企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14737件   回答数31435

傷病者の扱い

レアなケースと考えております。

2018年7月頃、業務以外の時間にアキレス腱を断裂し入院した従業員がおります。
2ケ月程度で復帰し松葉杖をつかって就業しておりました。
1月ごろに車通勤から電車通勤としたその日に会社に出勤した階段で再び別の部位が断裂し
入院生活をおこなっております。

・管理者でしたが4月の人事で降格の扱いになりました。
・会社側は労災の申込みを行ったところ受理されそうであるとの連絡をもらっている。
・ただし状況は悪く、肉がくっつかずベットでの入院生活が続いている
・給与は支給している

今後の会社側の処置をどのようにしたらよいか?
・もし退院しても再発する可能性は高い→事務職や自宅ワークの検討をしたほうがいいのか?
・肉がくっつかずに行動に制限がされる場合やこのまま入金が数年にも及ぶような場合→退職を通知できるのか
・定期的に病状の報告を受けたほうが良いのか?

なにかご経験やアドバイスがいただけましたら幸いでございます。

  • 投稿日:2019/07/11 08:31
  • ID:QA-0085557
プロフェッショナル・人事会員からの回答
1件中 1~1件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

プロフェッショナルより
  • 投稿日:2019/07/11 23:26
  • ID:QA-0085578

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、詳細事情にもよりますのでこの場で確答までは出来かねる旨ご了承下さい。

その上で申し上げるとすれば、この度は労災認定の可能性が高いようですし、そうであれば給与の支給も不要ですし医療や生活補償の給付も手厚くなりますので、まずは復職出来るまで療養に専念してもらうべきです。今の段階で当人の処遇について先走って考える必要性はないものといえます。通勤災害での休業であれば解雇制限はございませんが、回復の可能性がある以上、早期の退職勧奨や解雇措置は不当な措置とされかねませんので避けるべきといえるでしょう。勿論、病状の定期的な状況確認はされておく必要がございます。

  • 投稿日:2019/07/12 09:35
  • 相談者の評価:大変参考になった

ここまでの大事故になったケースがなく
処理の方法が社内でも不明なところがおおく
アドバイスをいただけたことにより
じっくりと向き合って対応すれば良いと
感じました。
ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:1名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

サラリーマン法人化
会社員が法人成りして自営業者に変わり、会社との雇用契約をいったん白紙に戻して、改めて業務委託契約を結ぶこと。つまり、サラリーマン法人化した「元」社員は、会社での仕事はこれまでと同じまま、契約だけ変えて勤務することになります。会社は、雇用契約した社員=個人に給料を払うのではなく、業務委託した社員=法...
給与公開制
従業員に支払われる給与は、一般的に各社の給与テーブルによって決められます。しかし、どの程度評価をされればどれだけ給与がもらえるのか、従業員に給与テーブルをはっきりと示していない企業は多いでしょう。一方で近年は、給与テーブルの完全オープン化を試みる企業が現れ始めています。給与額を公開する狙いは、不公平...
善管注意義務
会社法上、株式会社の取締役は会社から経営の委任を受けている立場にあると考えられ、取締役と会社との関係には、民法の委任に関する規定が適用されます(会社法330条)。そのため、取締役は「受任者は、委任の本旨に従い、善良な管理者の注意をもって、委任事務を処理する義務を負う」(民法644条)ことを求められま...

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
「エンゲージメント」を高めるためのポイントやソリューション

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

シェアNo.1採用管理システムi-web LINE採用コネクト
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

プロフェッショナル回答ランキング

集計期間:10/01~10/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


「エンゲージメント 」を高めるソリューション特集

「従業員エンゲージメント」を高めるために押さえておきたいポイントや具体的な施策、ソリューションをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働きやすさだけでなく、働きがいも大切<br />
不調者が輝きを取り戻すメンタルヘルス対策とは

働きやすさだけでなく、働きがいも大切
不調者が輝きを取り戻すメンタルヘルス対策とは

2012年11月に独立行政法人「労働政策研究・研修機構」が実施した調査...