企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

人事のQ&A

相談数12859件   回答数26823

給与体系と人事考課

小さな会社ではありますが、昨年より人事考課制度を導入しました。
個々の能力を上げるツールとして活用していくとともに、今後給与に反映をさせていきたいと考えています。
営業会社という性質上、今の給与体系で営業職については給与は契約実績によるインセンティブが手当として付与され、賞与は累積される売り上げに対してある程度の割合で支給するため非常に大きなものになります。他部署同様水準の固定給が給与では支給されています。
全部署に共通するもの(あまりに従業員数が少ないので部署ごとに作成するのはどうかということ、では今まで通りワンマン評価がいいのかということをやめたい)を作成したいのですが、アドバイスいただけたらと思い投稿しました。

  • つるっぺさん
  • 東京都
  • その他業種
  • 回答数:2件
  • カテゴリ:賃金
  • 投稿日:2018/03/13 16:27
  • ID:QA-0075444

この相談に関連するQ&A

専門家・人事会員からの回答
2件中 1~2件を表示
並び順:投稿日時順評価順
  • 1

専門家より
  • 投稿日:2018/03/13 23:15
  • ID:QA-0075458

オフィス代表

お答えいたします

ご利用頂き有難うございます。

ご相談の件ですが、非常に漠然としたお尋ね内容ですし、業務事情等によっても適切なやり方は様々といえます。従いまして、ご文面の情報のみでこの場で的確なアドバイスを行う事は困難といえます。

そこで、まずは市販されている人事考課及び賃金制度の書籍等を参考にしながら、制度概要の枠組みをご自身のイメージで作成されることが先決といえるでしょう。その上で、上手くいかない部分があれば、その部分について十分に検討の上手直ししていくといった事で対応されるべきと考えます。

  • 投稿日:2018/03/14 17:44
  • 相談者の評価:参考になった

ありがとうございます。
今まさに書籍で参考にしているところです。

この回答は参考になった
参考になった:0名
専門家より
  • 投稿日:2018/03/14 10:58
  • ID:QA-0075464

人事・経営コンサルタント

一般論

大きな人事課題であり、掲示板での情報提供でカバーできるものではないと思いますが、一般的な人事考課での留意点として書きたいと思います。

営業などプロフィットセンター組織であれば売上・利益などの目標値を立てやすいものの、バックオフィス系はそれが通常できません。そこで多くの会社は全社の売上や利益目標達成を指標とすることが多いといえます。
少人数とのことですから、あまり細かな作業工程などを指標としてしまうと管理そのものに大きなエネルギーがかかり、得るものが無い可能性があります。一般論の管理指標より、経営状況や業務内容に即した評価は自社のことなので、一番わかるのは自社内と思います。

  • 投稿日:2018/03/14 17:48
  • 相談者の評価:大変参考になった

「少人数とのことですから、あまり細かな作業工程などを指標としてしまうと管理そのものに大きなエネルギーがかかり、得るものが無い可能性があります。」まさにという状況です。営業職はずばり売上の○%を賞与で支給されていますから、固定給の評価を他部署と同じにはできないというところですが、もう少しもんでみたいと思います。
ありがとうございました。

この回答は参考になった
参考になった:0名
回答に記載されている情報は、念のため、各専門機関などでご確認の上、実践してください。
回答通りに実践して損害などを受けた場合も、『日本の人事部』事務局では一切の責任を負いません。
ご自身の責任により判断し、情報をご利用いただけますようお願いいたします。

問題が解決していない方はこちら
キーワードで相談を探す
この相談に関連するQ&Aを見る
賞与における給与の調整
 弊社では、4月~9月、10月~3月の期間を対象に年2回人事考課を行い、 その結果を給与に反映しております。 10月~3月分までの考課結果は当然4月分給与から反映されるはず、 なのですが考課に時間がかかる為、7月分給与から考課を反映した給与を 支給し、4~6月分については7月分給与前に支給される夏季...
給与制度変更時の移行措置の計算について
給与制度の変更に伴い、給与が下がる際に、移行措置(激変緩和措置)をとる場合がありますが、その計算方法は次の事例の内容でよいのでしょうか。ご教示願います。 (例)給与制度変更前給与 34万円→給与制度変更後給与 30万円(4万円ダウン)→変更1年後給与 29万円(評価が下がり1万円ダウン) 2年の移...
給与の支払について(大至急)
賃金支払の5原則の1つに毎月払いの原則がありますが、 給与支給日が20日、給与締切日が月末の場合、1日~月末までの給与を翌月の20日に支払う場合。(例えば11/1入社の社員に12/20に支払う)
新たに相談する
相談する(無料)
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

