企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14751件   回答数31480

労災認定のための調査協力について

先日、従業員がパワハラによる精神障害で労災認定の請求をすると文書で訴えてきました。調査の協力をお願いしたい、という文書を受け取りましたが、会社としてはまず何から手を付ければいいのでしょうか。労働基準監督署などから調査が入るということでしょうか。その場合、労務士さんや弁護士さんに相談するなりしたほうが良いのでしょうか。

  • 投稿日:2019/09/20 14:38
  • ID:QA-0087014

この相談に関連するQ&A

プロフェッショナル・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/09/21 11:46
  • ID:QA-0087039

人事・経営コンサルタント

対応

掲示板で詳細を伺うことはできませんので一般論ですが、本件はパワハラ告発ということと解釈し、会社にパワハラ被害を訴えているものと考えられます。パワハラは会社の責任で対応が必要ですから、社内でハラスメント対応部門(なければ作る)によって何があったのか調査すべきでしょう。
弁護士などの出番はさらにエスカレートした際には必要ですが、まずは何が起こったのかわからなければ対応のしようがありませんので、事実確認が何より重要です。告発者の言い分をしっかり聞き取るなど誠意を持った対処によりエスカレーションを軽減できることもあります。訴訟対応など必要であればもちろん専門家と連携すべきでしょう。

  • 投稿日:2019/10/04 12:44
  • 相談者の評価:大変参考になった

大変勉強になりました。どうもありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
人事会員より
  • 投稿日:2019/09/21 12:02
  • ID:QA-0087042

阿倍野区民さん
  • 大阪府
  • その他業種

本当にパワハラに該当することはあったのか?まずは所属部署での実態調査です。

あと、本人は出社していない様子ですが、診断書は提出されているでしょうか?
仮に労災だとしても、それを会社が認定するためには診断書の確認が必要です。
調査の結果、実際にパワハラであれば、認定するしかないかと思います。

また、会社を通さず本人が直接労災申請するつもりならあとで労基から会社への聞き取りがあります。
いずれにしてもまずは実態の把握です。

パワハラに該当することがなかった場合ですが、それでもなんらかの本人が不快に思うことがあったと思います。
・本人のミスを指摘したことなのか
・本人の勤務態度が悪かったことを注意したことか 

など、本人と上司?の間の出来事をきっちり整理し、それぞれ正当性を確認します。

私も同様の訴えを受けたことがあります。
「パワハラでうつになった」と診断書を出してきましたが、
診断した医師に質問したところ、パワハラに該当するほどのことが本当にあったのか、
医師は認識していませんでした。
このため、「本人はパワハラと感じているが、上司の行為が悪質かどうかは断定できない」という医師の書面をもらいました。
また、実態調査の結果通常の指導の範囲内ということで、パワハラとは認定せず私傷病で対応しました。本人にもその旨は説明し、納得してもらいました。

ただし、非常に繊細な問題になりますので、何をしたらよいかわからないという状況でしたら
社労士や弁護士に相談されたほうが良いかと思います。

  • 投稿日:2019/10/04 12:45
  • 相談者の評価:大変参考になった

どうもありがとうございました。大変勉強になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/09/22 10:03
  • ID:QA-0087053

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、いきなり外部に相談されるのではなく、自社で調査される事が不可欠です。何事も客観的事実を把握されないことには適切な対応は出来ませんし、特にこうしたセンシティブな問題につきましては慎重に調査を進められることが重要といえます。

その上で重大なパワハラ案件が確認出来た際は、労災請求の支援及び加害者への懲戒対応等といった措置が必要です。その一方で、パワハラ行為が見られないか、またはそうした行為が精神障害の原因になる程のものでないと考えられる場合には、当人の主張を受け入れる必要性はないものといえます。これに当人が納得行かない場合には自身での労災請求に加えまして訴訟を起こされる等の反応も考えられますので、その際対応が困難でしたら弁護士または社会保険労務士といった人事労務の専門家にご相談されることをお勧めいたします。

  • 投稿日:2019/10/04 12:45
  • 相談者の評価:大変参考になった

どうもありがとうございました。大変勉強になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/09/22 14:49
  • ID:QA-0087058

代表者

外傷と違い、精神障害は揉め易いので専門家のサポートを

▼労働基準監督署への労災申請に際し、場合に依り、事実確認をするため労働基準監督署から会社に調査が入る場合があります。
▼企業側の対応によっては、賠償や裁判などのトラブルに発展しかねません。精神障害の労災手続きは企業法務専門の弁護士にご相談ください。

  • 投稿日:2019/10/04 12:45
  • 相談者の評価:大変参考になった

どうもありがとうございました。大変勉強になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
パワハラについて会社側の防御
お疲れ様です。 最近、当社においては厳しい指導があるとすぐにパワハラだ、訴えると言いふらす社員がいます。 会社としては、パワハラとして訴えられないような基準はどう持てば良いのでしょうか? 最低、これを守れば、概ね大丈夫だと言うことでもよろしいので、ご指導頂ければ幸です。
パワハラについて
上司によるパワハラではなく、会社がパワハラを行ったと認定されるのはどういう場合でしょうか?当社は同族会社でワンマンな経営者なのですが、何かと、「会社の方針に従えないのなら辞めてしまえ!」と言うニュアンスのことを口にされたり、感情的になって叱責をしたりするものですから、精神的に追い込まれて退職するもの...
自治体からの調査依頼について
このたび、神奈川県商工労働部なるところから、働く環境に関する事業所調査(&従業員調査)が舞い込んできました。こういった類の調査については提出義務があるものなのでしょうか。従業員にも余計な時間を取らせたくないので、可能であればお断りしたいと考えております。アドバイスの程よろしくお願いいたします。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

パワハラ
2019年5月29日、企業にパワハラ防止を義務付ける「労働施策総合推進法」の改正案が可決されたことをご存じでしょうか。閉じられた環境の中で起こる「いじめ」や「嫌がらせ」は、学校だけの問題ではなく、職場の問題でもあります。今回の法改正は、都道府県労働局に寄せられる、職場での「いじめ」や「嫌がらせ」の相...
パルスサーベイ
「パルスサーベイ(パルス調査)」とは、簡易的な調査を短期間に繰り返し実施する調査手法のことで、主に従業員の満足度調査に用いられます。「パルス(pulse)」は、日本語で脈拍のこと。脈拍のチェックをするように、組織と個人の関係性の健全度合を測ることを目的としています。短期反復型のパルスサーベイに対し、...
逆パワハラ
一般にパワハラというと、職務上の地位などを背景に上司から部下に対して行われるハラスメント(精神的・身体的苦痛を与えるまたは職場環境を悪化させる行為)を指すのに対し、「逆パワハラ」とは、部下から上司、後輩から先輩、非正社員から正社員など、管理される側から管理する側に対して行われるいじめや嫌がらせ行為...

定番のQ&Aをチェック

離職率の算出方法について
当社では離職率は、年初の従業員数を分母として、当年内に退職した従業員数を分子(当年に入社し、退社した数は除く)としてを算出しています。法的な離職率の算出方法はどのような算出方法なのでしょうか?もし法的なものがなければ、他社事例など教えていただければ幸いです。
26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web 期間限定キャンペーン
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/23
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」<br />
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

グローバル化やIT化が加速するなか、ビジネスを取り巻く環境が今大きく変...