企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

パワハラ禁止の規定が就業規則にないことについて

いつも勉強させていただき有難うございます。
会社で総務を担当しております。
弊社、顧問弁護士に就業規則パワハラ禁止の規定がないとの指摘を受けました。
セクハラについてはあります)

(1)パワハラ禁止の規定がない場合には、懲戒をすることが出来ないのか。
   
   就業規則中の懲戒出来る事由には、
   〇素行不良で法人内の秩序又は風紀を乱したとき(セクハラによるものを含む)
   〇その他この規則に違反し又は前各号に準ずる不都合な行為があったとき
   とあり、パワハラについても、懲戒できると理解していました。

(2)弁護士が指摘をする理由として、パワハラに対する事業主の関与強化等の何らかの
   法改正があるからですか。

以上、2点につきご回答をお願いします。  

投稿日:2020/08/26 17:24 ID:QA-0096115

労務管理さん
鹿児島県/コンサルタント・シンクタンク

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答

全回答4
投稿日時順 評価順

プロフェッショナルからの回答

川勝 民雄
川勝 民雄
川勝研究所 代表者

パワハラ対策は事業主の義務

▼略称、「労働施策総合推進法」(※)が20年6月1日から施行されましたが、その目玉の一つが、「職場におけるパワハラ対策が事業主の義務」です。
▼就業規則化しなくても違法ではありませんが、パワハラ防止の社会的「重要性」「緊急性」の観点から、弁護士ご指摘の就業規則化は、必須要件です。
▼(※)< 事業主は、職場において行われる優越的な関係を背景とした言動であって、業務上必要かつ相当な範囲を超えたものによりその雇用する労働者の就業環境が害されることのないよう、当該労働者からの相談に応じ、適切に対応するために必要な体制の整備その他の雇用管理上必要な措置を講じなければならない >

投稿日:2020/08/27 09:58 ID:QA-0096125

相談者より

・ご回答ありがとうございました。

投稿日:2020/08/27 15:27 ID:QA-0096155大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

小高 東
小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

いわゆるパワハラ防止法が2020年6月~(中小企業は2022年4月~9義務化されました。

その中で、事業主が取る措置義務として、
就業規則の服務規定、懲戒規定にパワハラに関することも明確に規定することが必要です。

すでにセクハラ、マタハラについては義務化されていますので、同様にパワハラについても規定するということになります。

投稿日:2020/08/27 13:13 ID:QA-0096134

相談者より

・ご回答有難うございました。

投稿日:2020/08/27 15:27 ID:QA-0096156大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

増沢 隆太
増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント

対応

(1)パワハラを懲戒するのは独立して切り取らないと対応できない事象などが増えたことで、政府が法改正で対応強化したと考えます。しかしパワハラだけでそれ以外の懲戒対象にならない問題行動はちょっと想像がつきません。職場規律を守ること、上司同僚部下との異常な関係性や侮辱、暴力(言・動)など、必ず問題になる他の行為があるはずですので、目の前にあるパワハラ問題は通常の懲戒規定で罰することができると思います。
(2)パワハラ防止法と呼ばれる、2020年6月施行の改正労働施策総合推進法によるもので、規定化は必須です。

投稿日:2020/08/27 15:23 ID:QA-0096153

相談者より

・ご回答有難うございました

投稿日:2020/08/28 08:15 ID:QA-0096191大変参考になった

回答が参考になった 0

プロフェッショナルからの回答

服部 康一
服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、パワハラの禁止規定が無くとも御社就業規則の規定内容に基づき懲戒措置を採られる事自体は可能です。

しかしながら、いわゆるパワハラ防止法におきまして、就業規則その他の職場における服務規律等を定めた文書にハラスメントに係る言動を⾏った者に対する懲戒規定を定め、その内容を労働者に周知・啓発することが義務付けられていますので、制裁規定を設置される事は必要となります(※中小企業の場合は2022年4月1日より義務化されます)。弁護士の指摘はこうした新たな法令内容を踏まえたものといえますが、その他詳細は専門家である弁護士当人にご確認頂ければ幸いです。

投稿日:2020/08/27 16:15 ID:QA-0096159

相談者より

・ご回答有難うございました

投稿日:2020/08/28 08:16 ID:QA-0096192大変参考になった

回答が参考になった 0

回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
パワハラについて会社側の防御
お疲れ様です。 最近、当社においては厳しい指導があるとすぐにパワハラだ、訴えると言いふらす社員がいます。 会社としては、パワハラとして訴えられないような基準はどう持てば良いのでしょうか? 最低、これを守れば、概ね大丈夫だと言うことでもよろしいので、ご指導頂ければ幸です。
就業規則の成功事例
就業規則を改訂しようと考えています。 こういう規定を入れていてよかったという事例があれば教えて下さい。
就業規則と服務規程
お尋ねします。 就業規則と服務規程の違いは何ですか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。
関連する書式・テンプレート
  • 就業規則届
    就業規則届
    労働基準監督署に届出するための就業規則届です。是非ご利用ください。
    ダウンロード
  • フレックスタイム制就業規則
    フレックスタイム制就業規則
    フレックスタイム制における就業規則の例です。コアタイムあり・なしの二例をそろえています。
    ダウンロード
  • セクハラ防止規定(モデル規定)
    セクハラ防止規定(モデル規定)
    セクハラについては男女雇用機会均等法の第11条(職場における性的な言動に起因する問題に関する雇用管理上の措置)の第1項で規定されています。その中で就業規則に不可欠な内容は以下の2点です。
    ・就業規則の服務規律に、セクハラの内容、あってはならない旨の方針の明確化
    ・就業規則に、セクシュアルハラスメントの行為者に対する懲戒規定を掲載
    ここではセクハラ防止に関するモデル規定をご用意しました。自社に合わせてカスタマイズしてください。
    ダウンロード
  • 懲戒規定
    懲戒規定
    懲戒処分を設ける際は、就業規則で定める必要があります。自ら乱用しないよう注意深く規定しましょう。
    ダウンロード
この相談に関連する記事
あわせて読みたいキーワード
パワハラ
2019年5月29日、企業にパワハラ防止を義務付ける「労働施策総合推進法」の改正案が可決されたことをご存じでしょうか。閉じられた環境の中で起こる「いじめ」や「嫌がらせ」は、学校だけの問題ではなく、職場の問題でもあります。今回の法改正は、都道府県労働局に寄せられる、職場での「いじめ」や「嫌がらせ」の相...
セクハラ
セクハラ(セクシャルハラスメント)とは、「性的な言動によって、個人または職場全体に不利益・不快感を与えること」です。2019年5月にパワハラ防止法(改正労働施策総合推進法)や改正女性活躍推進法が可決・成立し、セクハラに対する罰則は今後さらに厳しくなっていくと考えられます。セクハラは、パワハラと同様に...
逆パワハラ
一般にパワハラというと、職務上の地位などを背景に上司から部下に対して行われるハラスメント(精神的・身体的苦痛を与えるまたは職場環境を悪化させる行為)を指すのに対し、「逆パワハラ」とは、部下から上司、後輩から先輩、非正社員から正社員など、管理される側から管理する側に対して行われるいじめや嫌がらせ行為の...

専門家の回答を見たり、自分の課題を相談できます。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 タレントパレット
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:01/01~01/26
服部 康一 服部 康一
服部賃金労務サポートオフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
RMロンドンパートナーズ 人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
川勝 民雄 川勝 民雄
川勝研究所 代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。