクルーター、エンジニア・IT、営業・販売・サービス
主催 公益財団法人 日本漢字能力検定協会

他のセミナー情報