企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A<解決済み>

相談数13465件   回答数28245

移動時間でも労働に含まれる、「物品の監視」とは?

いつも参考にさせていただいております。

移動時間であっても労働時間となる「物品の監視」とは、具体的にはどのようなことをいうのか、ご教示いただけないでしょうか。

当社の営業マンは
① 見積書や商品カタログをお客様に持参することがあります。
② また、お客様の委任状、印鑑証明や、お客様との契約書、個人情報の入った書類などを会社に持ちかえることがあります。
③ 更に、パスワードは掛かっていますが、個人情報も閲覧可能なパソコンを常に持ち外出しています。

「監視」というのですから「物品」はある程度重要なもの、ということになりますので、相当な注意をもって運ぶことが必要と考えられますので①はあたらないだろう、と思います。
しかし、②や③も単にカバンに入れ持ち運ぶだけで、置き忘れたり、盗難にあわなければよく、「監視」という言葉はそぐわないようにも思います。

もし②や③も「物品の監視」にあたるとすると、営業マンの移動のほとんど全てが労働時間となると思っています。

「物品の監視」とは具体的にはどのようなことをいうのか、ご教示願えないでしょうか。
どうぞよろしくお願いします。

  • 風神雷神さん
  • 東京都
  • 信販・クレジット・リース・消費者金融
  • 回答数:4件
  • カテゴリ:人事管理
  • 投稿日:2018/11/07 19:23
  • ID:QA-0080271

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
4件中 1~4件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/11/08 14:17
  • ID:QA-0080285

代表者

法定の定義はないため、御社ご自身の立場で基準の作成を・・・

▼ 移動時間と労働時間に関する法定上の定義はなく、多くの集積判例から、一応、所管部署である厚労省も、次の様に説明しているだけで、個別事案に就いては、企業単位での実態に即した判断に任せています。
▼ 厚労省説明
⇒ 「移動時間中に,特に具体的な業務を命じられておらず,労働者が自由に活動できる状態にあれば,労働時間とはならないと解するのが相当と言える」
▼ ご引用の「物品の監視」とは、何れの検討環境で使用された表現か分かりませんが、端的には、物品の安全な移送そのが、出張の主な目的である場合に適用されるのではないかと推測します。
▼ いずれにしろ、現実の場面では、両者の区別が曖昧な場合も多いため、結局、御社ご自身の立場で、実態に即して判断基準を作成されなければなならと思います。

  • 投稿日:2018/11/08 17:52
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。
自社基準を作成も検討してみます。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/11/08 15:27
  • ID:QA-0080287

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

物品の監視等とは、そのことが業務性があるのか、すなわち指揮命令下にあるのかで判断することになります。

指揮命令下とは特段の業務命令があるのかということであり、物品の運搬、監視等そのこと自体が目的であり、業務であることをいいます。

②③でも営業行為に付随したものであれば、労働時間とはなりませんが、例えば、パソコン入力が業務命令として義務付けられているのであれば、労働時間となる可能性が高いといえます。

  • 投稿日:2018/11/08 17:57
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございます。

パソコンは客先でのプレゼンなどに使う場合と、外出が多いので、客先を借りるなどして待ち時間にメールを確認する、書類を作成する、などに用いています。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/11/08 18:15
  • ID:QA-0080297

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、あくまで業務として扱われるか否かが分かれ目ですので、単に重要品を所持しているだけでは監視には該当しないものといえます。そうでなければ、ご認識の通り、通勤の場合も含めまして労働時間でない移動時間は殆ど成立する余地がなくなってしまうものといえるでしょう。

従いまして、携行される物品内容に関わらず、具体的に何らかの取り扱いをすることを会社から指示しなければ通常の場合労働時間として認める必要性はないというのが私共の見解になります。

  • 投稿日:2018/11/09 05:12
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうございました。

物品の内容だけでなく、具体的な指示の有無にも着目したいと思います。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/11/08 22:53
  • ID:QA-0080304

人事・経営コンサルタント

業務命令

「物品の監視」というのは法的なものではなく、境目は業務かどうかです。業務であれば会社の指揮命令下にあるので労働時間です。
訪問後ただちにメールをすることを指示しているのであれば業務であり、その場所や携行品による区別はありません。

  • 投稿日:2018/11/09 20:45
  • 相談者の評価:大変参考になった

ありがとうごうざいます。
参考になりました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
夜間監視業務について
弊社では化学品の合成の業務を行っておりますが、反応中の温度監視のをするのに、夜間に独りで監視してもらおうと思いますが、法的に何か問題はないのでしょうか?ご指導のほどよろしくお願い致します。
監視継続労働について
弊社では、夜勤で20:00から翌朝の8:00までの間の業務として操作盤の監視と現場の見回りデータ収集を主な業務としていますが、これは監視継続労働と考えて良いのでしょうか?ご指導をお願い致します。
物品の搬送(ハンドキャリー)での休日出張時の移動時間について
いつもお世話になっております。標記に関してご相談させて頂きます。 他の皆様からもご質問されているように、物品の監視を含む搬送(ハンドキャリー)等、 特段の指示を受けている場合の移動時間は、移動そのものが業務となるため、 休日であっても労働時間に該当するものと思慮致します。 そのハンドキャリーの際...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

学びを可視化する ビジログ 即戦力を自分で採用ビズリーチ
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:11/01~11/20
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
川勝 民雄 川勝 民雄
代表者
得意分野:労務・賃金、福利厚生、人材採用、人事考課・目標管理
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...

注目コンテンツ


次世代リーダー育成に役立つソリューション特集

次世代リーダー育成に役立つセミナーやサービス、ダウンロード資料をご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」<br />
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

「入社前に、“ストレス耐性”を確認したい」
――辞めない人材を採用する、科学的な採用手法とは

能力が高くても、ストレスにうまく対応できなければ思うような成果をあげる...


「日本一いい会社」を目指すために<br />
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

「日本一いい会社」を目指すために
社内で「産業カウンセラー」を育成するメリットとは

健全な職場環境づくりのプロフェッショナルとして、あるいは社内外の信頼関...