企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14471件   回答数30747

入社1ヶ月の契約社員の雇い止めについて

お世話になります。
今年の1月中旬に入社された方ですが、体調不良の欠勤が多く(出勤率6割程度)3月末の期間満了で雇い止めしようかと思っています。
その方は、昨年の11月に交通事故(被害)でムチウチで通院している方ですが、これまでの欠勤理由は胃腸炎や蕁麻疹などです。
通院しながらでも働けるとの本人の申告があり、雇用しました。
交通事故に関しては、示談してませんので、休業補償は貰えるそうです…

欠勤に対して改善指示書を出しましたが、ムチウチで仕事が出来ないと話があり、休職したいと相談がありました。
弊社の契約社員就業規則に休職に関する記載がありません。どのような対応をすれば良いですか?
①3月末で期間満了→30日前に予告(雇用契約社員の更新時の判断基準として、勤務状況が悪い)
②診断書を提出させて休職させる(就業規則に規定がないので、どうするか?)
よろしくお願いいたします。

  • 投稿日:2019/02/12 05:21
  • ID:QA-0082306
専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/02/12 09:48
  • ID:QA-0082315

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、既に入社前から通院されていた事に加えまして別の疾病も抱えており現に勤怠不良という事であれば、更新判断の基準により契約更新されなくとも差し支えないものと考えられます。入社後日が浅いことから30日前予告の義務まではございませんが、今後に配慮される上でも早目の予告はされる方が望ましいでしょう。

そして、当人が強く希望された場合ですと規定になくとも休職の措置を採られて差し支えないですが、その際は診断書の提出要請に加えまして職場復帰の期限を明確にされることが重要といえます。診断書内容等から近く復帰の時期が見込めないようであれば、休職は認めず契約終了とされるのが妥当といえるでしょう。

  • 投稿日:2019/02/12 15:34
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご対応ありがとうございます。
診断書で判断します。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/02/12 10:33
  • ID:QA-0082322

人事・経営コンサルタント

解雇

雇用後2週間以内であれば即日対応ができましたが、その期間も過ぎてしまったのであれば、通常解雇となりますので、30日前予告か前払い給与支払いのいずれかが必要です。状況からは30日前予告が良いと思います。
ただ入社後2週間の間に全く予兆がなかったのであれば、本人との話し合いで本人が退職するのは即日でも可能ですし(おそらく引継ぎなどないでしょうから)、2週間の間に予兆があったのであれば、会社の管理責任ですので、やはり通常の解雇プロセスを取るべきではないでしょうか。

  • 投稿日:2019/02/12 15:35
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
2週間の試用期間では、1日体調不良の欠勤のみで判断出来ませんでした。
30日前に予告させていただきます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/02/12 11:13
  • ID:QA-0082329

代表者

「普通解雇」に該当する措置を

▼ 解雇の種類には、「普通」「整理」「懲戒」があります。ご相談の事案は、健康上の理由で、長期に亘り職場復帰が見込み難く、普通解雇の選択が妥当だと考えられます。
▼ 解雇には、 30日前までに解雇の予告か、出来なければ、平均賃金の30日分以上の解雇予告手当を支払うことになります。
▼ 以上は、労基法の趣旨に沿った措置で、就業規則に規定がなくても違法とはなりません。(就業規則定めがないことは若干の脆弱性が避けられませんが・・)

  • 投稿日:2019/02/12 15:35
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
普通解雇で対応してみます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/02/12 15:36
  • ID:QA-0082341

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

状況からしますと、契約期間途中での契約解除にも該当するかと思われますが、
3/末まで待てるようでしたら、期間満了でよろしいと思います。

1年未満の有期契約ですので、雇止め予告も不要ではあります。

  • 投稿日:2019/03/06 07:02
  • 相談者の評価:大変参考になった

ご回答ありがとうございます。
雇止めの予告不要ですが、30日前に予告し、3/末の期間満了で対応させていただきました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

定番のQ&Aをチェック

従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


従業員フォローと組織改善の<br />
両方に“活用できる”<br />
ストレスチェックの条件

従業員フォローと組織改善の
両方に“活用できる”
ストレスチェックの条件

従業員50人以上の事業所で、年に一度の実施が義務化されたストレスチェッ...


働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

働き方改革の先にある「働きがい」向上とは

「働き方改革」の旗印のもと、企業では残業削減や休暇の充実、リモートワー...