この相談に関連する記事

  • 「給与計算」とは
    企業と従業員は、労働に対して給与を支払うという労働契約で結ばれています。遅配や支給ミスなどがあれば、従業員の信頼は大きく損なわれてしまうでしょう。ここでは労働契約の根幹を支える業務である給与計算の仕組みを正しく解説し、効果的な給与計算システムの導入やアウトソーシングを活用するための情報を提供します。...
  • 「給与計算代行」の利用メリット
    企業を取り巻く環境が変化のスピードを増している現代。企業にとって、欠かせないサービスとなりつつあるのが「人事給与業務の戦略的アウトソーシング」=「給与計算代行」だ。
  • 報酬制度の実際
    大きく「月例給与」「賞与」「退職金」の三つに分類される報酬制度。人材の流動化とともに進む変化とは?

定番のQ&Aをチェック

26業務と自由化業務(一般派遣)の違いについて
いまいち26業務と自由化業務の区別がピンときませんので教えて頂きたく存じます。 両者とも派遣期間が3年ということは分かっているのですが、3年を超えた場合は26業務も自由化業務も両方とも派遣労働者へ「雇用契約の申込みをする義務」が発生するのでしょうか? また、自由化業務は絶対に正式雇用にしなければ...
通勤交通費の支給に関する規定、ルール
お世話になっております。 現在通勤交通費は、社内申請書の自己申告記載のみで支払っております。(6ヵ月毎)。 規程には「交通費の実費を支給する」とあるのみで、遠回りの経路を 申請している社員にも申請書に記載している遠回りの経路の金額を 支払っているのが現状です。口頭注意しても是正されず。 通勤交通...
産休・育休取得者の翌年の有給休暇付与について
いつも的確な回答を頂き有難うございます。 産休・育休取得後、翌年の有給休暇付与についてお伺いさせていただきます。 これまで私の認識では、 ・育児休業だけでなく産前産後休暇を取得した期間についても出勤したものとみなす ・そのため産休・育休を取得しても翌年の有給休暇付与には影響しない、と考えておりまし...
管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

Indeedオンラインセミナー 就活図書館
相談する
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

専門家回答ランキング

集計期間:06/01~06/24
服部 康一 服部 康一
オフィス代表
得意分野:モチベーション・組織活性化、法改正対策・助成金、労務・賃金、...
増沢 隆太 増沢 隆太
人事・経営コンサルタント
得意分野:モチベーション・組織活性化、安全衛生・メンタルヘルス、人材採...
小高 東 小高 東
東 社会保険労務士事務所 代表(特定社会保険労務士) 
得意分野:経営戦略・経営管理、モチベーション・組織活性化、法改正対策・...

注目コンテンツ


管理職としての必須知識を獲得するサービス特集

本特集では、『日本の人事部』が注目する、管理職育成のための多彩なプログラムをご紹介。体験セミナーへの参加申込み、資料のダウンロードも可能ですので、 ぜひご利用ください。



2020年度の新卒採用を見据える。注目の採用支援ソリューション特集

日本の人事部では、激戦の新卒市場をリードするための最新のサービスやソリューションをご紹介。御社にぴったりのパートナーを見つけてください。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま考えるべき人事の「未来像」 <br />
~新しい時代における人事の存在意義とは~

いま考えるべき人事の「未来像」
~新しい時代における人事の存在意義とは~

グローバリゼーションやテクノロジーの急激な進化により、いま世界は大きく...


1日30分、週3日、3ヵ月。<br />
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?
new

1日30分、週3日、3ヵ月。
それだけでTOEIC®テストスコア500点突破を目指せるプログラムとは?

グローバル化が進む現在、多くの企業が社員の英語力向上を課題としています...