企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14472件   回答数30758

単身赴任の考え方

単身赴任のコンセプトですが

①配偶者・子供のいる家庭が2つの世帯に分かたれる場合
②両親のいる実家に暮らしている状態で異動を命じられる場合

①を単身赴任と想定していますが、②も含めるべきものでしょうか

また単身赴任手当、単身者住居費、帰省交通費について、①②でそれぞれ
どのように設定すべきでしょうか。

単身赴任に関しては法的に定められているものではないことと思いますが、
どのように扱うべきか、ご意見を頂ければ幸いです。

よろしくお願いします。

以上

  • 投稿日:2019/03/14 10:24
  • ID:QA-0083084

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
3件中 1~3件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/03/14 12:59
  • ID:QA-0083096

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

単身赴任とは①のことですが、必ずしも子供については問いません。

②は単なる独身者です。

単身赴任者には、単身赴任規程にて、単身赴任手当(別居手当)と帰省旅費(月1回程度)をつけるのが通常です。

住居費については、単身赴任者および②の独身者にも出すのが通常ですが、転勤規程などに金額は規定します。単身赴任者の方が独身者より手厚くするケースが多いでしょう。

  • 投稿日:2019/03/26 11:52
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。
大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/03/14 20:59
  • ID:QA-0083123

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、ご認識の通り法的に定義された用語ではございませんので、逆に言えば御社で対象者を何処までにされるか等について方針を定められ、明確に規定化した上で運用されるべきといえます。極端な場合一切支援無でもよいわけですし、また想定が①のみという事であればそのように定めればよいでしょう。

但し、現行既に単身赴任手当等を支給されているという事であれば、はっきり定義されていない以上②につきましても同様に扱われるのが妥当といえます。

  • 投稿日:2019/03/26 11:53
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。
大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/03/14 21:14
  • ID:QA-0083124

人事・経営コンサルタント

対応

①が本来の単身赴任で、手当は単身赴任手当または、単身者住居費のいずれか。金額は家賃の何%だったり、定額だったりります。帰省交通費を出す企業もあります。その際は年何回等上限を決めます。
②について対応する例は聞いたことがありません。当然手当なども存じません。
貴社のご判断で定めることとなります。

  • 投稿日:2019/03/26 11:53
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。
大変参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
単身赴任規定の事例
こんにちは、いつも大変お世話になっております。 さっそくですが、当社では「単身赴任規定」を新設する予定があります。 もしもそのひな形、もしくは他社事例がございましたら ぜひご提供頂けませんでしょうか? よろしくお願い申し上げます。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 燃料手当、寒冷地手当の設定内容と改定状況――支給状況、改定頻度、手当額の決定方法など
    原油価格高騰に伴い灯油、ガソリンなど石油製品価格が値上がりを続けていることを受けて、労務行政研究所では、2007年12月に「灯油、ガソリン高騰下における燃料手当、マイカー通勤手当の対応アンケート」としてウェブによる調査を実施しました。本記事では、同アンケートで調べた燃料手当、寒冷地手当に関する設定内...
  • 子供は、親の背中を見て育つ?
    ある実験結果から「大人が目標達成に向けて努力する姿を見せることによって、 子のやり抜く力が醸成される可能性がある」ということがわかってきました。 子どもたちは働く親の姿を見て、どのように感じているのでしょうか。 「子供のキャリア観に関する調査」より紐解きます。
  • 「残業手当」100%支給にこだわる求職者
    裁量の範囲が大きいオフィスワーカーや開発職などで、「みなし労働時間制」を導入している企業は多くあります。ところが最近、残業手当の有無や支給状況を気にする人が現れてくるようになりました。勤務時間が長くなりがちなIT業界、特にエンジニアなどにその傾向が目立つといいますが、その理由とは――。

あわせて読みたいキーワード

看護休暇
ケガをしたり病気にかかったりした子供の世話を行う労働者に対して与えられる休暇。小学校就学前の子供がいれば、年次有給休暇とは別に年5日間休めます。
配偶者転勤休業制度
「配偶者転勤休業制度」とは、配偶者の転勤に同行を希望する社員に対して休業を認める制度のことです。配偶者の海外や遠隔地への転勤に同行するために、自社の社員が離職を余儀なくされることを回避するのがねらいで、制度を導入している企業・団体の多くでは、配偶者の勤務先が社外でも適用されます。2013年秋には国...
玉突き人事
「玉突き人事」とは、一人の従業員を特定のポジションに異動させたことで、ビリヤードの玉突き連鎖のように次々と穴埋めで行われる人事異動のことをいいます。本来、人事異動は人材育成や組織活性化を目的に本人の希望も加味しながら、明確な目的をもって行われますが、玉突き人事の場合には客観的な理由が不明瞭なまま異動...

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」<br />
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげる...


10~300名規模の企業だからこそ効果的<br />
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

10~300名規模の企業だからこそ効果的
「クラウド型人事・給与システム」が人材と企業経営を強くする

クラウドシステム導入を検討する中堅・中小企業必読のインタビュー。システ...