企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数14583件   回答数30983

法定休日の設定及び時間外計算について

お世話になっております。
法定休日の設定及び時間外計算について確認いたしたく。

(1)法定休日の設定
弊社はこれまで、法定休日を「日曜日」としておりました。

就業規則が改訂されたことにより、法定休日の設定が「月曜日を起算日とし、その週で最初に休んだ休日」となりました。

休日は就業規則上、「土曜日・日曜日、国民の祝日に関する法律で定められた日、会社の定める特定休日(夏季休暇、年末年始休暇)、その他会社が指定した日」としています。

以下の例及び法定休日の設定について問題ないのでしょうか。ご教示いただければ幸いです。


例)2018/7/16~2018/7/22の週(7/16が祝日、7/21が土曜、7/22が日曜)
①7/16,7/21,7/22全て休んだ場合
 7/16:法定休日
 7/21:法定外休日
 7/22:法定外休日

②7/16に休日出勤、7/21,7/22に休んだ場合
 7/16:法定外休日
 7/21:法定休日
 7/22:法定外休日

③7/16,7/21,7/22に全て休日出勤した場合
 7/16:法定休日(割増対象)
 7/21:法定外休日
 7/22:法定外休日


(2)時間外計算について
精算期間が1ケ月でのフレックスタイム制であり、時間外の計算は「月の総労働時間ー月の所定労働時間」としております。
この場合に、(1)の例②における7/16の出勤時間分を月の総労働時間に算入してよいのでしょうか。
法定外休日のため、割増率は通常の時間外と同様になりますが月単位のフレックス制のため、週40時間の考え方からは外れると考えておりますが、認識に誤りはないでしょうか。

よろしくお願いいたします。

  • hodaka#33さん
  • 栃木県
  • 建築・土木・設計
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:報酬・賃金
  • 投稿日:2018/07/11 14:34
  • ID:QA-0077738

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/07/11 19:05
  • ID:QA-0077746

東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 

ご質問の件

就業規則の記載に問題があると思われます。

なぜかといいますと、③のように全て休日出勤した場合には、最初に「休んだ日」がありませんから、法定休日がないということになります。

法定外休日労働時間は総労働時間に含めてかまいません。

  • 投稿日:2018/07/12 09:16
  • 相談者の評価:大変参考になった

回答ありがとうございます。

③の場合は本来3日間休んだ場合と同じように考えて法定休日を設定することとしています。

就業規則の記載誤りはご指摘の通りですので、矛盾点が発生しているため訂正いたします。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/07/12 19:57
  • ID:QA-0077774

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、(1)につきましてはそのような取り決め方でも特に差し支えございません。但し、③のように3日とも休日勤務をされた場合については、最初の休日が法定休日となる旨をきちんと定めておかれる事が必要といえます。

そして、②につきましてもご認識の通りで、法定外休日の労働時間であれば当然に時間外労働計算を行う際の総労働時間に含める事になります。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
法定労働時間外
就業規則における法定労働時間外の規定についてお伺いします。 労働基準法第32条に定める1日8時間1週40時間(以下「法定労働時間」という。)を超えて勤務した時間(以下「法定労働時間外」という。) と定義した場合、弊社としては、「法定労働時間外」の中にはその週の休日出勤も含まれてくると言う前提で就業規...
法定休日の考え方
当社は週休2日制(土・日)をとっていますが、就業規則等で法定休日を定めていません。 所定休日2日のうち、どちらか一方の休日に出勤した場合は、その出勤していない日が法定休日とみなされるかと思いますが、両日出勤した場合は、どちらが法定休日となるのでしょうか。(当社の週の起算日は土曜日です) この考え方の...
法定休日の振替
法定休日を日曜日と定め、36協定にて法定休日に勤務させることができる日は月2日までとしている場合 仮に日曜日に振替勤務を命じて、ほかの日を振替休日とした場合、法定休日の出勤日としてカウントされるのでしょうか。 それとも振替により36協定に定める法定休日の出勤とはカウントしないのでしょうか。
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 育児・介護支援制度の最新実態
    民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)では、各企業の育児・介護休業等の最新実態を調査しました。今回はこの中から育児休業・介護休業それぞれの「期間」「休業中の月例賃金の取り扱い」について紹介します。
  • 育児休業制度の実態調査――対象となる子の上限年齢、休業期間中の賃金など
    少子化が急速に進んでいる我が国では、従業員が仕事を続けながら子育てのできる環境作りが、喫緊の課題であるといえます。これに対して、国は2005年4月に改正育児・介護休業法を施行し、同時に次世代育成法に基づく一般事業主行動計画の届け出制度をスタートさせていますが、企業では“両立支援”の取り組みをどのよう...
  • 私傷病欠勤・休職制度の最新実態──欠勤・休職期間は勤続10年で約2年
    業務上の傷病とは異なり、私傷病については法的な雇用保障はなく、健康保険法による傷病手当金の給付が規定されているだけです。とはいえ、社員が万が一私傷病で長期にわたる休みを余儀なくされても安心して療養できるよう、就業規則等において雇用や生活の保障を整備しておくことは重要です。本記事では、労務行政研究所が...

あわせて読みたいキーワード

変形労働時間制
変形労働時間制とは、時期や季節によって仕事量の差が著しい場合、従業員の労働時間を弾力的に設定できる制度。一定の期間について、週当たりの平均労働時間が労働基準法に基づく40時間以内であれば、特定の日・週で法定労働時間を超えても(1日10時間、1週52時間を上限とする)、使用者は残業代を支払わずに労働...
残業
働き方改革が進み、日本の労働環境は大きく変わろうとしています。2019年4月からスタートした「時間外労働の上限規制」に対応するため、各企業は残業に代表される長時間労働の問題を早急に解決しなければならない状況に置かれています。ここでは、残業の概要や36協定、時間外労働の上限規制のあらましと対策まで詳し...
就業規則
賃金、労働時間、休日・休暇などの労働条件や、服務に関する事項など、労働者が守るべき規律について、定めた規則の総称をいいます。

定番のQ&Aをチェック

規程と規則の違いについて
現在、規程類の見直しをおこなっているのですが、 規程類の中で就業規則だけが「規則」となっております。 なぜ就業「規程」と言わないのでしょうか。 定義に違いがあるのでしょうか。 会社ごとに決めることなのでしょうが、 多くの会社が就業「規則」としていると思います。 なにか意味があるのでしょうか。 ...
会社都合の退職と退職勧奨による退職について
いつも参考にさせております。 この度、従業員の勤務成績・態度に改善が見られない場合、退職勧奨を進めることは出来ないかという検討以来が経営層から出ました。 今まで、このような対応をしたことがなく、色々と調べておりますが、ストレートに公的機関に聞くのもどうかと思い、なかなか思うように進みません。 ...
会社の緊急連絡網の作成について
総務では現在、従業員の連絡先(自宅、又は自宅+携帯電話)を把握している状態です。 他は、各従業員の意思により個人、又は上長に連絡先を教えあっている状態で、 会社としての連絡網は作成していません。 新任の部門中の発案で、会社としての緊急連絡網を作成して配布するよう指示がきたのですが、 総務で把握して...
健康経営を戦略的に推進するステップとは?取り組み事例と外部サービスの選び方

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック 働くパパママ育休取得応援奨励金
相談する

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:09/01~09/14
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


健康経営の実践に必要なステップ、外部サービスを選ぶ際のポイント

健康経営を戦略的に推進するための必要なステップや取り組み事例、外部サービスを選ぶ際のポイントをご紹介します。



「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...