企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数14433件   回答数30687

フレックスタイムの休日について

いつも勉強させていただいております。

フレックスタイム制でコアタイムを10:00~15:00、
ひと月の所定労働時間を164時間としているのですが、残業代を固定で月40時間分手当として支給しています。
就業規則上では土日祝日を休日としているのですが、1ケ月に164時間以上働いた場合、平日でも休日として出勤しなくてもよいのでしょうか?
コアタイムがあるので、その時間は出勤しないと欠勤扱いになるのでしょうか?

またコアタイムが無かった場合も教えていただけると幸いです。

・就業規則上では土日祝日は休日ですが、フレックス制をしている場合は法定休日以外の勤務に関しては総労働時間に加えるだけでいいのでしょうか?又は1週1休又は月4回の休日があれば、時間の範囲であれば割増手当などが発生しないというのは本当でしょうか?
もちろん深夜割増はつけております。

初歩的な質問で申し訳ございませんがよろしくお願いいたします。

  • *****さん
  • 東京都
  • 情報サービス・インターネット関連
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2019/01/23 19:40
  • ID:QA-0081831

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2019/01/24 16:53
  • ID:QA-0081852

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

1ヵ月の総労働時間が164時間というのは164時間を超えたら時間外労働が発生するいう精算基準であり、164時間以上働いたら出勤しなくていいというものではありません。

コアタイムがあるなしは関係ありません。

  • 投稿日:2019/01/24 18:19
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。

フレックスタイムによる勘違いが多く、少し理解できました。
ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2019/01/24 21:09
  • ID:QA-0081872

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、まずフレックスタイム制でも出退勤が自由であるというだけであり原則としまして所定労働日に勤務する義務はございますので、出勤されなかった日に関しましては休日ではなく欠勤扱いとなります。この点につきましてコアタイムの有無は関係ございません。但し、当月において所定労働時間勤務されている場合には、賃金控除はしないということになります。

そして、法定休日以外の休日に勤務された場合についてはご認識の通り総労働時間としてカウントされる事になります。その場合、月内の法定労働時間の総枠に収まっていれば休日割増は勿論ですが、時間外労働割増賃金の発生もございません。

  • 投稿日:2019/01/25 09:45
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。

詳しい説明大変翌わかりました。
ありがとうございます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
就業規則と服務規程
お尋ねします。 就業規則と服務規程の違いは何ですか?
就業規則と法令の関係について
数年ぶりに就業規則を修正しています。 就業規則の内容が労働基準法以下であれば、法令が優先されますが、 このことを就業規則に記載した方がよいでしょうか。 ご教示の程、よろしくお願い申し上げます。
就業規則の成功事例
就業規則を改訂しようと考えています。 こういう規定を入れていてよかったという事例があれば教えて下さい。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

あわせて読みたいキーワード

変形労働時間制
変形労働時間制とは、時期や季節によって仕事量の差が著しい場合、従業員の労働時間を弾力的に設定できる制度。一定の期間について、週当たりの平均労働時間が労働基準法に基づく40時間以内であれば、特定の日・週で法定労働時間を超えても(1日10時間、1週52時間を上限とする)、使用者は残業代を支払わずに労働...
固定残業代
「固定残業代」とは、毎月決まった金額を見込みの残業手当として、実際の残業の有無にかかわらず支給する制度のことです。定額残業代ともいわれ、人件費抑制や支払い事務の負担軽減を目的とした導入事例が広がっています。一定の要件を満たす限り、適法であり、有効な制度ですが、昨今、不適切な運用から労使トラブルを招く...
就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
従業員に役員は含まれるか
はじめて、投稿します。よろしくお願い致します。 一般的に就業規則で『従業員の定義』という条項で役員を含むかどうか言及していない場合で、かつ別途役員就業規則を設けていない場合、この従業員に役員は含まれると解釈するのでしょうか?
有給休暇取得率の計算方法
有給休暇取得率の計算方法を教えて頂けませんでしょうか? 本日の日経新聞の一面にも「43.7%」という数字がありましたが、 どういう計算式によって算出し、比較すれば良いかが知りたいと思っております。 有休は期限が2年間というややこしい部分もありますので、具体的に教えて頂けますと幸いです。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:08/01~08/18
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~

~管理職・マネージャーに必要なコミュニケーション~

近年、企業を取り巻くさまざまな環境変化により、組織内における上司と部下...