企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ


事業カテゴリ:
組織・人事コンサルティング
人材育成・研修
人材アセスメント・サーベイ

コーン・フェリー・ヘイグループ株式会社

http://www.haygroup.com/jp/

〒100-0005 東京都千代田区丸の内1-8-1丸の内トラストタワー N館 14階
対応エリア:全国、海外、代表者名:高野 研一、従業員数:70名

このセミナーの受付は終了しました。
組織力・組織風土を高める社員意識調査&ソリューション
無料東京都/千代田区 受講対象: 若手・中堅社員 管理職 経営者・経営幹部 人事・労務

組織力・組織風土を高める社員意識調査&ソリューション

本セミナーでは実証研究の結果に基づき、効果的に組織風土を改善するリーダーシップの型が存在することなど、リーダーの行動改革について紹介します。

  • 経営戦略・経営管理
  • モチベーション・組織活性化
  • グローバル
  • リーダーシップ
  • コミュニケーション
開催日時

2017/11/22(水) 14:00 ~ 16:00 (受付2017/11/22(水)13:30~)

受講費 無料
会場名 トラストシティ カンファレンス・丸の内 Room2

セミナー概要

経営環境の激変、経営改革の断行、働き方改革などにより、近年現場にかかる負荷が高まってきています。これらを反映して、日本企業の組織風土には、近年下記のような変化が見られるようになってきました。

  • 個人に対する尊重の姿勢は高まる一方で、社員のエンゲージメントは低下
  • かつて日本企業の強みであった「決められた業務分担を越えて仕事に取り組む意欲」 「会社に対する誇り」の低下
  • 品質、顧客サポート、高い業績の追求などに関する肯定的回答率の低下
  • 日本のものづくりの現場を支えてきた生産部門と品質部門の社員エンゲージメントが低い

本セミナーでは、コーン・フェリー・ヘイグループの社員エンゲージメント調査(組織風土調査)に基づき、日本企業における組織風土の最近の傾向と課題、それに対する解決策を紹介します。特に、本調査によって組織風土を7つのタイプに分けることが可能になること、自社がどのタイプに属するのかによって、打つべき施策が変わってくることについて解説します。また、社員意識調査後に実施すべきワークショップなどの施策と、実際の活用事例を紹介します。


【プログラム概要】
■コーン・フェリー・ヘイグループの社員意識調査の特徴
■日本企業における近年の注目すべき傾向
■組織風土は7つのタイプに分けられる
■タイプ別の組織風土改善アプローチと事例紹介
■組織風土の改善プロセス
■ワークショップによる本質的課題の発見と事例紹介
※プログラムは変更する場合がございます。
 

【参加対象】
事業会社の人事・総務・経営企画などの実務ご担当者様/ 責任者様
※ご同業の方、個人の方はご遠慮頂いております。

講師情報

  
     
  

コーン・フェリー・ヘイグループ株式会社
代表取締役社長

高野 研一(タカノ ケンイチ)

経営人材の育成・アセスメント、役員指名・報酬制度、M&A、組織診断、企業文化の改革などに従事。
著書『ビジネスリーダーの強化書』『超ロジカル思考』 『超仮説思考』『カリスマ経営者の名著を読む』『超・検証力』等。

  
     
  

コーン・フェリー・ヘイグループ株式会社
アソシエイト クライアント パートナー

谷崎 勝乃進(タニザキ カツノシン)
  
     
  

コーン・フェリー・ヘイグループ株式会社
コンサルタント

加藤 武(カトウ タケシ)

詳細情報

開催日時 2017/11/22(水) 14:00 ~ 16:00 (受付2017/11/22(水)13:30~)
会場住所 東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館 11F
会場名 トラストシティ カンファレンス・丸の内 Room2
講師 高野 研一、谷崎 勝乃進、加藤 武
受講費 無料
定員 50名
参加申込期限 2017/11/20(月) 17:00
申込後のキャンセル期限 2017/11/22(水) 14:00
受講対象 若手・中堅社員、管理職、経営者・経営幹部、人事・労務
主催 コーン・フェリー・ヘイグループ株式会社

他のセミナー情報